危険!夏の紫外線で髪と頭皮の日焼けにご用心!夏には麦わら帽子だ!!

頭の上から照りつける日差し、自分自身の目に入らないので髪の毛や頭皮の日焼けは気付かないものです頭皮の日焼けは案外気付かずに深刻になっている場合があります。今回は夏の紫外線の髪の毛や頭皮に与える影響と日焼けについて調べてみました。

スポンサーリンク

夏の紫外線が髪や頭皮に与える影響は?

ghwhwh頭の上のことなので、なかなか気付かないのが頭皮や髪の毛の日焼けです。その影響は案外大きく深刻です。紫外線を大量に浴びてしまえば、活性酸素が大量に発生してしまい、髪の毛や頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。それは、抜け毛や薄毛の原因なります。

子どもたちと行く海水浴やプール遊び、楽しさに気を取られていると全身日焼けしてしまっています。子供たちの頭皮や髪の毛も例外ではありません。

頭の天辺は、太陽に向かって一番近いところにあるのです。一番日焼けしていて当たり前。労って当たり前なのです。ほっておいたら大変なことになります。

近年太陽活動の不順から、オーロラなども例年以上に見え、地球も太陽の大きな影響を受けています。今まで以上に紫外線が強くなっているのです。予防することは薄毛、抜け毛を避けるだけでなく皮膚癌予防にも必要不可欠です。予防と対策を紹介してみます。

スポンサーリンク

髪や頭皮の日焼けの防止方法は?

せっかくの夏、「海水浴やプール遊びをするな」というのでは、予防とは言えません。遊びに行かずに、クーラーのきいた自宅でひっそりとゲームなんていうのでは、子どもたちも楽しくありません。遊びに行って良いのです。ただ、頭皮や髪の毛が日焼けするのを予防することを怠らないでください

まず、必ず帽子をかぶってください。帽子をかぶると蒸れるのでかえってよくないという人がいますが、それは間違いです。確かに暑いのに無理して格好をつけニット帽なんていうのは逆効果です。絶対にしないでください。通気性のよい麦わら帽がイチオシです。

次に、こまめに水分補給をすることです。脱水症状は万病の元なのです。案外知られていませんが、夏の脱水症状で脳疾患を発症する人は多いです。

それから日焼け止めをこまめに塗りましょう。四肢や身体には、皆日焼け止めを塗ります。ですが、頭皮には案外塗る人は少ないと思います。本当は、頭皮が一番太陽に直接晒されているのです。ただ事前にパッチテストなどをして、自分の頭皮に日焼け止めが適合しているかどうかを確認する必要があります。忘れないで下さい。

それからこまめに水洗いをして、汗や海水をとるようにしましょう。海水や汗など、兎に角塩素を落とすようにすることが肝心です。プールでも海でも、最低1時間に一度程度は、水洗いするようにすることが肝要です。

 

夏には通気性の良い麦わら帽子が最適!

gjwgwgw絶対に頭皮や髪の毛を直接紫外線に晒さず、麦わら帽子をかぶることです。通気性がよく紫外線を遮断することができるので、麦わら帽子がイチオシです。水洗いした後にそのままにしておくと、雑菌が繁殖してしまうので、タオルで水分をよく落としてから麦わら帽子をかぶって、紫外線から頭皮を休ませてあげましょう。

帰宅後は、頭皮に優しい、刺激の弱いアミノ酸系シャンプーを使って優しく雑菌を除去し、労ってあげましょう。そして、夜は早寝して、頭皮とともに体力を回復してあげましょう。睡眠は、一番の特効薬です。

 
最後に
案外見逃しているのが頭皮や髪の毛の日焼けです。気付いた時には手遅れで、抜け毛や薄毛でジタバタすることになってしまいます。そんなことにならないように、普段から頭皮を労ってあげるようにしましょう。

実は頭皮や髪の毛は、全身の中でも、もっとも紫外線を受けやすい位置にあるのです。その上直接目につきません。取り返しのつかないことにならないように、紫外線対策を心掛けるようにしてください。

スポンサーリンク


 

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ