ノロウイルスの検査方法!診断は保険対象外?!費用や時間は?

私たちが危機感を感じるウイルスはたくさんありますが、今回は「ノロウイルス」について調べてみました。

jphwhhh嘔吐下痢をしたとき、真っ先に疑うのはこのウイルスですよね!
しかし、私も最近初めて知ったのですが、
ノロウイルスの検査は保険適用されないそうなんです(・_・;)

上から下からと、嘔吐や下痢をして辛い症状であるノロウイルスなのに、なんで保険適用ではないのでしょうか(*_*)汗

でも、言われてみれば、私も嘔吐して「絶対ノロウイルスだ!!」と思い、急いで病院に受診したのに「おそらく、ノロウイルスの類の胃腸炎だろうけど、特効薬はないし、吐き気止めのお薬を出しておくね」と言われたくらいで、インフルエンザのような検査をされたことがありません!!

それに比べて、うちの1歳の娘は、オムツのうんちを病院にもっていくと、必ずと言っていいほど検査してくれます。

大人と子供では、検査方法が違うのでしょうか・・・?

その辺もふまえて、ご説明させていただきます☆

スポンサーリンク

ノロウイルスの検査方法! 

hpgwgggまず、ノロウイルスの検査方法についてご説明させていただきます。

検査方法は主に2つ

・検査キット
・リアルタイムPCR法

が挙げられます。

一般の病院で行われているものは、「検査キット」を用いた検査です。

綿棒で、排便もしくは腸にある便や液を採取したものを検査キットに用います。
滴加し、結果を待つことおおよそ20分~30分に、「陰性」か「陽性」かがコントロールラインというところに表示されるという仕組みです(*^^*)

次に、特別な医療機関などで行われているのが「リアルタイムPCR法」となります。

他にも、電子顕微鏡法なども取り扱われております。まず、検便にだしたものを、医療機関に運送して、検査が行われます。結果が出るのに3日~5日時間がかかるとのことです。

以上が、ノロウイルスの検査方法となります。

 

診断は健康保険対象外?!

pgggggg実は、私たちがノロウイルスだと思って病院に行っても、診察で症状を聞かれて「ノロウイルスの疑いがある」と診断することが多いのです。

ええーーーーー!?
と思った方もいると思いますが、「ノロウイルス検査キット」というものはちゃんと存在します。

では、なぜ、この「検査キット」を使わないのかというと、3歳未満と65歳以上の方しか保険適用されないんですって(・_・;)

しかも、この検査キット。

黒か白かを100%正確に判断することができず、感染しているのに「陰性」とでることもあります。
なので、医師が「医学的に検査をしたほうが良い」と判断した場合にしか用いられることはありません。

もちろん、100%判断できる検査方法もあります

電子顕微鏡法やリアルタイムPCR法などなどがそうですが、これは特別な医療機関や行政でしか行われておりません。

ノロウイルスに感染すると、嘔吐や下痢、腹痛といった症状に襲われ、症状としては苦しいものが多いのですが、インフルエンザのように死に至らない病気です。
また、100%ノロウイルスとわかっても、特効薬がなく結局は安静にして治癒するのを待つしかない病気と言えます。

では、なぜ、3歳未満の子供と65歳以上の方しか、保険適用されないのかというと・・・

体力があまりないことにより、ノロウイルスの症状に伴う脱水症状が命にかかわると心配されているからだそうです。
それ以外の3歳以上65歳未満の私たちは、体力があり水分を補えるということで、命に別状がないとして保険対象外とされています。

スポンサーリンク

診断・診察の費用や時間は?

hpgsgsg診断・診察の費用については地域の病院によって多少違いがありますが、一般的には

・検査キット5000円~
・診察は保険適用で15歳未満までは医療費無料が適用。75歳以上は1割負担、それ以外は3割負担となり、処方される薬や点滴などの処置にもよります。おおまかには3000円ほどあればおつりが返ってくるくらい
・精密検査1万~3万くらい

 

続きましては、所要時間についてです。

・検査キット→20分くらい
・精密検査→3日~5日ほど

精密検査だと、検査結果待ちしている間に、ノロウイルスも治ってしまいそうな感じですね(^_^;)
なので、一般の病院では精密検査を行われていなければ、進められることもないというわけです。

こちらは、主に食品従事者が会社ぐるみで検査を受けることが多いです。
お客に出す食品にノロウイルスが入っていたら大変ですものね(*^_^*)

以上が、診断・診察の費用と時間についてでした♪

 
最後に
hjpgsgsssみなさんも、ノロウイルスだと思って病院に行ったのに、検査もされず「ノロウイルスかもね~」くらいで診察が終わった!なんて経験はありませんか?

わたしのように、「検査してくれないの?!」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか(*^_^*)
ノロウイルスの症状は重いものがありますが、死に至る危険が少ないウイルスで、その特効薬というものは存在しません

これは、大人も子供も一緒です。

感染したときは、脱水にならないように水分を意識して摂り、安静にお過ごしくださいね♪

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ