マイナンバー制度の厳しい罰則とは?!知らないとダメ!懲役罰?

マイナンバー制度の罰則が厳しい!と私の周りでは話題になっています。
懲役罰もなるなんてことを聞いたので、早速私なりに調べてみようと思います。

マイナンバー
悪気があってやったことではないのに、知らずにやったことが、罰則の対象となってしまうことは絶対に避けなければなりません。
知らないことこそが一番の危険となってしまいます。
マイナンバー制度の厳しい罰則について紹介しますので、全国民の皆さま、まずは知ることからです!

スポンサーリンク

マイナンバーの厳しい罰則

マイナンバーはこれまでも言われている通り、漏えい・流出により悪用されるリスクが非常に高い。
よってマイナンバー関連の罰則は非常に厳しくなっている

それが≪番号法≫という新しい法令なんです。
まず言えることは、
従来の『個人情報保護法』よりも厳しい罰則が定められているのです。
安易な行動がこの≪番号法≫にひっかかってしまって、人生をダメにしてしまわないようにしっかりと理解を深めておきましょう!

nglgghggg

マイナンバー制度の罰則!

個人もそうなんですが、企業側がしっかり対応していかないといけないですね。
企業は従業員のマイナンバーを取得し管理しなければなりません。
これはパートもアルバイトも同様です。
しっかりとした管理をしないと罰則の対象になりかねませんから!

罰則を以下に私なりのまとめてみました。

◆個人情報を利用、管理する事務員が正当な理由なく、特定の個人情報ファイルを提供した場合
⇒4年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金またはその両方

◆個人情報を利用、管理する事務員が不正な利益を得る目的で、ナンバーを提供またはこっそり使った場合
⇒3年以下の懲役もしくは150万円以下の罰金またはその両方

◆マイナンバーと関連付けられた情報を関係機関とやり取りする為のコンピューターネットワークを操作、管理する者が、そのネットワークシステムに関する秘密の漏えいまたはこっそり使った場合
⇒3年以下の懲役もしくは150万円以下の罰金またはその両方

◆国の職員が特定の個人情報が記録された文書等を収集した場合
⇒2年以下の懲役または100万円以下の罰金

◆人を騙し、暴行し、脅迫し、または窃盗、侵入等によりマイナンバーを取得した場合
⇒3年以下の懲役または150万円以下の罰金

◆偽りその他の不正の手段により個人番号カードの交付を受けた場合
⇒6か月以下の懲役または50万円以下の罰金

◆委員会の委員が職務上知りえた秘密を漏えいまたはこっそり使った場合
⇒2年以下の懲役または100万円以下の罰金

◆委員会から指示された人が委員会の指示に違反した場合
⇒2年以下の懲役または50万円以下の罰金

◆委員会による検査の対象者が委員会による検査に際し、虚偽の資料提出をする、検査拒否をした場合
⇒1年以下の懲役または50万円以下の罰金

これらの罰則は≪番号法≫の第8章の第62~72条にまとめられています。
私なりに少しだけ噛み砕いて説明したつもりですが・・・理解は深まりましたでしょか??
私たち個人レベルでは、青ラインの部分に気を付けるべきですね!
この≪番号法≫では本当に赤ラインの部分の企業側で気を付けるべきことがたくさん記載されています。企業側の対応がとても重要となってきますね。

スポンサーリンク

気を付けるべきことは?

マイナンバーカードの紛失
カードを紛失することでマイナンバーが悪用されてしまいます。
持ち歩かずに自宅の金庫にでも入れておきましょう!

他人に絶対に教えない
役場や勤務先以外で聞かれても絶対に教えないようにしましょう!
尋ねられることはありませんから!
きっと出てくるであろう新たな詐欺の手口には絶対にひっかからないでくださいね!
SNSからの漏えいなんてあっという間ですから、注意が必要です。

利用目的外には絶対に使わないこと
今後、マイナンバーの利用範囲はどんどん広がることが予想されますが、必要最低限のことにしか使用しないことをおススメします。
身分証明書としても使えるマイナンバーカードですが、マイナンバーカードにはマイナンバー自体が記載されている為、身分証明書として使用した際に、マイナンバーを盗み見られ悪用されてしまう危険性があります。
これまで通り、免許証や保険証を身分証明書として使用することをおススメします!
場合によっては『コピー取らせていただきます』なんて言うところもありますから注意が必要ですよ!

 
最後に
個人情報保護法よりも罰則が厳しくなっている≪番号法≫
ある人は『2016年に逮捕者が続出する!』と予言しているようです。
皆さんは≪番号法≫の落とし穴にハマってしまい、罰則を受けてしまうことのないようにしてくださいね!
ではッ!お気をつけて!

※その他、疑問や不安はありませんか?※

↓マイナンバー制度の関連記事はコチラ↓
【マイナンバー制度とは?簡単に分かりやすくまとめました!】

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ