メガネのレンズについた傷は直せるのか?メガネ屋さんで修復可能か?費用はいくら?

私は、普段メガネを愛用しています。
メガネのレンズを拭いていると、「あれ!傷が・・・」「いつの間に??」なんてことがよくあります。

 

傷がひどくなると、レンズが曇ってきて見えづらくなってきます。

拭いても拭いても、何だかスッキリしません。
メガネの拭き方によっても、メガネのレンズに傷が付きます。

 

そこで、メガネのレンズに傷が入った場合、直せるのか?修復可能か?費用はどのくらい必要か?を探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

自分でメガネの傷を直すことはできるのか?


まず、メガネのレンズの傷の原因は・・・

・メガネを外した時に、レンズを下向きに置いてしまう

・専用のメガネケースではなく、カバンの中に直接いれてしまい、他の素材とレンズが擦れて傷がつく

・レンズを拭くとき空気中にある埃やチリ、汚れがメガネ拭きに巻き込まれてレンズに傷をつける

 

レンズを拭くときに、傷がつくって・・・メガネのレンズってすごくデリケートなんですね。
空気中の埃には研磨剤のような細かい砂や金属片が含まれているそうで、メガネを乾いた布で拭くと傷がつく原因になるそうです。

 

そんなデリケートなメガネのレンズのお手入れの仕方は、

1.水道水で表面の汚れを落とします。(お湯ではなく水で!!
2.ティッシュペーパーで軽くレンズを押さえるようにして水分を拭きとります。
3.レンズの外側を持ちながらきれいな布でレンズを優しく拭きます。 

拭き方のポイントとしては、サンドイッチをつまむくらい優しい力で拭きます。

また、メガネの汚れがひどいときは必ず中性洗剤で洗って下さい。
台所にある食器洗いの洗剤で良いです。
石鹸やボディソープやハンドソープは使うとコーティングが剥げる原因になります。

 

メガネのレンズの洗い方は、

1.洗面器などに中性洗剤を1~2滴入れてかき混ぜます。

2.メガネのツルの部分を持ち、水の中で小さくメガネを振る様に振り洗いします。
こうすると細かな部分の汚れを落とす事ができます。

 

直接洗剤を付けて洗う場合は、

1.直接、レンズに少量の洗剤を付けてます。外側内側どちらでも構いません。
やさしく指でレンズをなで洗いします。少し水を付けて、指で優しくこすりながら10秒ほど洗っていきます。
この際、泡は立たなくても大丈夫です。

2.次に水で流します。このとき、指でなでながら洗剤をしっかり流します。
洗剤を流そうと力をいれすぎるのは良くないので注意してください。

3.洗剤がよく切れたら、軽く水気をきって、柔らかいタオルまたはティッシュでメガネを拭きます。
この時は、ティッシュペーパーで軽くレンズを押さえるようにして下さい。
メガネの蝶番(ヒンジ)などの金属部分に水分が残っていると、メガネが錆びてしまい長持ちしなくなるので、
しっかりと水分を拭きとってください。

また、メガネだけでなくメガネ拭きは定期的に洗剤で洗濯してください。

 

メガネレンズの手入れはこちらのサイトを参考にしてください
↓ ↓ ↓ ↓
https://www.vc.hoya.co.jp/care/care.html

 

傷の原因がわかったところで、小さな傷程度であれば、自分で直せるかも!
と考える人がいるかもしれませんが、

メガネについたレンズの-傷を自分で直すことは・・・・出来ません(>_<)

小さなレンズの傷程度なら研磨したらよいのではと考えそうですが、
レンズの傷を削ると傷と一緒にレンズも削られます。

レンズが削られるということは、変形していることを指します。
レンズの変形は、目への負担を増やすことになります。

どうしても、傷が気になる場合はメガネ屋に相談することをオススメします。

 

メガネレンズに研磨剤を使っても大丈夫なの?

研磨剤というと・・・
1.アクセサリー用のクロス(指輪など)
2.研磨剤入りの歯磨き粉
3.金属研磨剤
などが、あげられるかと思います。

このような、研磨剤でメガネレンズを磨くと表面の傷がなくなる、もしくは薄くなって目立たなくなることでしょう。

しかし、結果としては
・レンズの形が変わるので見え方が変わる
・レンズのコーティングがはがれてしまう
・レンズの度数が変わってしまう
となり、今まで以上に目への負担が大きくなってしまいます。

 

先ほどレンズの変形のことをお話ししましたが、
レンズの傷だけでなくコーティングが剥がれることもメガネが見えにくく感じる原因です。

メガネレンズは幾重にもコーティングが施されてます。
その役割は、反射やくもり、汚れを防止したり、撥水・撥油機能やUVカット効果など様々。

近頃のメガネレンズは、軽くて割れにくいという理由からプラスティックレンズがほとんどです。
軽くて割れにくいというメリットの半面、傷つきやすいというデメリットがあります。
このデメリットをカバーするためにもコーティングは必要不可欠です。

 

コーティングは熱に弱く、クラック(ひび割れ)は60℃以上の高温で、紫外線やドライヤーやサウナなどの熱によって引き起こされます。
メガネを掛けたままお風呂に入ったり、お風呂でメガネを洗うのもコーティングの剥がれにつながります。
お湯でレンズを洗ってはいけない理由はこれなんです!

 

だけど、お風呂の時(温泉など)にメガネを外すと見えないし危ないですよね。

そういう方は、お風呂専用のメガネを別に持つのも1つですね。
それでも、コーティングは剥がれるのでどうしても気になる方はガラスのメガネがおすすめです。
少し重いですが、傷が付きにくくコーティングが剥がれるということもありません。

最初は、汚れ程度にしか見えなくとも、レンズを拭くたびにクラックやキズからコート剥がれが進み、それによって目への負担がい大きくなってしまいます。

メガネのレンズの寿命は1年半~2年程度と言われています。
熱にさらされたり傷の原因は、私たちの身近に意外なほどたくさんあります。

レンズのコーティング剥がれやキズを修理することは出来ません。
メガネレンズの傷を、自分で研磨することはやめておいてください!

スポンサーリンク

メガネ屋さんでの修復は可能か?費用はいくらか?

自分で修理できないのであれば、眼鏡屋さんにもっていけば修理できるのか?

答えは・・眼鏡屋さんに持っていっても修理はできません!!!

レンズの修理は出来ませんが新しいレンズへの交換はできます。
価格は、レンズの度数や種類、カラーやコーティングの種類などで変わってきますが、一般的には5000円〜
20000円前後です。
またメーカーによっては、数ヶ月〜1年程度の保証期間があります。保証期間内であれば、無償交換や割引価格での交換も対応してくれるので、お店に一度相談してみましょう。

レンズだけの交換もしてくれますが、お店に行くとフレームとレンズがセットになって売られてますので場合によっては新しく新調することも1つですね。
使っている度数で問題なければ、検眼はせずにそのデータだけあれば新しく作ることができます。

 

メガネに傷がついてしまった場合の対処法のまとめ!

メガネのレンズの寿命、1年半~2年程度の寿命と言われています。
つまりメガネレンズは消耗品なのです。

傷やコーティング剥がれは自分では直すことはできません。
決して、研磨剤などで磨かないでください。

お店に持っていっても修理はできません。

傷が気になる場合は買ったお店で相談してください。
保証期間内であれば無償もしくは、割引価格でメガネレンズの交換も可能です。

 

★メガネレンズの取り扱い方法のポイント★

1.メガネのレンズを洗う時は、水で洗ってからティッシュで押さえて水分を取りきれいな布で優しく拭いて下さい。
乾拭きは傷の原因になります。

2.メガネ拭きも定期的に洗うようして下さい。
他の洗濯物とは分けて手洗いするようにして下さい。

3.汚れがひどいときは中性洗剤で洗って下さい。
石鹸やボディソープ、ハンドソープは使ってはいけません。

4.60℃以上の熱や、急激な温度変化は避けて下さい。
夏の車の中での保管や、ドライヤー、サウナ、お風呂にかけて入る、お風呂のお湯で洗うなどは避けて下さい。

大切なメガネです。正しいお手入れをして長持ちさせましょう。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★ マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ