ひどいあかぎれに効く!おすすめな薬を紹介ッ!皮膚科にいくべき?

寒い季節。手仕事、水仕事などで指を酷使される方いませんか。
指先があかぎれでピキッ!!でも、家事や水仕事、手先を使った作業は日常どうしてもしなくてはならないですよね。

hlgwhwhh

今回は、どうしてあかぎれはなるの?からおすすめの薬、そして皮膚科に診てもらったほうがいいの?まで、ご説明します。

これから寒くなる季節、ハンドクリームなどドラックストアはじめ、店頭では売り出されますよね。
どれが効くの?迷ってしまう方も多いはず。的確な処置と対策をしましょうね!


スポンサーリンク

スポーツしている時、あかぎれが辛い。。

・そもそもなぜなるの?あかぎれになる原因は?
いくつか原因があるといわれていますので、紹介します。
冬など寒い季節、空気が乾燥してくると肌表面、皮膚のバリア機能が低下します。
すると硬くなり肌が本来もっている弾力性がなくなってきて、ちょっとした水仕事、洗剤、シャンプーに反応しあかぎれになります。


hpgwgwww
なんと、ダイエットなど食事制限をして、脂肪分を控えた場合、指先の皮脂が少なくなり、皮脂ベールが通常よりも減り、あかぎれの原因になります。

また、よく水仕事をする方は、角質が厚くなりあかぎれになりやすいです。
その様に、乾燥、バリア機能が低下している状態で継続して水仕事や洗剤を使うと手先は更にあかぎれを招きます(―_―)!!
悪循環ですね!

そんなぱっくりといった指先でスポーツはつらい!!
ではどうしたらいいでしょう?

対策のポイントを2つ挙げます。
① 水仕事、入浴を終えたら、手・指から水分、脂質が奪われないようにクリームで保護膜をつくりましょう。
② 保護バンドエイドをつける

市販でバンドエイドのなかでも、傷口を保護してくれるタイプのものがあります。それをつけておきましょう、

スポンサーリンク

ひどいあかぎれに効く!おすすめな薬!

・おすすめの市販薬は?
「ユースキンA」
ビタミン系のクリームで万能です。ひび、あかぎれ、手あれ、指先のさかむけにも効果的です。一家にひとつあると重宝します。

「コロスキン」
看護師さんおすすめです。薬の表面、箱のうたい文句として「透明な被膜で傷口をガード」してくれます。

その他には「オロナインH軟膏」です。安心して使えます。

ハンドクリームで予防する際には、手の表面にある水分を拭き、皮膚下部に浸透する様にクリームで保護しましょう。皮膚そのものにある水分・油分をクリームでカバーするような気持ちでつけることをおすすめします!hnpgehhh

やっぱり皮膚科に行くべきか?

hlnednswsどうしても、日々の生活でやらなければならない事(水仕事の回数を減らすことは出来ない・・・。職業上、手が荒れがちなどなど)、出来てしまったあかぎれの状態で、更に悪化するようであれば、専門医・皮膚科にかかる事をおすすめします。

パックリ割れてしまっている状態や指先が痛い!という場合、人はどうしても日常生活で、手を使う事は避けられないので、医師に相談をして適切な塗薬、軟膏を処方してもらい経過をみるようにしましょう。
個々の症状、体質、生活習慣にあった処方薬で早く治しましょうね(*^_^*)

 
 最後に
指先、手に傷があると日常生活がままならなくなるのでツライですよね。市販薬、ハンドクリームは多く売られていますが、どれが合う?と迷ったり、効果に差もあるようですね。個々で、ぴったりのものが出てくると、毎季節、冬場は「これがあればOK!」「これで予防できる!」と目安が出来て安心しますね。
また、頻繁になる方は、かかりつけ医をつくると良いですね。あったお薬だけ処方してもらうという方法もありますので、個々にあった方法を是非みつけましょう!

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ