コーヒーは毎日飲むッ?飲み過ぎによる副作用ってッ?!【要注意】

コンビニでも美味しいアイスコーヒー、ホットコーヒー、ラテが手軽に飲めるようになり、皆さん、最近、コーヒーを飲む量、回数が増えている方いませんか? hgwgw 朝、一杯!お昼、ランチを食べた後、うとうと・・・しそうなときに!飲みたくなりますよね。

では、「どの位が飲み過ぎなのか?」と、とはいえ「いいところもあるよね??」という疑問に今回はお答えします♪

スポンサーリンク

コーヒーは1日何杯まで?

hlrjdegsコーヒーは、摂り過ぎると胃が荒れるなど、副作用らしきものを感じたことのある方いるのでは??
でも、一方では、「メリット」や効能が伝えられているのもご存知でしたか?

・ダイエット効果

・脳の活性化

・メンタルへの効能

・覚醒(かくせい)作用

などなど。

では、何杯までにしておくとよいのでしょう?

目安として、「一日、平均4-5杯が適量なのだそうです。」
このくらい、コーヒーを飲んでいると、飲んでいないひとに比べて、死亡リスクが低いという研究結果が出ているそうです♪♪

では、どうやって飲みましょうか?「コーヒー」といっても、ラテから、エスプレッソいろいろありますね。

一般的にいわれているカフェイン含有量は、次のとおりです。

・ドリップコーヒー : 一杯150mL中、100mg

・エスプレッソコーヒー : 一杯40 mL中、77mg

・カプチーノ : 一杯150 mL中、50mg

・カフェラテ : 一杯150 mL中、50mg

体調に合わせて、コーヒーの飲み方を工夫するのも手ですね!

 

コーヒーの飲み過ぎによる副作用は?

コーヒーを飲むと、頭がさえたり、気分がすっきりしたりする方も多いのでは。
眠気や倦怠感をとりのぞいてくれる効果がある一方で、過剰摂取による、副作用として、めまい不眠といった症状があらわれるといわれています。

hovwdgbwでは、コーヒーの摂り過ぎにより、どんな副作用があるのかまとめます。

・覚醒作用がある一方で摂り過ぎると、自律神経の乱れ、それによる頭痛の症状がみられる。

・胃腸が荒れる、身体が冷える、内臓を弱らせてしまう

・血液の巡りが悪くなる

・疲労回復を低下させる。

・そして、どんどん摂りすぎると、身体が疲れているのに感覚がマヒしてしまい、疲労に気が付かない

といった副作用があるといわれています。

くれぐれも飲み過ぎにはご注意を!!

スポンサーリンク

コーヒーの良いところ・悪いところ

コーヒーは、適度にとると、リラックスしたり、良い点もありますよね!豆の香り=アロマ効果があるとも言われています。

では、コーヒーの「良いところ」「悪いところ」両方をまとめてみます♪♪

 

◆「コーヒーの良いところ」◆

・リラックス効果がある

コーヒー豆、コーヒーの香りをかいだ人の脳波を測定してみると、α波が活性化するといわれています。

・ダイエットに効果がある

ダイエットするときに、飲むタイミングにより、脂肪燃焼効果があるといわれています。飲み方のコツ、脂肪を燃焼しやすくする飲み方は、運動1時間前に飲むと効果が最大限発揮するともいわれています。

運動する前に飲んでみるのも手ですね!

・糖尿病の発症率を下げる

1日4杯コーヒーを飲む人は、飲まない人よりも、発症率が50%少ないという報告もあるそうです。

飲み方を工夫すると、健康体を手に入れられそうですね。ほどほどの量を摂取して、上手く生活にコーヒーを取り入れてみましょう!

では、コーヒーを飲むと、「悪いのは」?

 

◆「コーヒーの悪いところ」◆

・胃粘膜が炎症を起こす

コーヒーを飲むと、カフェインにより胃液の分泌を促進する作用があります。飲むタイミングを気を付けないと、例えば胃が空っぽの時にのむと、胃液が大量に分泌しそのため、胃粘膜が荒れるということになります。

・血圧が上がる

コーヒーに含まれるカフェインを摂取すると、血圧は10mmg近く上昇するとの報告があるそうです。

・脳神経系に害を及ぼす

妊娠中、カフェインをさけたりしますよね。ノンカフェインの麦茶を飲んだり。ハーブティでもカフェインの含んでいないものに気を付けたりと。これは、過剰に摂取すると脳神経系に害を及ぼすと医学界ではいわれているからだそうです。

お子さんにも、ご注意を♪♪

 
最後に(簡単なまとめ)
hovgwgwよく、目覚めの一杯!なんてきいたりしますよね。でも空腹の状態で飲んでしまうと胃があれてしまうのでご注意を!コーヒーを飲むには9時半頃から11時くらいがいいですって♪
会社について、デスクに座って一杯!を習慣にするとよさそうですね。

摂りすぎると、感覚がマヒしてしまい「カフェイン中毒」なんて言葉もあるくらいですから、ほどほどにして、疲れているときはよく眠り、適量のコーヒーを飲んで快適な毎日を過ごしましょう!

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ