大阪天満宮天神祭!花火が見える場所/穴場へのアクセス/最寄り駅は?

夏と言えばお祭り!!花火!!浴衣を来て夜店を回ってととても楽しいものです。
東京「神田祭」京都「祇園祭」と並び、日本3大祭りと言われているのが大阪「天神祭」です。
祭りのクライマックスには「船渡御」と呼ばれる行事があり、川に100隻近くの船が繰り出し、かがり火と奉納される花火で幻想的な景色を見ることができます。

1度は行ってみたい「天神祭」楽しむにはどうしたらいいでしょ?

スポンサーリンク

大阪天満宮天神祭の詳細!

hgswgw天神祭とは、天神さん(菅原道真)の命日にちなんで全国の天満宮で開催されるお祭りです。
中でも大阪天神祭は規模が大きく日本3大祭りに数えられています。

毎年7月24日。25日に行われ、色々な行事が行われます。

以下が主な行事のタイムスケジュールです。

24日「宵宮」
4:00  一番太鼓
7:45  宵宮祭
8:30  鉾流行列参進
8:50  鉾流(ほこながし)神事
11:00 行宮祭(あんぐうさい)
12:00 天神講獅子 獅子舞
16:00 催太鼓氏地巡行
16:30 どんどこ船宮入 鉾流神事奉還
18:00 水上薪能
18:40 催太鼓宮入
19:00 獅子舞宮入
18:00 タイ国イクラトン祭(24,25の両日)

25日「本宮」
13:30 本宮祭
14:30 神霊移御
15:30 陸渡御列出発
17:30 船渡御列出発
18:00 船渡御
19:00 船上祭
19:00 奉納花火(21:00まで)
20:30 催太鼓の宮入開始
22:30 還御祭(かんぎょうさい)

花火が見える場所・穴場ポイントは?

hpgwgw奉納花火は、造幣局・グラウンドの2カ所から打ち上げられます。
造幣局側でメインなのは「文字花火」です。グラウンド側では「打ち上げ花火」がメインとなります。
近くで見たいところですが、毎年130万人が訪れると言われるお祭りなので、どこに行っても人混みは避けられないでしょう。

奉納花火の観覧場所は、大川を挟んで東側と西側に別れます。
東側で人気スポットなのは、桜之宮公園です。周辺には屋台が立ち並びお祭り気分を盛り上げます。
また、反対側の西側エリアの人気スポットは、OAPタワー周辺になります。階段に座って見られるため楽ですが、仕掛け花火は見にくくなってしまいますそれに東側に比べて人は少ないとはいえ花火が始まると歩けないほどの人混みになります。
もっとゆっくりと花火を鑑賞したい!という人は、このスポットは避けた方が無難でしょう。

では、「穴場」と呼ばれる場所はどこでしょう?

1、 藤田邸跡公園前周辺
JR桜ノ宮駅が大混雑するので、JR大阪城北詰駅周辺が意外と穴場スポットになっています。
2、都島橋
少し離れていますが2カ所から花火が上がるため、この辺りでも十分見ることができます。
特に都島橋は、ライトアップされた大阪城と共に花火を楽しむことができる穴場となっています。
3、 帝国ホテル
川のほとりに建つホテル。フランス料理のディナー後、特等席で花火と船渡御を見ることができます。
お一人20000円~。予約はお早めに。

スポンサーリンク

アクセス方法・最寄り駅は?

hpgwrgw
【最寄駅】
「桜之宮公園」 JR大阪環状線「桜ノ宮駅」から徒歩10分
「OAPタワー」JR東西線・学研都市線「大阪天満宮駅」から徒歩10分
「都島橋」   JR大阪環状線「桜ノ宮駅」から徒歩15分くらい
「帝国ホテル」 JR大阪環状線「桜ノ宮駅」から徒歩5分
 
最期に
やっぱり夏と言えば花火ですよね。最近の浴衣は簡単に着ることが出来るものも多くなってきました。
折角の花火♪浴衣でお出かけしてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ