旧古河庭園で2015バラ祭り!見頃は?東京でバラに囲まれてみよう♪

ggwgwqカナダのバンクーバー島ビクトリアにある「ブッチャート・ガーデン」の中のローズガーデンを彷彿とさせるバラの庭園です。建物や庭の造りなどもよく似ており日本じゃないみたいです。バラに囲まれて癒やされたいのなら、一度は訪問してみるべきです。そんな首都圏屈指のバラ庭園旧古河庭園バラ祭りについて今回は調べてみました。

スポンサーリンク

旧古河庭園 バラ祭りとは?

旧古河庭園とは、東京都北区にある都営の庭園です。大正期に古河虎之助男爵の邸宅でした。その後国有財産となり、東京都が借り受け一般公開しています。案外知られていませんが、国の名勝にも指定されています。

その旧古河庭園で、春バラ開花期5月中旬から6月までと、秋バラ10月中旬から11月までに、毎年バラフェスティバルと銘打って開催されているのが「旧古河庭園バラ祭り」です。フェスティバル期間中は、普段のように事前予約が必要なく自由に観覧できます。

旧古河邸の建築物の構成や庭園の構成は、カナダのバンクーバー島にあるビクトリアの「ブッチャート・ガーデン」に酷似しています。設計者が同じではないですが、イングランド伝統の庭園様式と時代がそう感じさせるのでしょう。それほど、この旧古河庭園は完成度の高い世界でも屈指の庭園です。カナダやイギリスに行かなくても、本格的西洋の庭園を堪能することができます。

 

見頃は?

j;aegfqagqg勿論、春バラを観賞したいのなら5月中旬から6月です。フェスティバルは、5月10日から6月8日という感じで開催されます。年によって開催期間が微妙にずれるので問い合わせて(03-3910-0394)みてください。

秋バラを観賞したいのなら10月中旬から11月が見頃です。どちらの期間も、バラフェスティバルが開催されているので、普段のような事前予約は必要ありません。

ちなみに、普段は事前予約制が取られており、一日に入園できる人数が制限されています。基本的には事前予約が必要ですが、制限人数にまだ余裕があれば予約外でも入園することができます。ですが、制限人数は厳格に対応されているので、無駄足になるのが嫌なら必ず事前予約をして行くべきです。入園料が掛かります。

スポンサーリンク

見どころは?

gwgwgqqqqq春バラの「バラ祭り」期間前半では、日没後に春バラと洋館のライトアップが行われます。何故前半期だけなのかは、日照時間の関係のようです。後半期には、日没時間が遅くなるのでライトアップはされません。ですが、この洋館と春バラのライトアップは素敵で、思わずウットリしてしまう見どころです。

また春も秋もイベント期間中は、洋館前の芝庭で音楽会などのイベントが行われているのも、演出効果バツグンです。バイオリンやピアノの音色をバックグラウンド・ミュージックにバラを観賞するのは非常に趣があり感動します。

余談ですが、洋館内部も、1日3回ガイドツアーが行われています。所要時間は1時間程度で見学料は800円です。

 
最後に
旧古河庭園のバラ祭りは、知る人ぞ知る素敵なバラの観賞イベントです。バラを観賞するとともに、大正時代の貴族の生活を彷彿とさせる洋館や庭園に浸って、バラの香りに毒させてみるのも素敵かもしれませんよ。

是非一度大切な家族やパートナーと訪れてみてください。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ