妊娠中の風邪!妊婦が風邪薬を飲む事での赤ちゃん・胎児への影響は?

ghrhs 初めての妊娠

お腹の中に宿った、ひとつの小さな命

ママのお腹の中は暖かいですか?

幸せな一方、この子は健康に育つのだろうかと心配されるママさんは多い事でしょう。

初めての妊娠の方は特に「何がダメで何が良いのか」お調べされているのではないでしょうか?

ここでは、妊娠中に風邪薬を服用すると赤ちゃんにどんな影響が及ぶ可能性があるのかをお伝えします。

スポンサーリンク

妊娠中に風邪薬を飲んでもいいの?

基本的にはダメです。

風邪薬の中に含まれている抗生剤などは、胎児に影響する可能性があります。

 

妊婦が風邪薬を飲んだ場合の赤ちゃん・胎児への影響は?

妊娠初期症状を風邪と間違えて、薬を服用してしまったママさんは少なからずみえます。

風邪薬を服用する事でどのような影響が生じるのかをまとめてみました。

妊娠0〜3週
この時期は問題ないとされています

妊娠を知らずに風邪薬を服用された方はとても心配されている事と思いますが、この時期に薬を服用して、その後胎児に影響があったという立証はありません。

妊娠4〜7週
中枢神経、心臓、手足が形成される時期です。

この時期に風邪薬を服用すると、少なからず影響がある可能性があります。

考えられる影響としては、手足の欠損・奇形、心臓の奇形です。

妊娠8〜15
大切な形成を終えた時期であり、薬の影響は少ないとされています。

しかし、外性器・口蓋などが形成される時期なので、薬の使用は控えた方が良いです。

考えられる影響は、外性器の奇形・口唇口蓋裂(みつ口・口蓋裂ともいう)です。

妊娠16週以降
 安定期に入りました。この時期に入ると奇形の心配はなくなります。風邪薬の服用は、医師に相談して安全な薬を処方してもらって下さい。

スポンサーリンク

どうしても風邪症状が辛い場合は?

赤ちゃんの事が大事だから、風邪薬を服用したくない、

でも、どうしても辛い。

わかります。そんな時あります。

実際、私も妊娠中に胃腸炎になり、悩み苦しみました。

インフルエンザ、ノロウイルスなどにかかると、辛くてたまったものじゃありませんよね。

そんな時は、速やかにかかりつけの医師・産婦人科に受診して診察をしてもらいましょう。

安全性の高い薬の処方〜入院など、なにかしら施してもらえます。

辛い症状を我慢する事は決して赤ちゃんに良くありません。

お腹の中でママの事を想って心配する事でしょう。

赤ちゃんは生まれる前からママが大好きなのです

 
最後に
gsgaga妊娠に伴い、身体と心の変化に戸惑っている事と思います。

なんでこんなに泣けるのだろう、なんでこんなに不安なのだろう、とご自身を責める方もいると思います。

でも、ママ。

赤ちゃんは、そんなママも大好きなのです。

ママに早く会いたくて、抱きしめて欲しくて、愛して欲しいのです。

身体が辛い時、心が辛い時、「今日はママ、えらいんだぁ。◯◯ちゃんは元気?早く会いたいね」など赤ちゃんに話しかけてみてはいかがでしょうか?

話しかけてもらえた事にきっと赤ちゃんは喜ぶ事でしょう。

ママは、喜ぶ我が子を想像してみて下さい。

生まれてくる我が子を想像してみて下さい。

楽しみになりませんか?

穏やかな妊娠ライフが送れますように願っております。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ