疲労骨折の症状は?痛いぞ!その治療方法【疑問解決はココ!】

jlvsvgsgvs

スネ・足・足首・くるぶし・手首・助骨・腰・かかと・足の裏などが痛いぞ!
それは疲労骨折の症状なのでは?症状と治療法について記事にしました。


この記事を見ていただいているということは、
自身に疲労骨折の疑いがあるのか、もしくは友人や大切な人に疲労骨折の疑いがあるのではないでしょうか。
または、実際に疲労骨折確定の方だったり。。。

次の試合まで時間が無いなど、、早く治したい方もいるでしょう。。。

そんな方にも、完治までの期間や、治療方法、早く治す方法を紹介します♪

スポンサーリンク

◆疲労骨折とは?『なんだ?』

疲労骨折とは、練習等でひとつの部分に負担がかかってしまうことにより、骨において『ヒビ』が入ってしまうある種骨折なんです。

一般的に、こういった小さいヒビというのはいつの間にか治っているものです。
ところが、自然回復力を超える負荷が何度もかかり、骨に『ヒビ』入ってしまうとそのうち、疲労骨折になるということです。

例をあげますと、ハリガネを何回も、引き伸ばしたり曲げてみたりしてみても
切断されますませんが、いずれ一瞬で切断されるのと同じように思います。
ハリガネのでのこれを金属疲労といいます。

同一の運動に取り組んでいると、負担の掛かってくる部分は一か所に集中することが多いです。
何度も連続されるとので骨の修復より骨への負荷の方が大きくなり自然治癒できなくなります。

転んだり、強打により骨折するのは 外傷性骨折と呼ばれ、疲労骨折というのとは分かれます。

主な症状としては、痛みや腫れなどがあります。
運動時に痛い場合もあれば、安静時にも痛みが続く場合など色んなケースがあって、わかりづらい。

凄い痛みを感じないので、我慢してしまうんですね。
特に部活に励む学生さんは頑張り屋さんですからね。先生にも言いにくかったりもしますから。

不適切な練習のしかたが理由で 疲労骨折してしまうので、用心してくださいね。

 

◆疲労骨折の症状『痛いぞ!』


運動をする最初の方に痛くなって、その途中はその痛みが少なくなり、運動終了してから急に痛くなったりします。休息している期間はその痛みはでないことが多いのです。

結構やっかいですね、この疲労骨折というには。。。

また、押すと痛みがあったり、腫れたりするのが、初期の症状になります。

痛みがそれほど強くないというのがその症状の特徴となります。

 

◆疲労骨折の全治までの期間『どの位かかるの?』

『約2か月』ですね。

運動を控えなければならない期間は2~4週間

この点は症状のレベルにて違ってきます。

そしてだんだんとリハビリしていって、また運動できるようになるまでに2か月程度かかってしまうことがあるということです。

2か月は長いですよね。『次の試合が近いんだ!!』
早く治したいですよね。

gjsdgsdgs

◆治療方法『先生!助けて!』

ややこしいことは、初期の状態ではエックス線では分からず疲労骨折と判断が不可能な時があるようです
なので、数十日間過ぎての改めての検査になります。

細かな検査をしないうちは分からないこともあるようです。
疲労骨折だと診断されないということで、練習をやり続けてしまったら、今以上に症状が悪くなることもあるんです。

疲労骨折は慢性化するこがありますので、それは絶対に避けたいですよね。

将来にわたって痛みに耐えなければならなくなるかもしれませんので、絶対に無理せず、運動は我慢、絶対安静にして、完治まで我慢・安静にしてください。

将来ある若者!そして皆さまの未来の為に!


スポンサーリンク

◆早く治す方法!『早く治したいよ!』

jpgsgsgds

カルシウムを摂って骨を強固にするんだ!ということで牛乳だけをたくさん摂る方もいるのは分かりますが、なんと牛乳のみで吸収できるカルシウムの量というのは少ないんです。

摂ったカルシウムを吸収することを狙って、ビタミンD・ビタミンKなんかをセットにして摂り入れるといいと言われています。

それと、骨にはタンパク質だって無くてはならないのです。


こんな食事のススメ
摂ったカルシウムの吸収を促す為に牛乳・小魚+ビタミンDがたくさん含まれる卵・キクラゲ・椎茸を食べることをおススメします。

だけれどやはり、骨を強くするにはカルシウムのの他に、タンパク質・リン・ビタミンD・ビタミンC等に色々な栄養分を摂ることが必須で 偏りのない食事を意識する完治までの近道かもしれないですね。

練習を休息するのは嫌でしょうが、休まずに運動を続けてしまうと、今以上に完治までが長期化してしまいます。

我慢して、休んでください。それが完治への最も近い道です。

基本的には安静にしなくちゃいけませんよ!

でも、どうしてもトレーニングしたければ、痛くない部分を鍛えるということもできます。
筋トレですかね。この機会に普段使わない部分を鍛えることで、新しい自分・プレースタイルを見つけることができるかもしれませんからね♪でもほどほどにですよ♪

 
疲労骨折を起こしやすい歳と部分
7歳くらい~成人中年くらいの広い範囲の歳の方が起こすものですが、はるかに12~18歳位に多発します。
統計によると16歳位が一番起こすことが多いようです。

まだ出来上がっていない体に無理をさせて不可をかけるわけですので、理解できますよね。

なので、高校生になるとある程度、負荷にも耐えられるようになり疲労骨折も少なるのでしょう。
疲労骨折が起こることが多い部分は競技より異なりますが、特に下半身ですね。その中でも、スネです。

あなたもスネだったりしますか?

スネについては、飛び跳ねる回数が多くなるバスケ・バレー、 陸上競技等々で多くなるようです。

足の甲・指なんかも、競技全体的に多くなっているようです。

やはり競技によって、負荷のかかる部分というのが違っており、また決まっている為、
競技ごとに疲労骨折を起こしやすい部分が違ってくるんです。

疲労骨折、、厄介なものです。
練習・トレー二ングしたいけど、出来ない!!

そんな我慢が必要が必要となりますが、、、、
苦しいとは思いますが、絶対安静ですよ。

先ほども言いましたが、慢性化は絶対に避けたい。また完治前に運動してしまうと、完治までの期間が長くなってしまいますから、要注意ですよ!!

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ