よく足がつる!そのこむら返りの理由・原因は?病気のサインッ?!

若い時には運動中に起きることが多かったこむら返り

例えばブロ野球でも、現ロッテの涌井秀章投手など、足がつったことが原因で何度か降板しており、そのたび体質改善が求められる、という報道などを目にしました。

1

え、体質改善? 私もよく夜中に足がつって、激しい痛みで目覚めることがあるんだけど、何か身体に問題があるの? 病気? と、そのあとなかなか寝付けない不快感とともに不安にかられたりしませんか?

ここでは、こむら返りの原因を探り、対処方法について伝授いたします!

スポンサーリンク

よく足がつる!こむら返りの理由・原因は?

ところで、こむら、って何でしょう? あまり聞かない言葉ですが、医学的には「ひふく筋」という、ふくらはぎの筋肉のことを指します
ここが痙攣してしまった状態を、一般的にこむら返りとか、足がつるとか呼ぶのです。

筋肉は脳や脊髄のコントロール下で弛緩と収縮を繰り返すことでバランスを取っています。けれど、何らかの理由でそのバランスが崩れ、筋肉が異常に収縮してうまく弛緩できない状態がこむら返り。

では、その理由って何でしょう? 大きく分けて二つあります。
一つは、神経伝達に必要な体内の電解質のバランスが崩れて、神経から筋肉への制御信号がうまく送られず筋肉が異常に興奮した状態になってしまうケース。スポーツ時によく出現するのがこのパターンです。

大量発汗によってナトリウムやカリウムなどの電解質が失われ、神経伝達の制御がうまくいかなくなった状態ですね。熱中症の症状のひとつである熱性けいれんも原因は同じです。

ですから、大量発汗が予想されるスポーツ選手は、筋肉疲労を防ぎ、ミネラル不足を補うという形で予防や対策ができるので、体質改善は効果があるということになりますね。

2

もう一つの原因として、立ち仕事の連続や加齢などに伴い、筋肉の状態を感知する神経センサーがうまく働かなくなっていることが考えられます。

筋肉が知らず知らずのうちに緊張したままの状態となり、ふとした刺激でセンサーが過剰に反応し、痙攣をおこしてしまうのです。

足は体幹から遠いので、このような症状が特に出現しやすいのです。
寝ている間は末端にある足の温度が下がるため、神経伝達も鈍くなります。温めることは効果的です。

また、寝ている体勢はつま先が伸びがち。つま先を伸ばしているとひふく筋が緊張しやすく、就寝中のこむら返りが起きやすい原因となります。

こむら返りを起こした時、無意識にかかとを突き出してふくらはぎを伸ばして逃れようとしますよね。
そう、縮んで延びなくなってしまったひふく筋をうまく伸ばしてあげれば、痙攣がおさまり、痛みも軽快するのです。

 

それッて病気のサインなの?!

多くの場合、こむら返りは病気とは無関係と言われています。

特にミネラル欠乏タイプは、妊娠や下痢、あるいは利尿剤など薬の影響、またビタミンB1欠乏アルコール依存症などによって引き起こされますが、電解質バランスの崩れという原因ははっきりしていますので、不足する栄養素を補えば解決します。

3

神経伝達の不調にともなう例でも、加齢などが原因であることがほとんどです。

ただ、あまりにしつこいこむら返りの裏には、糖尿病や甲状腺の病気筋肉や神経系統の大きな問題が隠されていることもあるので要注意です。

こむら返りだけが症状だ、ということはあまりありませんが、一つの判断材料としてアンテナを張る意味はあります。
特に変形性腰椎症によるこむら返りはよく知られています。

ともあれ、足以外の筋肉によく痙攣が起きたり、あまりに頻繁な場合は、医師の判断を仰ぐことをお勧めします。

スポンサーリンク

病院で診察してもらう時は何科?

まずは整形外科がオススメです。筋肉や関節の不調などでは、やはり一番の専門家でしょう。
ただ、もし妊婦さんで足がつりやすい、ということであれば、かかりつけの産婦人科に相談してみましょう。

妊娠中の症例はたくさんありますし、何より母体の状態をよく知っているということで、一番頼りになります。

4

また、糖尿病や甲状腺病などで受診しているという場合も、かかりつけ医へ
もちろん、内科的に何か不安がある場合は、こむら返りも一つのサインと捉えて、健康診断を受けたり専門医の門を叩いてみるといいですよ。

 
最後に
こむら返り自体は、不快ではあっても重大な病気ではありません。
ただ、自分の栄養状態や健康状態を知るための、一つの目安にはなります。

また、ある程度防ぐための方法もあります。まずは足もとを温かくして、ぐっすりよい睡眠を。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ