足のしもやけ!最適な5つの対処法を紹介ッ!

冬の季節病であるしもやけ

寒い季節に生じやすいこのしもやけは、お肌のトラブルの一つです。

しかし、赤くてかゆみを伴うしもやけは、一度なってしまうと実は厄介なものです。

「自分には関係のない病気」「昔よくあっただけで今は大丈夫」などとたかをくくっていませんか。

しもやけはいつでも誰にでも襲ってくる病気なのです。

そこで、特に足のしもやけについて対処法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

しもやけになってしまう原因は?

%ef%bc%91

しもやけは寒さや冷えによって起こる血行障害だと言われています。

そのため、朝晩の気温の変化が著しい冬によく見られる症状なのです。

また、もともと冷え性の人によく起こりやすいので、体質や遺伝も関係していると言えるでしょう。

さらに、手足の湿度も関係しています。

もともと手足は体の末端にあるので、血液がうまく回りません。

もし手足を濡れたままにしていると、それが乾いていく段階で冷えてしまうので、しもやけの原因となってしまうのです。

特に冬は雪道を歩くことが多く、靴が濡れてしまい、さらにはその中の靴下まで濡れてしまうこともあります。

このため、足が冷えてしまい、しもやけになってしまうのです。

しもやけになると赤みやかゆみ、痛みを伴いますが、これは急な温度の変化によるものです。

今まで冷えていた手足が急に温められると、血流が急によくなることから神経を刺激してしまうのです。

例えば寒い季節での外出直後、すぐにこたつや暖房のすごく効いているところに入った場合見られる症状になります。

 

しもやけの最適な対処法・治し方!

%ef%bc%92

⒈とにかく寒さを避ける

長時間寒いところにいることを避けるようにしましょう。

現実的に難しいことではありますが、できれば寒い場所を避けるのが望ましいです。

それでも長時間いなければならない場合はきちんと寒さ対策をしましょう

手袋をする、防水加工のあるブーツを履くなどが基本的な方法です。

⒉足湯等でゆっくり足を温める

急激な温度変化はしもやけの原因になります。

そこで、ぬるま湯の足湯で、ゆっくり足を温めましょう。

また、昔からある方法で、患部を熱いお湯、冷たい水に交互につける方法があります。

こちらもしもやけの対処法とされていますが、若干荒療治な部分もあるので、足に負担のないように行いましょう。

もし痛みを感じるのであれば無理せずにやめましょう。

最後に、足を温めた後はしっかりタオルで拭きましょう

足の指の間も忘れずに。
ここを忘れてしまうとまた足が冷えてしまい、しもやけになってしまう恐れがあります。

せっかく温めても最後のケアができなければ無駄になってしまいます。

細心の注意をはらいましょう。

⒊マッサージをする

足先だけではなく、手足全体をやさしくマッサージするようにしましょう。

リンパ腺をなぞるようにマッサージをすれば血行がよくなります。

足先にも血液が循環することになるので、冷えを回避することができます。

⒋市販のクリームや軟膏を塗る

しもやけに対応している薬はたくさんあります。
それを試してみるのも価値があります。

用途をしっかり確認し、使用しましょう。

ただ、人によってその効果はまちまちです。

敏感な肌をお持ちの方は病院で処方してもらった方が確かだと思いますので、しもやけが大変なときは専門医にご相談ください。

⒌湿布をはる

湿布には血行促進の効果があるものがあります

こちらもしもやけになった場合おすすめです。

しかし、全員の症状が同じように改善するわけではないので、やはり試してみて効果が見られないときはやめましょう。

スポンサーリンク

どんな人がなりすいの?

すでに上述していますが、しもやけになりやすい人は冷え性だと言われています。

もともと血行が悪いことにより冷えが起こるので、その冷えが原因でしもやけにつながってしまうことがあります。

また、かかとの高いヒールの靴をよく履く人やきつめの靴を履く人もしもやけになりやすいです。

これらの靴は足を疲れさせ、足の血流を悪くすることになるので、しもやけになる一因です。

さらに、汗をかきやすい人もしもやけになりやすいです。

汗をかいた後、体が冷えることになるので、きちんと体温調節をしていないと冷えの原因になります。

いずれにせよ、血行が悪くなる状況を作りやすい人がしもやけになりやすいので、しもやけが多く見られる冬は特に意識して行動するといいですね。

 

しもやけにならない為に!

常日頃から体質改善をすることをお勧めします。

今まで述べてきたように、しもやけは血行が悪いことに比例して起こることが多いです。

そのため、有酸素運動等で体全体を温めることが有効になります。

冷え性の方の場合は特にその体質改善をすることをお勧めします。

適度な運動は血流をよくし、体の状態を健康に保ちます。

もともとの原因の冷えがないのであればしもやけになりにくいので、体の内側から体質を変えていきましょう。

また、食生活を見直すのも一つの方法です。

ビタミンEとCはしもやけにきくと言われています。

サプリでの摂取もいいですが、できるだけこの栄養素が入った食べ物(うなぎ等)をとることによって、しもやけに強い体になっていくので積極的にとりいれましょう。

もちろんバランスのいい食事にすることを忘れないように。

 
最後に
しもやけは重症化すると手足を切断しなければいけなくなるほど怖い病気です。

もしも症状が回復しない場合はすぐに専門医にご相談ください。

そんな恐ろしいしもやけにならないためにもぜひ毎日の生活習慣を見直しましょう。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ