鱧(はも)と言えば淡路島!!旬の時期と絶対に外せない最高鱧料理は?!

といえば、淡路島、明石海峡有名です。京都の鱧料理専門店でも、明石の河岸で仕入れてきて料理します。多くの著名人も、旬の時期になると京都に通うという絶品グルメの1つである鱧。そんな淡路島産の絶品鱧料理のことを今回は調べてみました。

スポンサーリンク

淡路島の鱧(はも)!

ghjsigsは、西日本各地、和歌山や徳島、愛媛や山口でも捕れます。最近では韓国産や中国産もありますが、やはりイチオシ鱧といえば淡路島明石海峡産の鱧が一級品です。鱧料理といえば京都の祇園祭と所縁が深いことは知られています。そんなこともあり、鱧料理の専門店も京都には多いのです。関西では、夏料理の定番高級料理なのです。関西の料理人は、鱧の骨切りができて一人前です。京都だけでなく、大阪の天神祭りでも鱧料理は知られています。鱧は祭り魚として、関西では広く家庭でも食べられている食材なのです。

しかし、関東では、あまり食す習慣がなく、鱧を料理できる料理人も関東では少ないのです。特に鱧の骨切りは匠の技で、その技がなければ鱧を食すことはできないのです。なぜなら、鱧の骨は身に逆らっているので、骨付きができないからです。それでも柔らかい身の食感を楽しむためには、料理人の骨切りの匠技が必要になるのです。関西ならではの繊細な料理です。

しかも暑さを乗り切るための鱧料理、涼し気な美味しさを醸し出さなければなのです。一般的には、お吸い物がよく知られていますが、鱧料理はそれだけではありません。あのホクホクとした食感は絶品ですが、他にも病み付きになる鱧料理が、関西には沢山あります。

 

旬の時期は?

鱧の旬は、やはり5月、6月、7月でしょう。脂が一番のり美味しい時期です。8月、9月になると、産卵が終わってしまっているので、身が細くて脂ののりももう一つです。やはり6月、7月モノが一番美味しいでしょう。

スポンサーリンク

絶対に外せない最高の鱧料理は?

jpwgwh鱧料理には色々ありますが、やはり夏場の暑さを乗り切るような料理が美味しいです。個人的には、湯引きした鱧に梅肉を少し載せた鱧寿司が一番美味しいように思います。一般的に出回っているウナギや穴子寿司のようにタレで蒸し焼きにしてある鱧寿司ではなく、骨切りして湯引きした鱧をニギリにして梅肉を少しのせたモノは絶品です。関東の寿司屋では絶対に食べられません。あとは、暑い夏に食べる鱧鍋やしゃぶしゃぶも絶品で外せません。

また脂ののった鱧を天ぷらにしてたべるのもホッペタがほろけてしまいます。特に、淡路島産の野菜と米と共に鱧料理を頂くのは贅沢の極みです。鱧は料理人の腕次第で、焼いても、煮ても、蒸しても美味しく品良く食せる食材の最高峰であると思います。

 
最後に
是非一度、京都や大阪を訪れ、噂の鱧料理を堪能してください。作家の谷崎潤一郎も、鱧の旬の時期になると、決まった祇園の鱧料理屋で、決まった料理人の匠の技がくりだした淡路島産の鱧を堪能していたそうです。そんな鱧料理の奥深い味わいを堪能しに夏の京都を訪ねてみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ