どんなに食べても満腹感がない原因を解説!病気やストレスが原因かも!

さっき食べたばっかりなのにお腹が減ってたまらない

食べても食べても全然お腹がいっぱいにならない

食欲を止めたいけれど、我慢しようとすればするほど食べたい願望が湧いてきてしまう

%ef%bc%91

「どうしてかな?でもきっと今だけで、そのうち何とかなるだろう」と原因を突き止めずにやり過ごしてしまうのはのは危険です。

何故なら、「過剰な食欲」の陰には病気が隠れている可能性があるからです。

気が付いたときには取り返しのつかないことになっていた!

なんてことになる前に、その原因を知ってお来ましょう。

スポンサーリンク

食べても満腹感がない原因とは?

①血糖値の上昇

人間は食事をすると炭水化物がブドウ糖として腸から吸収され血糖値が上がります。

その上がった血糖値をコントロールするためにインスリンが分泌されます。

しかし色々な要因で、血糖値が高くなる状態が続くと血糖値をコントロールするインスリンの分泌が麻痺し、脳が満腹感を感じにくくなり食べても満腹感を感じにくくなってしまいます

②精神的なストレス

%ef%bc%92

ストレスと満腹感が感じられない原因と関係があるの?と思う方もいるかも知れませんが、実は人はストレスを感じると空腹時に分泌されるドーパミンと言うホルモンが分泌されてしまうのです。

そしてドーパミンの働きにより脳が錯覚を起こし、空腹でないのに空腹感を感じるようになり、いつまでも満腹感が感じられずに食べたい気持ちが抑えられなくなってしまうのです。

③炭水化物の摂り過ぎ

空腹時に炭水化物を摂り過ぎると、血糖値をコントロールするインスリンホルモンの分泌が麻痺を起こしてしまいます。

すると、①の血糖値の上昇でもお話したのと同じ現象が起こり、脳が満腹感を感じにくくなってしまうのです。

最近は各地にコンビニエンスストアが点在し、いつでも簡単に食事を購入ことが出来ます。

お腹がすいた時にすぐに空腹を満たそうと、おにぎりや麺類などを手軽に摂る機会が多いと思います。

私達は気づかぬうちに、炭水化物を沢山摂っているのです。

 

考えれれる病気とは?

①糖尿病

一番先に頭に思い浮かぶのが糖尿病です。

食べても食べても満足感が得られず食べ続けてしまう事で、糖尿病になってしまう可能性が非常に高まります。

米や麺類などの炭水化物が大好きな人は勿論の事、糖分の多いチョコレートやキャンディー、スウィーツなどが好物な方は要注意です。

また、ダイエットを頑張っている人も注意が必要です。

ゼロカロリーの飲食物に含まれているアステルパームやスクラロースと言った人工甘味料の物質が「インスリン」や満腹になった事を脳に知らせるためのホルモン「レプチン」の分泌に影響を及ぼし、血糖値が上昇し満腹感を得られなくなってしまうのです。

糖尿病にかかってしまうと厳しい食事制限を余儀なくされ、辛い思いをしなければならなくなりますので、食事の摂り方には充分気を付けたいものです。

②摂食障害(過食症・拒食症)

摂食障害」は精神的な疾患です。

近年はストレス社会と言われていて、全ての事がスピーディーに展開して行きます。

その為、ストレスを感じる機会が増え「食べても満足感がない原因とは?の②の精神的なストレス」でお話した状態が起り摂食障害を引き起こしてしまうのです。

摂食障害にかかり過食症になってしまうと食欲が止まらなくなり、結果、糖尿病になってしまう事も有ります。

他にも、食べすぎた事を後悔し、自分で指を使うなどして嘔吐を繰り返すうちに胃酸の影響により歯が溶けてしまうと言う事も有ります。

ただのストレスだからと軽く考えずに、おかしいな?と思ったら早めに精神科を訪ね、医師の診察を受ける事をお勧めします。

③炭水化物依存症

炭水化物依存症は、この言葉通りに、ご飯やパン、麺類などの炭水化物に依存する状態で、炭水化物を沢山摂取する事でしか満腹感を感じられなくなってしまう症状です。

この様な状態になってしまった人は、大量の肉類や野菜を食べても満足感は得られないのです。

炭水化物に依存して多くの量の炭水化物を摂取するわけですから、インスリンの分泌に影響が出て過食症になり糖尿病へと進んでいく可能性も高いのです。

また、この他にも疲労感や精神的な不調を感じてしまう等の症状が見られます。

スポンサーリンク

どんなに食べても満腹感がない場合の対処法!

①ゆっくり食べる

食事は糖分の低いものを選び、野菜から食べ炭水化物の量を少しずつ減らしていくように努力しましょう。

ゆっくりとよく噛んで時間をかけて食べる事を心がけると満腹感を感じやすくなります。

糖分の少ない食品が解らない時はダイエットに関するサイトなどに見やすい表で掲載されているのでチェックしてみると良いでしょう。

②アロマセラピー

自然の力を借りたアロマセラピーがお勧めです。(エッセンシャルオイル・ハーブ等)

エッセンシャルオイルはアロマランプを使ったり、バスタイムに利用したり、またはキャリアオイルに入れてマッサージをしたりする事でストレスでガチガチに凝り固まった心も体もリラックスできストレスを解消することが出来ます。

人工的に作られた香りとは違い、優しく受け入れ安いものが多いのが特徴です。

エッセンシャルオイルやハーブには色々な種類が有り、効果も香りもざまざまですので、店員さんに相談して自分に合ったオイル、ハーブを探してみてはいかがでしょうか。

因みにグレープフルーツは食欲抑制効果があると言われています。

③運動をする

運動をすると気分や集中力を左右すると考えられている物質「セロトニン」が脳内に放出されます。

すると、心が落ち着き爽やかな気分になり、同時に幸福感も感じられます

このセロトニンが十分に分泌されればストレスに強い体になり、満腹感が感じられない原因を防ぐことが出来るのです。

特に、ジョギングやウォーキングのような有酸素運動はセロトニンの分泌を促すのでお勧めです。

家でゴロゴロして何もしないでいると、ついつい食べ物に目が行ってしまいがちですので、外に出て家の中とは違う景色を見ながら運動をしてみてはいかがでしょうか。

最近ではスポーツクラブも低価格で会員登録が出来ますし、同じ目的を持った人達とも繋がりを持てるなどプラスの事もたくさんあるので、一度覗いてみるのも良いですね。

 
最後に
いかがでしたか?

「どんなに食べても満腹感が得られない事」を軽く見ているとこのような病気を発症する恐れがあると言う事です。

食事には充分に注意をし、毎日の軽い運動を心がけ、たまには自分にご褒美をあげてリラックスする事を忘れずにいつまでも健康な心と体を保って行きたいものですね。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ