症状悪化?!熱中症になった時はお風呂に入っていいのッ?

入浴時にもからだの水分は失われます。熱いお湯に長く浸かる間に熱中症…という話も珍しいことではありません。
熱中症にかかってしまった場合の入浴、もしかかっていなくても注意しなければいけないこと、それぞれ知っておきましょう。

スポンサーリンク

熱中症になったらお風呂に入っていいの?

hpoerhwお風呂場は閉めきられた空間です。湿度も温度も高くなりやすい環境なので、お風呂場の換気をまめに行いましょう。
また、熱中症にかかった人はとくに注意が必要です。

熱中症になった場合は、いつも通りにお風呂に入らない方がいいでしょう。
症状悪化の原因になりかねません!

症状がみられたときは、医師の診察を受け、症状に適した治療や処置を受けていると思います。
無理をせず、その指示に従うことが最優先です。

 

熱中症になった時の入浴方法!

hpgwgw健康な人にとっても、入浴はからだにある程度負担がかかります。
そんなときにおすすめなのが半身浴!半身浴とは、湯船のお湯をみぞおちより下までにして浸かる入浴法です。

しかし熱中症の症状によっては、上記と同様に無理は禁物です。
どうしても汚れが気になるときには、濡らしたタオルで拭くなど工夫したほうがよいでしょう。
熱中症でからだを冷やすようにといわれたので水風呂に浸かる…と考えるのは危険です。
急激な温度の変化にからだがついていけなくなります。

スポンサーリンク

お風呂で熱中症になることも…

入浴時、40度くらいのお湯を湯船にはって1日の疲れをとる人が多いと思いますが、そのお湯に10分間浸かると500mlもの水分がからだから失われるといわれています。

夏は日中にたくさん汗をかきますが、十分な水分補給ができていないまま入浴時に汗をかくと、からだの脱水状態はどんどん進んでしまうことになります。脱水症に陥らないためにも、入浴の前後に水分を摂る習慣を心がけたいです。
また、入浴後にすぐ眠る人も多いと思いますが、入浴後は新陳代謝が活発になり、寝汗をたくさんかく可能性があるので、水分摂取は一度にたくさんではなく、こまめに摂るのがポイントです。

水分補給時に気を付けることは、
●こまめに摂る

⇒のどが渇いたと感じるまえの補給を心がけましょう。

●カフェインの含まれる緑茶、コーヒー、ビールはほどほどに
⇒カフェインを多く含むものは強い利尿作用があります。補給したと同時にからだの水分が失われていき、それは水分だけでなくミネラルも奪っていきます。ビールを飲んで、サウナに入ったり、熱い湯船に浸かる行為はとても危険といえます。

●じわっと汗をかいたときにはミネラルウォーターを、たくさん汗をかいたときには牛乳やスポーツドリンクを
⇒流れた汗には、ナトリウムなどのミネラルが含まれています。塩分が不足すると脱水状態からの回復に時間がかかるため、スポーツドリンクなどのからだから失ったものをすべて補給できる飲料が望ましいといえます。しかし、すこししか汗をかいていない場合にそれを飲むと塩分や糖分の摂りすぎになってしまう恐れがあるので注意が必要です。hpgwgwq

 
最後に
入浴する効果として、夏バテの防止や冷え性対策、安眠などが挙げられていますが、体力を消耗している人や体調が優れない人は、入浴がさらに悪化させる要因になることもあります。熱があるときにお風呂に入らない、予防接種をした夜は湯船につからないというのも同じ原理かもしれませんね。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ