その吐き気・気持ち悪いのは!寝不足が原因かも??その対処法は?

なぜ眠らなければいけないのか…その詳細はいまだ解明されていませんが、寝不足が引き起こすさまざまな悪影響は研究により明らかになっていることがたくさんあります。image1
飲み過ぎ、食べ過ぎだけではない、吐き気…!わたしたちのからだに現れる健康のバロメーターともいえます。

スポンサーリンク

吐き気・気持ち悪いのは寝不足が原因かも…

睡眠不足に陥るとからだは休息を求めます。そのなかでみられる症状のひとつに、吐き気。なぜ気分が悪くなるのでしょう。
  1. 睡眠時間
    普段の睡眠時間より短くなった場合に、症状がみられます。
    からだの各機能が低下し、バランスが低下してしまうからだといえます。
  2. 睡眠の質
    時間はきちんととれているのに、気分が優れない…そんなときは質が関わっている可能性があります。
    脳が興奮状態のまま、緊張状態のままでリラックスできず、眠りが浅いと脳の回復が行われません
image2

 

寝不足で気持ち悪くなったときの対処法!

寝不足で気持ち悪い…でもすぐに眠りにつけるわけではない…そんなときの対処方法をお教えします。
  1. 刺激的な食べ物は控える
    寝不足のときは胃腸の働きも弱っています。
    カフェインやアルコール、炭酸飲料水や辛いものは控え、胃に負担をかけないようにすることが大切です。
  2. ツボを押す
    疲労を回復させるツボをおすことで吐き気を緩和することができます。

スポンサーリンク

疲れを溜め込み過ぎ!吐き気は危険信号です!

あなたの睡眠を振り返ってみて、十分といえるでしょうか。睡眠不足だから…と軽くみてはいけません高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣病にかかるリスクが急激に高まります!
↑睡眠不足・不眠と生活習慣病について↑

 

気持ち悪いだけじゃない!寝不足が引き起こす!その他の症状!

心身に疲労が蓄積されるとされる寝不足。吐き気以外の症状もチェックしておきましょう。 わたしたちに現れる症状も実にさまざまです。
  1. 考える力が低下する
    記憶力や思考力はもちろんのこと、集中力まで低下します。
    会話が頭に入ってこず、何度も同じことを聞いたり、簡単なケアレスミスをしたりと脳の活動が制限されているといえます。
  2. 活気不足になる
    エンジンがかかるまでに時間が要る、まだ活動していないのに疲れている、突然眠気に襲われるなど、脳はからだに疲労がたまると眠気を促し、睡眠をとろうとします
  3. 心が不安定になる
    免疫力の低下により、病気にかかりやすくなります。
    また、からだの健康はこころにまで及び、鬱病にかかるリスクが高まるといわれています。
    日常的な場面でも症状は現れ、些細なことでストレスを感じたり、急に不安になったり、はたまた食欲がとまらなくなり過食傾向になることもあります。
 
最後に
吐き気をなんとか解消したい!それ以外の症状についても解消したい!それには何よりまず睡眠を改善することをおすすめします。
  1. 深い眠りをとれるよう、リラックスした状態で眠りにつく
  2. 睡眠環境を整える
  3. 適切な体内リズムにする
  4. あなたに必要な睡眠時間を把握する
とは言うものの、忙しい日々のなかで睡眠を改善するのはとても難しいことのように感じます。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ