アトピーに効く!温泉の泉質はッ?おすすめ温泉紹介!

アトピー性皮膚炎になっているお子さんがいる家庭、またご自身がアトピーで悩まされている方。
hoehhhh
寒くなってくると、温かい“温泉”が恋しくなりますね。
最近では“温泉治療”といって薬を塗ったり飲む変わりに温泉に出向き、症状にあった泉質の温泉につかり、ゆっくり養生する方も増えてきています。

リラックスするだけでなく、そういった病気が良くなるように宿泊されている方も温泉では見かけるようになりました。

そこで今回は、温泉でアトピー肌改善できない?についてアトピーの温泉治療についてご紹介します♪

スポンサーリンク

 アトピーに温泉は効くのか?

nphehhhhアトピーの一般的な治療法は、かゆみもしくは炎症をおさえてくれるステロイド剤を患部に直接塗る方法です。しかし、ステロイド剤はアトピー体質そのものを改善してくれるお薬ではなく、一時的に出来ている発疹を押さえてくれる効能があるためよくもちいられます。

では、アトピー体質そのものを根本から治療する方法ない?というところで注目されているのが温泉での治療。“温泉地用”です。温泉治療の良さは、すぐ直るというわけではないかもしれないけれど、皮膚や体質を根本的に変えていこうとする点、副作用も出にくいといわれています。

 

効果の理由とは?

njphehhhh温泉につかることで、効果があるのでは?と言われている作用、5つご紹介します。

① 殺菌作用
アトピー性皮膚炎の症状を悪化させている原因のひとつが黄色ブドウ球菌の増殖と考えられています。泉質にもよりますが、温泉には殺菌作用の高い湯もあるため、殺菌作用の高い湯につかることで黄色ブドウ球菌の繁殖が抑えられる。

② 温熱作用
アトピー性皮膚炎の原因は体内の機能低下もそのひとつと考えられています。温泉につかることで、血液循環がよくなり細胞の新陳代謝が良くなります。その結果、皮膚の細胞もよい方向に改善し、活発化し正常な皮膚に戻ろうとする働きによりアトピー性皮膚炎の改善が見込まれます。

③ 浮力作用、静水圧
あまり聴き慣れない言葉かもしれません。簡単にいうと、水中に身体を沈めると静水圧がかかります。静水圧の影響でひとの身体は気づかないうちに負荷がかかっており、呼吸器官や循環機能の働きが活発化します。それによってアトピー性皮膚炎の症状が改善していくのではないかと言われています。
もうひとつが浮力作用によって、リラックス効果が見込まれます。何かしら、普段の生活でストレスがかかり、それも原因となりアトピー性皮膚炎を悪化させていると、リラックス効果が期待されます。

④ 含有化学成分作用
温泉の泉質、含有物によるものになります。温泉には、様々な人の身体によいイオン化した化学成分があり、湯につかったりかけ湯をするとその化学成分の影響で浄化作用、保水と保温作用が得られます。温泉の良さとして皮膚から吸収されて、この化学成分が身体の細胞活性化につながり、皮膚の改善効果、各機能が改善されて効果がみられると言われています。

⑤ 非特異的(ひとくいてき)変調作用
少し難しい名称ですが、人にはそもそも身体に変調(温泉につかり、刺激や影響をうけると)がでると、それに対して、身体の状態を一定に保とうとする恒常性機能が働きます。
その働きを利用するもののことをいいます。異常な状態から自然のちからで正常な状態に戻ろうとする作用、効果にアトピー性皮膚炎改善に効果があるのでは。といわれています。

スポンサーリンク

アトピーに効く泉質は?

ppfffff温泉の泉質は、含有成分の違いにより、泉質は大きく分けると11種類に分類されます。効能もこの泉質によって異なってきます♪

皮膚の表面は弱酸性でできているので、酸性泉がおすすめです。また、アトピー性皮膚炎の原因といわれている黄色ブドウ球菌の増殖に対して、殺菌効果に優れているのが酸性泉です。

他にアトピーに効く温泉の泉質は、次が挙げられますので参考にしてください(*^_^*)
① 硫黄泉
② 単純温泉
③ 炭酸水素泉
④ 塩化物船泉

などです。

効能を知ってからでも大丈夫です。
掛かりつけの皮膚科医、専門医にもご自分のアトピーの症状と泉質が合っているか、相談しましょう。
また、皮膚に影響を強く与えるのは実は泉質だけでなくお風呂の「温度」も関係してきます。

よく産まれたばかりの赤ちゃんは温泉身体によいか?温泉旅館、ホテルに行ける?と悩まれるお母さんもいます。
まだ産湯につかっている赤ちゃんや首の座っていない赤ちゃんでは、温泉のお湯の温度が少し、刺激が強すぎる(*^_^*)というケースもあります。

同じように、温泉の“温度”も確認して合わせて医師と相談をしてからゆっくり、リラックスして温泉に出掛けましょうね♪
と、血行不良になると脳のほうに、「状態が不安定・・・」と信号がいきやすくなります(*^_^*)

 

アトピーに効果あり!おすすめ温泉!

kfkgkjnh関東近辺の温泉3カ所ご紹介します♪

(1) 関東近郊 百観音温泉(埼玉県久喜市)
温泉は“晴天風呂”、“内風呂”、“露天風呂”とあります。泉質がナトリウム塩化物強塩温泉です。ナトリウムイオンとカルシウムイオンが多量に含まれているため、皮膚改善、皮膚病、肌の美容効果があります。
利用者の方から「アトピーが改善した」という声がある温泉です♪
お得な回数券もあります(*^_^*)
公式HP http://www.100kannon.com/ (温泉紹介 露天と内風呂 | 百観音温泉 埼玉県東鷲宮 源泉かけ流し 美人の湯)

(2)皮膚改善!向き温泉 五浦温泉(茨城県北茨城市)
皮膚病に効くと評判になっている温泉です(*^_^*)本館、別館とあり各々、大浴場と露天風呂があり、お風呂からの眺め、景色も絶景です♪
温泉の泉質はナトリウムカルシウム塩化温泉で、皮膚改善以外にも関節痛、冷え症やきりきず、やけどなどといった症状に効能があります。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.izura.net/main/hotspring/:温泉 | 五浦観光ホテル 和風の宿 本館 [公式サイト])
公式HP http://www.izura.net/(太平洋が一望できる五浦観光ホテル [公式サイト])

(3) 温泉といえば!!お湯についてはその歴史からも最大級クラス! 草津温泉(白旗の湯)群馬県吾妻郡草津町
何といっても、全て源泉掛け流し!というのは皮膚改善には最適な温泉です。更に、温泉の湯は酸性で殺菌効果が高い♪
草津温泉の湯は、殺菌効果が高く、生活習慣病が改善する!と利用者からの声が多い温泉でもあります。街全体でも、浴衣姿で歩く人が普通にみられる、日頃の疲れも癒される絶好の場所です(*^_^*)

温泉の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.town.kusatsu.gunma.jp/www/contents/1226563580104/index.html(温泉)
公式HP http://www.town.kusatsu.gunma.jp/www/toppage/0000000000000/APM01000.html(草津町役場ホームページ)

 
最後に
副作用無しに、身体そのものもつ、自然作用、治癒力を利用して温泉につかり、徐々にアトピーが治っていくと心も軽くなりますね。
是非、個々の皮膚の症状にあった温泉でゆったりのんびり露天風呂につかってみませんか?

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ