ポピーの花が一面いっぱいに咲く埼玉の鴻巣と秩父の≪ポピーまつり≫

fhoafaポピーの花が一面いっぱい咲く≪ポピーまつり≫が埼玉の鴻巣と秩父で開催されます♪

私何度も言っておりますが、花が大好きでして♪
それも一輪の花よりも、一面に咲くいっぱいの花が好きです。

この記事をご覧いただているということは、ポピーが好きで、一面いっぱいに咲くポピーが見たい!と思っていらっしゃるんだと思います♪

気持ちいいですもんね、そしてとっても癒されますものね♪

今回は、≪ポピー≫の花が一面いっぱいに咲く≪ポピーまつり≫について記事にしました。
ぜひ春のお出かけの参考にしてください。

スポンサーリンク

◆秩父の≪ポピーまつり≫情報

≪天空のポピー≫

初夏の時期、標高500メートルの高原に青空をバックに咲く圧巻の1000万本のシャーレーポピー♪

面積3.8haの広大な土地に1,000万本超の真っ赤なポピーが咲いています。

開花時期は5月中旬~6月上旬です。
年によって開花時期は異なる為、必ずリアルタイムで開花情報をチェックしましょう♪

行ってから、まだあんまり咲いて無かった~~(涙)なんて悲しいでしょ。。

天空のポピー観光協力金 一人200円

ポピーの色:主に赤、他にもピンク・ホワイトもあり
 

◆アクセス

★会場行きの無料シャトルバス(電車で行かれる皆さま)
ポピー祭り開催日(指定日には)秩父鉄道皆野駅前から直通シャトルバス(25分)と巡回シャトルバス(35分)を運行します。★タクシー
皆野駅前から20分程度
料金は2,800円程度(帰りに呼び出しの際は3,300円程度)★路線バス(西武)
ポピーまつり非開催日については、西武バスを利用西武バスを利用した際は、≪三沢郵便局≫バス停よりポピー会場まで徒歩上り40分、下り30分程度かかります。これはマズイ!徒歩40分はキツイですね。
ポピーまつり開催日はシャトルバスにて。非開催日は自家用車もしくは、レンタカーが最適ですかね♪

カーナビ検索の場合
名称 「天空のポピー」「秩父高原牧場」「彩の国ふれあい牧場」
住所 「埼玉県秩父郡東秩父村大字坂本2949-1」
電話  0493-82-1500

★最寄り駅 皆野駅までのアクセス:電車利用
JR高崎線熊谷駅~秩父鉄道で皆野駅へ1時間程度
池袋駅~西武鉄道・秩父鉄道で皆野駅へ2時間程度
池袋駅~レッドアロー・秩父鉄道で皆野駅へ1時間45分程度
池袋駅~東武鉄道・秩父鉄道で皆野駅へ2時間程度
駐車場
ポピーが咲いている時期は臨時駐車場も開設されます。

スポンサーリンク

◆鴻巣の≪ポピーまつり≫情報

fjp@asdfsa

ポピー・ハッピースクエア

花の見ごろのには、市内外よりだくさんの人が来る花の有名スポットです。

川の幅が日本1番の荒川河川敷に分布しているポピー栽培では広さが日本で一番ポピー畑です。
赤・オレンジのポピーのじゅうたんが、一面に広大に咲き広がっています

さらには、こちらのポピー畑より見える富士山の景色は≪富士見百景≫としても選定された絶景であり、見に行く価値は大いにありますお♪

12.5ha程度の大地に3,000万本程度のポピーが咲いている。

 

◆アクセス

会場:ポピー・ハッピースクエア(鴻巣市馬室荒川河川敷)

JR高崎線の鴻巣駅西口より徒歩35分

JR高崎線「鴻巣駅」西口より フラワー号バス(馬室コース)で約5分 「給食センター前」下車して徒歩5分

 

★駐車場  有

 

◆ちなみに、ポピーとは?

とっても可愛らしい花です。
花びらも薄くて、茎が細く、強い花ではありません。
強風が吹いたら倒れそうな位の花です。

ポピーという花は春のシーズンの間に花を開花させる草花なのです。

紙みたいな花ビラで、あざやかなカラーで可愛い花を咲かせます。
種類のメインとしては、アイスランドポピー、ヒナゲシ、オリエンタル・ポピー(オニゲシ)の3タイプがあって、それぞれの花のサイズ、草丈なんかが違います。

もともとは多年草ではありますが、暑さに強くない為、一年草として捉えられています。オリエンタル・ポピーに限ってはそこそこ暑さに弱くはないので、多年草として捉えられています。

 

◆名前の由来

ポピーの属名(ケシ属:Papaver)というのは、ラテン語の「papa(粥)」という言葉が言葉の起源で、小さな子を

寝かせる為に、お粥の中に催眠効果のあるケシ属の乳汁を入れて飲ませたことから来るとのこと。

 

◆花言葉

赤いポピー →≪感謝≫≪慰め≫
白いポピー →≪忘却≫≪眠り≫

 
花言葉の由来
花言葉の「慰め」というのは、ギリシア言い伝えとして豊穣の神様デメテルという人がポピーの花を摘み自身のココロを慰めたという話が由来になっているということです。

さらに≪眠り≫≪感謝≫という花言葉については、≪眠り≫の神様ソムアヌがデメテルの苦悩を軽減することを願ってケシの花によってソムアヌを眠りにつかせたという言い伝えから来ていると言われています。

★原産地
ヨーロッパ

★色の種類
オレンジ・白・黄色・赤などなど

★開花シーズン
4~6月

★出回る時期
3~5月

★花が持つ期間
3日間くらい
 fhlafha

ぜひ広大な大地一面に広がる可愛らしい花≪ポピー≫を見に出かけてみてはいかがでしょうか♪
デートにもいいですし、子供を連れていくのもいいでしょう♪

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ