なぜ室内で熱中症になるのッ?症状と気を付けないといけない事ッ!

熱中症って室内で起こるものなのか?と疑問に思う人が多いはず。
熱中症を取り上げた番組などでは、とくに炎天下や外での運動、作業中のことがクローズアップされますが、室内でも発生していることをちゃんと理解してほしいです!昔に比べ、室内で熱中症にかかる患者数は増加しています

正しく理解して、熱中症からからだを守ろう!

スポンサーリンク

なぜ室内で熱中症になるの?

hosgs熱中症とは、からだの水分や電解質のバランスが崩れたり、そのバランスを保つための調節がうまく機能しなくなったときに発症するものですが。

熱中症にかかりやすい環境といわれているのが、
・気温28度以上の屋外
・気温28度以上で無風、湿度の高い屋外
・気温20度以上の車内
車内では20度以上なんだ!と驚く数字もありますが、これら気温が高い日や湿度が高い日、日差しは強いが風は弱い日などは容易に想像ができ、みんなが納得できる環境です。

しかし、屋内でも熱中症にかかりやすい環境があります。
・室温28度以上の閉めきった屋内
・熱帯夜の屋内
さらに、室内では環境にあわせて、わたしたちの体調が大きく影響しているようです。
以下の症状がある人は、からだにこもった熱を外に放散する機能が低下しているといえ、熱中症にかかりやすいといえます。
・微熱気味
・汗をかきにくい
・頭痛
・めまい、吐き気
なので、屋内でも屋外でも、体調を崩している人は、まず、療養のできる環境をつくることが第一であるといえます。

 

症状は?

ooojjgg熱失神熱けいれん熱疲労熱射病。右にいくほど重症とされています。
熱失神’では、めまい顔のほてりが主な症状で、一時的に意識が遠くなったり腹痛になる場合もあります。

また、‘熱けいれん’では筋肉痛こむら返りだるいさ吐き気がみられ、手足がつったり力が入らなくなることがあります。
さらに、‘熱疲労’になると、汗のかきかたがおかしくなり体温がとても高いのに汗をまったくかいていなかったり、拭いても拭いても汗がとまらないようになります。

やがて、呼びかけに反応しなくなったり、意識はあるがひとりでは歩けなくなる場合は、‘熱射病’にかかっているといえます。

スポンサーリンク

室内で熱中症にならない為に気を付ける事とは!

上述したとおり、体調の優れない人は、熱中症にかかりやすいといえる環境条件に居ないことが最も重要だと思います。
また、健康な人でも以下の人は要注意!です。
・暑さに慣れていない
・睡眠不足
・脱水気味
・高齢者
・何枚も衣類を重ねてきている人
どうしても、熱中症にかかりやすい環境を避けられないとき、だれにでもあると思います。
そんなときには!

以下の対策をしてみてはいかがでしょうか。
・室内の温度があがらない工夫をする:カーテンやすだれで日差しを遮り、窓をあけて風をとおすなど
・からだを冷やすものを用意しておく:うちわや扇風機はすでにお持ちの方も多いのでは…それ以外には冷却シートやスプレーなども効果的
oogjggs

 
最後に
最近は、節電対策といい、冷房の使用を控えたり、温度の設定を高めに設定することが当たり前になりつつありますが、熱中症にかかる割合としては、屋外での患者数イコール屋内での患者数といえるほど、差がないといえます。

冷房を28度以下に設定していても、窓際やパソコンなどの電化製品の近くに席がある場合などは、設定温度よりも高い場所で過ごしているかもしれません。
自然環境の保護はもちろん大切なことですが、まずは自分自身の健康管理が第一ではないかと思います。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ