足がムズムズする、痒い…それはむずむず脚症候群!原因と対策を解説!

むずむず脚症候群、って名前、聞いた事がありますか?

申し訳ないけど、変な病名、って思ってしまいますよね?

でも、実際に、レストレスレッグスシンドロームと呼ばれ、場合によっては、命の危険も考えられる、そこそこに怖い症状でもあります。

%ef%bc%91

聞いた事が無ければ、余計に早く知りたいですよね?

詳しくお教えしましょう!

スポンサーリンク

むずむず脚症候群で現れる症状

この症状は、脚と言う名前がある事からも分かる通り、脚に症状が出ます

大きく4つの症状が出てきます。

それは、皮膚のすぐ近くではなく、足の内部
奥の方で感じます。

1つ目が足の不快な感覚と、足を動かしたいと言う強い欲求です。

不快な感覚とは、ほてる虫が這う痛い痒い等様々な表現を用いられます。

2つ目は、じっとしている時に、そのような症状が出ると言う事です。

3つ目。足を動かす事でその症状が消えると言う、まるでからかわれているような、不快感があります。

4つ目。夕方から夜にかけて、症状が強まります

特に、眠ろうとするときに現れやすいため、不眠の原因にもなります。

 

むずむず脚症候群になってしまう原因とは?

ではその原因は何でしょうか?

その前に、発症のパターンに二種類があります。
1つずつお知らせします。

1つ目。突発性(一次性)と言う診断。

発症のメカニズムもよく分かりません。

命の危険もありません。

しかし、じっとしなくてはいけない時に動かしたくなりますので、無意識のうちに足がぴくぴく動いてしまう、周期的四肢運動障害を伴う事が多くなります。

そうなると、睡眠障害により、仕事や家事、生活そのものの質の低下につながり、ひいてはうつ病を発症する事もあります。

2つ目。これが問題なのです。

突発性も、うつ病までいっては、軽いとは言えませんが、二次性と言われるタイプの場合、基礎疾患によっておこるものです。

ですから、放置すれば基礎疾患が進行する事も考えられ、重大な病気になる事も考えられます。

その原因疾患としては、パーキンソン病うっ血性心不全脊髄疾患関節リウマチ等が考えられます。

また、遺伝性だったり、鉄分の不足だったり、と言う原因も考えられます。

妊娠による鉄分の不足も、その原因の一つと考えられます。

妊娠が分かった場合は、意識して鉄分を撮るように心がけたいですね。

鉄分の不足は、ドーパミン生成に問題が出てきます。

すると、運動や感覚の異常な興奮が症状として出てきます

これは、交感神経の活発な活動を誘発し、血圧を上げたり脈拍を増加させたり心臓や脳血管への負担を余儀なくします。

ですから、心筋梗塞や脳卒中、うつ病等の発症リスクが、むずむず脚症候群の人は、そうでない人の2倍以上あると言われています。

こうなると、一刻も早く治したいですよね!

 

どんな人がなりやすいの?

%ef%bc%92

日本人の2~5%が患者だと言われています。

40代から70代の患者が多く、特に70代でピークになります。

女性が男性の1.5倍と言われています。

しかし、決して大人だけではなく、小児期から青年期で、患者の20~30%は発症しています。

子どもの発症の場合、ほとんど遺伝が多い事も分かっています。

ただ、子どもの場合ですと、うまく説明が出来ないため、ただ落ち着きが無いだけ、だとか、成長痛の一つだとか、診断される事もあり、親の観察も大切です。

スポンサーリンク

自分でできる対策と治療法!

なかなか厄介そうな症状ですが、自分で出来る対策はあるのでしょうか?

実は、一次性と二次性では対策が違います。

一次性ですが、まず、規則正しい生活を心がける事です。

鉄分、亜鉛、ビタミンB群、たんぱく質、糖質等のバランスのとれた食事

同じ時間の就寝

適度な運動等が挙げられます。

カフェインやアルコールの摂り過ぎや、喫煙は見直しましょう。

夜、寝る時間を遅くする事も、一つの対策ではあります。

それは、ドーパミンの分泌が、夜間は減少するからです。

実際、こうやって質の良い睡眠を、取り戻した人もいます。

また、ウオーキングやエアロバイク等、実際に足を使う事で、症状を緩和する事が可能です。

激しい運動は逆効果なので、そこは気を付けましょう。

マッサージは意外と効果があります。

いつでも、どこでもできますので、やってみましょう。

また、じっとしている時、何か集中できることを見つけるのも、対策の一つです。

次に二次性ですが、これは基礎疾患に対する投薬が主になります。

しかし、それとは別にあまりに、むずむず脚症候群の症状がひどい時は、鉄剤服用による鉄分補給

ドーパミン遮断薬、抗うつ薬、抗ヒスタミン薬等を服用します。

しかし、全て専門医の指導の下である事は言うまでもありません。

 

病院に行く時は何科に行けばいい?

ではどんな病院に行くとよいのでしょうか?

睡眠専門医や睡眠障害を診ている、精神科神経内科に行きましょう。

むずむず脚症候群は、睡眠障害と深く関わっている事から、精神科での診療が行われます。

また、神経とも深く関わっている事から神経内科も診療をします。

%ef%bc%93

 

 

最後に

ハッキリとした原因は、特定できていない症候群

だからこそ、何かの原因に思い当たる節は無いか、一つ一つチェックのいる症状です。

しかし、逆に考えると、不調になる前の、身体のサインかも知れないと考えると、生活の見直しにプラスかも知れません。

自分で対処して、どうにもならなかったら、早めに専門医の受診をお勧めします。

思い悩むよりも、思い立ったが吉日。
さあ、病院へ!

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ