高齢者のヒートショックへの対策と予防法について解説!

テレビで最近、頓に聞くようになったヒートショック

皆さんも、一度は耳にされた事がおありでしょう。

でも、その症状や原因をはっきり言える方は、多くはいらっしゃらないのではないでしょうか。

しかし、年間に約14000~17000人と言われ、何と、交通事故の死者よりも多いのです。

これは、詳しく知る必があるでしょう。

早速、その秘密を紐解きましょう!

スポンサーリンク

ヒートショックとは?症状は?

%ef%bc%91

ヒートショックとは、簡単に言うと【急激な温度変化で、身体がダメージを受ける事】を言います。

具体的な例を挙げると、

①居間→冬場の風呂場の脱衣所(血管収縮→血圧急上昇)
②脱衣(血管収縮→血圧急上昇)
③入浴(血管収縮→血圧急降下)

このパターンが分かりやすい例です。

血圧の急な上下は、心臓に過重な負担を掛け、心筋梗塞や脳卒中につながります。

そして、そのヒートショックが引き金になり、失神したり、心筋梗塞になったりして、そのまま浴槽で溺死してしまうのです。

では、その症状とは、どのようなものなのでしょうか。

これも簡単な例を挙げます。

冬場の事ですが、暖房の効いた部屋から、暖房の効いていない寒い部屋に行くと、身体がぶるぶる震えると思います。

これが【ヒートショック】の症状です。

それ以外になると、脈拍の変化や血圧の変動

それが酷くなると、心筋梗塞、脳血管障害等が出現してきます。

 

高齢者がヒートショックを起こしてしまう状況や場所

では、どう言う人がこの症状を起こしやすいのでしょうか?

実は、はっきりパターンが分かっています。

●65歳以上である事
●高血圧、糖尿病、動脈硬化の持病持ち
●肥満気味
●睡眠時無呼吸症候群等の呼吸器系の持病持ち
●不整脈持ち
●熱い風呂が好きな人


この様なパターンの人がなりやすい、と言われています。

このような人が、次のようなシチュエーションに遭遇した場合、起こりやすいと言われています。

%ef%bc%92

あくまでも、上のような状況に当てはまる方が、寒い冬場に、一番風呂でかなり熱めの風呂に、入ろうとしている状況を、思い浮かべてみてください。

その方は、さらに夕食後で、お酒を飲んでいます。

暖かい暖房の効いた部屋から、トイレに行きました。

トイレは寒かったので、暖房の効いた部屋に戻り、ストーブで温まってから、そそくさと風呂に行きました。

そして、寒い脱衣所で体の芯まで冷えた状態になり、いつものように、熱い風呂にさっと入りました。

急激な温度変化が起こる、可能性のある場所を考えてもらうと、分かると思います。

スポンサーリンク

高齢者のヒートショックへの対策と予防法!

高齢になると、体のあちこちが老化し、どの器官も弱くなっています。

特に、血管は鍛えようがありませんので、目に見えず、その機能低下が分かりにくい器官です。

まさにこのことが、高齢者のヒートショックによる事故を増やしているのです。

どのようにすれば、高齢者のこのような事故を減らせるのでしょうか?

それは、いたって簡単です。

ヒートショック状態に、陥りやすいシチュエーションがあったと思います。

あの状態を無くせばいいのです。

つまり、冬場のトイレや脱衣所を、温めておくのです。

ヒーター電気のウオーマーでも良いですし、温風器でも良いでしょう。

%ef%bc%93

風呂場の脱衣所は、風呂場の戸を入る少し前に、開けておくのも良いでしょう。

そのほか、食事の後は飲酒していなくても、注意が必要です。

食事後は、誰でも血圧が上がっていますので、用心するにこした事はありません。

飲酒しているなら、尚の事です。

最低でも酔いが覚めるまで待ってから、少しぬるめの風呂に、長く入るようにしましょう。

なお、水をコップ一杯でも飲んでおくと、血液がドロドロの状態を作りにくくします。

また、冬場はいやでも体は冷えています。

いきなりお湯を体にかけるのではなく、手足からかけましょう。

つまり、心臓から遠い所に、順次かけていくようにしましょう。

また、浴槽から出る時に、急に立ち上がらない事です。

立ちくらみやめまいで、倒れたりする事もあります。

高齢者は、一番風呂に入らない事です。

 
最後に
風呂に関する習慣は、なかなか変えにくいと言われます。

実際に、よく聞きますが「うちのおじいちゃんは、一番風呂の、それも熱いのが好きで、どうしてもそれじゃないと嫌だって言う」と言う話があります。

男尊女卑の時代の悪しき習慣が残っていて、男が一番風呂、と言う観念の高齢者が多いと思います。

実際に、現在80歳以上の方は、そう言う実態を経験していらっしゃって、小さい頃にはそのような教育を受けておられたはずです。

そう言う方は、なかなか難しいと思います。

実は、そう言う方こそ心配です。

しかし、高齢者になると、なかなか頑固でもあります。

その時は、こまめな声かけで対応すれば良いと思います。

うるさがられた時に初めて、心配だからと言う気持ちを伝えれば、きっと分かってくださる事でしょう。

お孫さんと同居なら、お孫さんにその役をお願いすると、効果はてきめんかも知れません!

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ