痛風にビールはダメって聞くけど日本酒や焼酎などのお酒もダメか?!

痛風で悩んでいる男性は多いです。日本には、大体60万人以上痛風患者がいると言われています。
その内の90%が男性です。風に吹かれても痛い、と言われるほど足の親指が痛み赤く腫れ上がったら痛風発作と思ってください。

今回は、そんな痛風に関して調べてみました。

スポンサーリンク

痛風の原因は?

lsfgsgs痛風は、西洋には昔からありました。日本では明治維新前まではなかった病気です。
痛風が特に増えだしたのは、1960年代以降のことです。原因は、食生活の欧米化と言われています。

動物性蛋白質や動物性脂質の過剰摂取と言われています。戦前までは、一汁一菜、質素を旨としていた日本人が、敗戦とともに、占領軍の占領政策の一環で生活習慣や食生活の欧米化が進み、肉をよく食べるようになった結果、痛風が男性たちの間に広まったのです。

痛風は、痛風の先にもっと怖い病気が控えています。痛風から肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病と生活習慣病が合併症として表れ、動脈硬化へと発展するのです。その結果、心筋梗塞や脳梗塞の死と背中合わせの病気を誘発することになります。

故に、俗に贅沢病などと呼ばれるのです。

 

痛風にビールはダメ?

hldsgsgsビールが痛風にはよくない、ということは広く一般に知られています。
ビールが、痛風の原因である血清尿酸値を著しく上昇させることは証明されています。ビールが、他のアルコールに比較すると血清尿酸値を上昇させ易いことは確かです。

それでは、何故ビールは良くないのでしょうか。それは、ビールには、どのアルコール類よりも多くのプリン体が含まれているからだと言われています。

そして、ビール1本あたりに含まれるプリン体量は20mg程度で、他のものよりも多いですが、飛び抜けて多いというわけではありません。ただ、ビールは1本では済まず、何本も飲んでしまうから問題なのです。

スポンサーリンク

ビール以外のお酒もダメなの?

gwdjgwgwビールがダメなのはわかりましたが、それでは他のアルコールはどうなのでしょうか

結論から言うと、量を過ぎなければ・・・ということです。
アルコールには、アルコールを分解する際に尿酸を産生し、尿中尿酸排泄障害を阻害する働きがあります。よって、血清尿酸値が上昇してしまうのです。

そういう訳で、プリン体を含まない焼酎やウイスキーなどの蒸留酒を飲酒しても、血清尿酸値は上昇してしまいます。ということで、どんなお酒でも、飲み過ぎは痛風を引き起こす原因になってしまうということなのです。

唯一、ワインだけは、血清尿酸値を上昇させにくいので、痛風を起こさないと言われます。そのワインでさえ、実際にはワイン愛好家にも多くの痛風患者がいることを考えると、やはり量を控えてほどほどにということが肝要なのでしょう。

 
最後に
痛風には、ビールだけでなくどんなお酒も良くありません。問題は量です。
飲み過ぎれば、ビール以外のお酒でも同じように痛風を引き起こす原因になります。

要は、飲み過ぎは、ビールであれ、焼酎であれ、痛風を引き起こす原因になってしまうということなのです。
よく肝に銘じましょう。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ