アデノウイルスの子供の症状は?!熱や下痢や嘔吐で心配。。

みなさんは、「アデノウイルス」という病気をご存じでしょうか?

offffdddこのウイルスは、夏に流行るウイルスのようで、
感染すると、39度近くの熱が出るんだとか・・・。

子供がよく感染する病気のようで、
風邪のウイルスの中でも、重要なウイルスとも言われています。

また、このウイルスは他のウイルスと違い、特徴的だとも言われております。

なぜ、重要なウイルスなのか?!
その特徴とは?!

気になりますッ(>_<)汗

今回は、そんな「アデノウイルス」について詳しくご説明させていただきます☆

スポンサーリンク

アデノウイルスとは?

アデノウイルスは、一般的にはあまり知られていません。
しかし、インフルエンザの次に人の体から検出されるウイルスなのです。
なので、風邪の原因となる多くのウイルスの中でも重要なウイルスのひとつとも言われています!

なぜ、重要なウイルスのひとつと言われているのかというと・・・

麻しん・風疹・おたふくかぜなど、からだにはっきりとした特徴のある症状が出る風邪を除くと、他のウイルスによる風邪はウイルス独自の特徴的な症状はみられません。
そして、アデノウイルスも、同様にウイルス独自の特徴的な症状がないウイルスに分類されています。

しかし、これらの風邪の中でも、アデノウイルスは比較的に症状が重く多様な症状が起こることから、風邪の中でも重要なウイルスと言われているのです。

症状としては、高熱が4日~5日続き、目や腸にも症状が出るウイルスはそれほど多くないため、特定されるのがこのアデノウイルスなのです。

 

アデノウイルス 子供の症状は?

kgfkfgkfkfkfggアデノウイルスが子供に感染すると、どのような症状が出るのかをまとめました!

アデノウイルスは、49種類ものが確認されています。
ウイルスの型によって、以下のような症状が現れます。

・高い熱(38.5以上)
4日~5日ほど続きます。

・浸出性扁桃炎
扁桃腺の表面に白い浸出物がたくさん付きます。
喉の痛みや腫れが伴うこともあります。

・咽頭結膜熱・角膜炎
目の充血や目やにのことを結膜炎や角膜炎といいます。
発熱と結膜炎を起こすとアデノウイルスに感染したことが疑われます。
夏にプールでうつって流行することもあることから、別名「プール熱」とも言われています

他にも・・・
・下痢
・腹痛
・血尿を伴う膀胱炎
・肺炎(主に乳児に起こる)
・風邪症状

このように、アデノウイルスの症状は多種多様で、その場でアデノウイルスによる症状と判断しにくいのです。
検査をしてみなければ「アデノウイルス」に感染していることの分別がつかないほど、際どい病気だとも言えるでしょう。

また、喉の痛みと頑固な熱が特徴のウイルスとも言われています☆

スポンサーリンク

親・大人にもうつるの?

gkgkggggアデノウイルスは大人に感染しないと思っている人はいませんか?
確かに、子供に多くみられる病気なのですが、結論から言いますと・・・

大人も感染します!!!

その感染経路ですが、
アデノウイルスは、口や鼻の粘膜あるいは目の結膜から、からだの中に入り込んで感染します。
鼻汁から飛沫感染することが主ですが、便からの感染もあります。
また、お風呂での感染も十分考えられ、さまざまな経路から感染しますので注意したいですね!

 

子供が感染した場合の注意事項!

gggggkddddもし、子供がアデノウイルスに感染したら・・・?!
不安で仕方ありませんよねッ。
その時の注意事項をご説明させていただきます(*^^*)

<脱水症を引き起こさないように注意!>
ウイルスによる合併症もさまざまですが、その中で代表的なものは「脱水」です。
アデノウイルスは、高熱と風邪症状が主ですが、嘔吐・食欲不振や発汗により脱水が伴うことがありますので、水分補給を心がけましょう!

<周りが感染しないように徹底した対策を!>
・感染した人は、お風呂は最後に
湯船を共有することで、飛沫感染や目の結膜などから感染する可能性あり。

・鼻汁や唾液、排泄物などの処理をしたら手洗いを
手に付いた菌を口や鼻に運ぶことで感染することがあります。

さまざまな感染経路があるウイルスですが、その感染力は非常に強いです。
なので、主な感染経路を把握することも大切なことです!

<ウイルスがからだから検出される期間>
症状が治まった後も、2週間~1か月ほど、便からウイルスが排出されることがあります。
なので、1か月くらいは、唾液・鼻水・排泄物・涙や目やにには気を付けたほうが良いです!

以上のことが注意事項になります。
お子様が感染したときは、このことを頭に置いて二次感染を防ぎましょう

 
最後に
jfjfffffアデノウイルスは、一般的にあまり知られていませんが、よく感染するウイルスです。
インフルエンザでもないのに、高熱が4日ほど続いたら疑っても良いでしょう。

しかし、このウイルスに特効薬はなく、風邪症状を抑える薬や頓服薬のみの対応になることがほとんどで、自然治癒を待つしかありません。

苦しい期間が長く、乳児やお年寄りにはツライ症状ですので、脱水にならないように気を付けましょう☆

また、感染力は非常に強く感染経路もさまざまで、親が二次感染することで次第に周りに流行ることも予測されます!
なので、排泄物の処理などには注意して感染しなようにしたいですねッ!

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ