お通夜・告別式・葬式後の清め塩の振りかけるやり方!忘れた時は?!

お通夜やお葬式のあと、会葬礼状とともにお塩が渡されるのを知っていますか。

これは家に帰ったときに玄関先で使うお清めの塩になります

%ef%bc%91

しかし、この塩の存在を知っていたとしても正しい使い方や、清めの塩の意味をご存じない方が多いかもしれません。

そこでお清めの塩の意味、正しいやり方をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

お通夜・告別式・葬式後の清め塩の意味

お清めの塩はもともと神道の儀式からきています。

塩は穢れを祓い清めるものとされているのです。

神道で死は穢れとされており、この穢れを祓うために塩を用いるとされていました。

お葬式やお通夜等に行くと、この穢れをもらってくると考えられているため、帰ってきたときに家の中に持ち込まないようにする(他の人に伝染させないようにする)ために塩を使うのです。

しかし注意しなければいけないのは、ここで祓うのは故人の霊ではなく、人の死に便乗してついてくる邪気のことです。

決して故人を冒涜しているわけではないことを覚えておきましょう。

 

清め塩の振りかけるやり方・正しい使い方!

それでは実際にお清めの塩の正しい使い方はどうするのでしょう。

少し手順がありますので、確認してみましょう。

1.お通夜や告別式から戻ってきたらすぐ、玄関を跨ぐ前にやります。

玄関内でしてしまうと穢れを呼び込んでしまうからです。

家に不浄を招かないためにも、必ず玄関の外で行いましょう

2.ご自身もしくはご家族がいるのであればご家族に、お清めの塩を胸、背中、足元の順にかけてもらいます。

よく足元だけにかけて終わらせてしまう人がいますが、それは間違いですので気をつけましょう。

3.また、地域によってはお清めの塩を玄関先にまいて、それを踏むことで身を清めるやり方もあるようです。

%ef%bc%92

 

清め塩を振りかけるのを忘れた時の対処法!

「うっかりお清めの塩をかけるのを忘れてしまった!」ということはよくあることだと思います。

そのときはどのようにすればいいのでしょうか。

きちんとお清めの塩の風習を守る人は玄関先に戻り、塩を上述した通りに振りかけてまた家の中に入ってくるようです。

すでに普段着に着替えている場合でも、もう一度喪服に着替えてお清めをするのが正しいやり方です。

それでは、「お清めの塩はいつやってもいいのだろうか、効果がいつまで続くだろうか」と疑問に思ってしまいますよね。

スポンサーリンク

実はお清めをするかどうかは自信の気持ちや信条によるんです。

先にも述べましたが、お清めの塩は神道の儀式ですので、仏教では死は不浄のものとされていません

死=成仏、つまり仏に成ると考えられているため清める必要がないと考えられています。

ですので、仏教での(特に浄土真宗の)お通夜やお葬式では会葬礼状とともにお清めの塩を渡されないことがあります。

実は実際にお清めをするかどうかは、ご自身の気持ちや信条によることなのです。

お清めの塩をすることは昔からの風習ですので、義務のように感じてしまいがちですがそれは誤りだったのです。

お葬式後、塩が渡されないからといって不安に思う必要はありません

また、お清めの塩を忘れてしまったからといってそれほど気にしなくても大丈夫ですし、もらってもお清めをしないのであれば処分してしまっても構いません

逆に、お清めの塩を渡されなくてもお清めをしたい場合もあるでしょう。

そのときはご家庭の塩で代用してすればいいのです。

このように臨機応変に、そしてご自身の気持ちや信条に従ってお清めの塩をするかどうか決めましょう

ただし、処分する場合、お清めの塩は食用ではありませんのでもったいないからといって口にするのはやめましょう。

 

近年のお清め塩事情!

最近ではお清めの塩で身を清める風習については様々な意見があり、やはりお清めの塩をするかどうかは人によるようです。

「両親がしているからする」
「周りがしているならしよう」
「やっぱり死は怖いので塩で清めたい」
「死者を穢れとしているように感じしたくない」
「なんでもかんでも塩を使って清めることに抵抗がある」


など、人によって考え方が違うのです。

やはり、時代の流れはもちろんのこと、その時の宗派、信条、慣習、地域のしきたり等でお清めをするかどうかは変わってくるでしょう。

最終的にはご自身の判断で決めるようにしましょう。

また、地域によって、お清めは塩だけではないようです。

お酒を飲んだり、お米、大豆、味噌、魚などを食べてお清めをするところがあるそうです。

さらに、お通夜やお葬式の後の食事も地域によっては「お清め」と言われることがあるそうです。

食べることによって活力を取り戻すことからお清めに通じるものと考えられているのです。

その場合はその地域にならってお清めをすることが望ましいでしょう。

 
最後に
いかがでしたか。

今回はお清めの塩の意味や正しい使い方、忘れてしまった時の対処法をお話ししました。

近年ではお清めの塩の風習をなくすようにしているところもあります

ですので、お塩がないからといって文句を言ったり、不安に思ったりしないで、ご自分の信条や気持ちに従いましょう。

とはいえ、まだまだお通夜やお葬式の後は身を清める、という方が多いのも事実です。

その際は、上述した正しいやり方を忘れずに、また忘れてしまっても慌てずに身を清めましょう。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ