しもやけの症状と治し方ッ!2つ早く治すポイントとは?

かゆく、痛い皮膚のトラブル「しもやけ」。
住環境が快適となり、寒さ対策のグッズも増えてきている昨今では、ん?でも昔の病気??と思う方もいるかもしれません。
jpgewggg
指先や足のつま先など、まだまだ寒暖差があるとき、寒くなると油断はできません。

そこで、今回は、しもやけってどんな症状?どうすれば早く治る?についてご紹介します。

スポンサーリンク

しもやけの症状!

冬になるとできやすい皮膚トラブルの一つ、「しもやけ」は専門用語では「凍瘡」(とうそう)といいます。
医学界ではできたしもやけの症状にもよりますがいったん出来ると、冬の間中、悩まされると言われています。

・どんなところにできる?
主に、手や足、耳たぶ、鼻、頬にみられます。
スキー場などに行ったとき、「寒い!」と主に感じる部位を想像してもらうと分かりやすいですね。

・なぜなるの?
原因としては、寒くなると、動脈と静脈の血管は収縮します。動脈は温ためられると、静脈に比べて元に戻りやすい傾向にあります。
一方、静脈は血管の収縮が戻りづらいです。この時間差によって血液の循環が滞り、前述に挙げた部位の箇所、身体の抹消部分へ栄養が行き届かなくなり、うっ血や炎症といったしもやけの症状が出ます。

「寒い・冷えた」=「しもやけ」でないところが怖いですね。栄養が行渡らなくなるのは避けたいものです。

・どんな症状?
皮膚トラブルはいろいろあるので、寒くなったからといってどれがしもやけの症状が判断しづらいですよね。
次に主な症状をあげます。
○手、足の主に末端が赤くはれている
○温かいと痒い、寒いと痛みを感じる
○腫れている部位の色が赤黒く変色している
○何か靴や手袋、患部がものにあたると痛みを感じる


これらの症状がみられたときは、しもやけを疑います!
jpherhhhh

 

しもやけの治し方!

症状の程度により、「我慢できる」痒みや痛みだと放置されがちです。季節が春になり温かくなれば自然と治る・・・。と放置しておくのは避けましょう。

血行不良になると、患部の痒みは増します。そこで、掻いてしまうと、炎症が進み、水疱やただれ、患部の症状は悪化してしまうので、早い段階で処置をしましょう。

・しもやけどうしたら治るの?
ビタミンEやヘパリン類似物質が含まれているクリームを患部に適度に塗ります。
炎症が既にある場合はステロイド外用剤が良いですか、皮膚科に受診するもしくはドラッグストアで薬剤師とよく相談をし、身体にあったものを塗るようにしましょう。

スポンサーリンク

早く治す為の2つのポイント!

早く治すためのポイントは2つです。

1.体内から血行をよくする
しもやけになる原因は、体内の血流が滞る、血行が悪くなっているので体内から改善をすることをおすすめします。
食事にはビタミンEが多く含まれている、アーモンド、落花生、豆類また油類も適度な量を3食うまく摂りいれて体内に摂取するようにします。

jhoprhhhh
2. 患部の血行をよくする
温冷で患部の血流をよくする。
40度くらいのお湯とお水、2つ洗面器やバケツに用意をします。
次のステップで行います。
① 40度(くるぶしくらいまでつかる位あると良いです)くらいのお湯に足を2から5分程度ひたします。
② 次に水に足をつけます。(こちらも目安は2から5分程度)
③ この「温冷足湯」を5回ほど繰り返し行い、清潔なタオルで患部、つけた部位を丁寧にふきとればOKです。
途中、ぬるくなってしまったお湯を替えられると尚、効果があがります。無理ない範囲で行いましょう。患部全体の血行不良を改善することが目的なので我慢すれば治る・・・、とは思わずに(*^_^*)

hopehhhhh
その他
ニベアなど乳液を軽くつけて患部近くをマッサージし、血行をよくしましょう。
こちらは、上記の温冷足湯に比べて、用意するものも少なくどこでも出来ます。マッサージできる肌に優しいクリームを痛い部分含め全体に塗り、血行がよくなるように軽くマッサージするのがコツです。

 
 最後に
しもやけはまだ、個人で治せる範疇だと医学界では考えられています。しもやけ(凍瘡)に似た名前では凍傷(とうしょう)というのがあります。
スキーや冬山のニュース、記事で見かけた方も多いのでは。ここまでくると患部の皮膚組織が凍結している為、医療機関への受診が必要になります。
寒い時期に手足の末端部分が痛い、痒い、色が周辺と違う!と感じた場合は早めに対応しましょうね(*^_^*)

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ