夏風邪の症状とはッ?!早く治す治し方を伝授!夏風邪に効く食べ物は?

夏真っ盛り。海に山にとレジャーに大忙しになる夏!
そんな時に風邪なんてひいている場合じゃない!のに、かかると結構長引く「夏風邪
早く治したいあなたに治し方を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

夏風邪の症状とは?

holgweまず、「風邪」というと、寒い時にかかるというイメージがあるので、冬などは対策をしっかりしている場合が多いでしょう。しかし夏は結構油断しているため体調を崩す結果になるようです。

冷房が効いた部屋に長時間いる汗をかいてそのままして身体が冷える冷たいものをたくさん摂取するなど、体が冷えると免疫力が下がります
免疫力が下がると風邪を引き易くなります。

それに、冬にひく風邪と夏にひく風邪はウイルスが違うというとことを知っていましたか?
ウイルスが違うため、症状が異なる場合があるのです。


夏風邪は、腸で繁殖するウイルスが原因の場合が多いので、発熱に加えて下痢や腹痛などの消化器官に症状がでることと、喉の痛みが特徴です。
喉の痛みは、咽頭炎などを引き起こし食べ物や飲み物が摂取しにくくなります。そうすると、体力が低下して夏バテの原因にもなってしまいます。

冬の風邪は飛沫感染しますが、夏風邪は経口感染です。家族で夏風邪になった人がいる場合手洗いうがいのほか、同じタオルを使うことはNGです。湿ったタオルは夏風邪のウイルスの温床となります。

 

夏風邪を早く治す治し方を伝授します!

pjgb基本普通の風邪と対応は同じですが、発熱があるからと市販の鎮痛剤や風邪薬を使うと、胃腸障害を起こすものがあるので気を付けましょう。喉の痛み・腹痛や下痢が続くときには、早めに受診して適切な薬を処方してもらいましょう。

風邪に効く特効薬は、ゆっくり寝て身体を休め、体力・免疫力を回復させることです。

そして、発熱・下痢がある場合は脱水症状を引き起こし易いので、水分をたくさん摂りましょう
特に高齢の方は定期的(1時間に1回程度)に水分補給するよう心掛けてください。喉は乾燥すると免疫力が低下し、ウイルスが繁殖しやすくなるので、痛みが軽いうちなら「濡れマスク」が効果的です。

ただし、夏風邪のウイルスは多湿で不潔な環境を好むので、マスクは早めに交換し、常に清潔なものを使用してください。

スポンサーリンク

夏風邪に効く食べ物とは?

pfe夏はただでさえ食欲不振になりがち。食欲が落ちると体力・免疫力が落ちるので要注意です。夏風邪も同じ。体力・免疫力回復が治す1番の近道です。

そんな時におススメなのは「ビタミンB」

食欲がある。喉の痛みもまだそれほどでもないという軽度なうちには、うなぎや豚肉・大豆などがオススメ。摂取した炭水化物を素早く糖分に変えてくれる力を持っているので、消化が早く老廃物を代謝して疲労回復にいいです。

次に「ビタミンC」

野菜に多く含まれていますが、夏野菜であるトマトやナスには体の熱を下げてくれます。
後、発酵食品はウイルスで乱れてしまった腸内環境を整えてくれます。
少し悪化した場合は、食事は揚げ物・炒め物は控え、おかゆや野菜スープなど胃腸に優しく喉の通りがいいものがいいでしょう。

 
最期に
大事なのはバランスのとれた食生活と規則正しい生活です。
発症する前に体の免疫力で対応するには、生活習慣を整えることがとても大事です。ストレスの解消法なども知っておくといいと思います。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ