改正マイナンバー法で預金口座や医療の紐付けっていつから?義務?

マイナンバーって何桁あるの?
それはね・・・個人には12桁、法人には13桁です。
おお!それなら人口1000億人以上カバーできますね(笑)

マイナンバーって、そんなことはさておき、
改正マイナンバー法が成立しました。

これによりマイナンバーに紐付けられるものが増え、マイナンバーの活用範囲を拡大するというものです。

2016年に社会保障・税・災害対策の手続きにおいてマイナンバーの利用が開始され、2017年には≪マイ・ポータル≫の運用が開始します。

そのうちどんどんマイナンバーの活用範囲が広がっていくことでしょう。
そして今回、改正マイナンバー法が設立したことによって、 活動範囲が広がりました。

そして改正マイナンバー法はいつから適用されるのでしょうか?
そしてその内容とは??


スポンサーリンク

改正マイナンバー法はいつから適用?

改正マイナンバー法の適用は、
2018年からです!

では、その内容とはいかに?

 

改正マイナンバー法の内容とは?

改正マイナンバー法では金融や医療までマイナンバーの利用範囲を広げることが決まりました。

・予防接種履歴や検診結果の情報を共有できるようになります。
⇒重複した検査・薬の処方を抑えることができる
⇒救急搬送された時に診断・処置がしやすくなる

・国民年金保険料の免除申請手続きが簡単になります。
⇒マイナンバーの提示により所得証明書の提出が不要になります。
・政府が預金残高を知ることができるようになります。
⇒これは国民にとっては不快、心配に感じられることかもしれませんね。
反対意見も多いことでしょう。

 

医療との紐付け

pgwrghwghw医療と紐付けが行われることで、
急な引っ越し等により治療を受ける病院が変わったとしても、継続的に治療を受けることができるようになります。

薬局も同様で、薬の服薬データが共有されることにより、適切な薬の処方が行われることになります。これは安心ですね♪
医療データの共有に反対される方もいるということですが、医療情報の共有について、私としてはメリットの方が大きいのではないかと感じています。
高齢になればなるほど、安心して医者にかかれるというものです。

スポンサーリンク

金融との紐付け

hpwegw2ggg
預金口座とマイナンバーを紐付けようというわけです。
いや~~これについては反対の意見をお持ちの方がとっても多いです。

政府に預金残高を管理されるのはいい気がしません。
金融との紐付けを行う理由というと、
脱税防止、年金の不正受給防止の為です。

国民にメリットがあるわけではないんですね、、。
なんだかデメリットばっかりですね。

公営競馬やパチンコでかなりの収入がある人でも確定申告をしない人が多いのが実状です。
でも預金残高を国に把握されてしまうとなると、お金の出どころを調査されたり、ネットで馬券を購入している人なんかは、直で口座に的中したお金が入るわけですから、税金からは逃げれなくなるかもしれないですね。
国は預金残高を把握することにより、
納税額と預金残高を比較することで、
生活保護を受けているのに明らかに預金残高が多い場合は調査の対象とし、不正受給を明らかにしていく・・・。ということなんでしょう。

 

預金口座との紐付けは義務??

2018年に施行されるわけですが、
最初の2年程度は義務ではなく任意とされるようです。
でも3年後をメドに口座との紐付けを強制にしていくという予定なんだそうです。

いずれは義務化されるということですね。
強制ってのは、ぜひやめて欲しいですよね~~。。

 

国民からこんな不安な声も…

政府が預金封鎖して、国の借金を完済してしまおうとしているんじゃないか??って考えている国民もいるようです。
そんなことされるんなら、口座なんて全部解約して、自宅のタンスに貯金する人が増えるんではないか?
ってそんなことは無いと思いますが!

 
最後に
私個人の考えとしましては、
マイナンバーと医療の紐付けは大いに賛成です。
きっと素晴らしい医療を受けることができるようになると期待しています。
預金口座との紐付けに関しては、反対ではないですが、
反対の人も多いのではないか?

反対する人が多い中で数年後に問題を起こすことなく義務化できるのだろうか?と不安になります。
まずは任意となるので、様子見ですかね♪

※その他、疑問や不安はありませんか?※

↓マイナンバー制度の関連記事はコチラ↓
【マイナンバー制度とは?簡単に分かりやすくまとめました!】

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ