足のむくみの原因って病気の可能性も?むくみに効果のある解消法!

朝と夕方ではまるで別人!?
立ち仕事で夕方足がむくむ、朝はすんなり履けた靴がキツイ・・・

「むくみ」の原因は病気?

気になるむくみの正体、さらに解消法まで、伝授しちゃいます!

スポンサーリンク

なぜむくみは起こるの?

1

そもそも、むくみはどうして起こるのでしょうか?

わたしたちの体の中では、常に血液が循環しています。
体に必要な水分や栄養分を細胞へ送り届ける、非常に重要な役目を果たしているわけですね。

通常、いらなくなった水分は静脈やリンパ管に戻り、再び体内を循環しますが、この循環が上手くいかず、戻ってくるはずの水分が溜まってしまうことがあります。

これが「むくみ」の正体です。

 

原因は?

2

むくみの原因は病気?それとも一過性のもの?
一口に「むくみ」といってもその原因はさまざまですが、主に次の2つに分けられます。

(1) 一過性のもの
比較的短時間で治まり、マッサージや運動で解消することができます。

・長時間立ちっぱなし/座りっぱなし
長い時間立っている(座っている)と、血液が足に溜まり、静脈の圧が高くなります。
それによって水分が足に溜まりやすくなり、むくみの原因となるのです。

・運動不足
足の筋肉が衰えると、血液を循環させるポンプ機能が低下し、水分が足に溜まりやすくなります。
適度な運動を心がけましょう。

・睡眠不足
睡眠不足や疲れが溜まった状態が続くと、二酸化炭素などの疲労物質が溜まり、体は酸素不足の状態になります。
そうすると、酸素を循環させるために血管が広がり、流れる血液の量も増えます。
血液の量が増えると、水分量も増えるため、むくみやすくなるというわけです。

・塩分の取り過ぎ
水分や塩分を摂りすぎると、血液中の水分が増えます
そのため、余分な水分が溜まりやすくなり、むくみの原因となるのです。

(2)病的なもの
内臓や血管など、体の機能が正常に働かなくなることで起こります。
慢性的なむくみが1週間以上続くなど、急激な変化を感じたら、すぐに病院で診てもらいましょう。

・肝臓や腎臓の疾患
肝臓が弱っていると、水分が出やすくなり、戻りにくく悪循環が生まれます。
そうなると水分が足に溜まりやすくなり、むくみを引き起こすこともあります。

・血管の疾患
血管の疾患に「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」というのがあります。
血液の逆流を防いでくれる、「動脈弁」が壊れることで血液が逆流し、足に溜まってしまう病気です。
悪化すると肌が黒ずんだり、湿疹やかゆみの元になることもあります。

スポンサーリンク

病気の可能性も?

急激な体の変化は病気のサイン!

立ち仕事をしたわけでも、塩分の摂りすぎでもない。
思いあたるフシがないのにむくみに悩まされている方は、ひょっとすると体の異常が隠れているかも?

特に、慢性的な足のむくみ、痛みを伴う方は要注意です!

肝臓や腎臓に異常がないか、一度病院で診てもらいましょう。
早期発見が解決の第一歩です!

3

 

むくみに効果のある解消法!

1日5分!マッサージでむくみ解消!

(1)太もものマッサージ
太ももの付け根には「リンパ節」があり、これをマッサージすることでむくみの解消になります。

まず、あぐらをかくように両膝を深く曲げて座りましょう。
次に、太ももの付け根に両手のひらを当て、体の重みをかけて、ゆっくと圧力をかけます
これを左右それぞれ5回ずつ行います。

(2)ひざから付け根のマッサージ
軽くひざを曲げて足を前に伸ばし、床に座ります。
そして、両手で包み込むようにしながら、ひざから太ももに向けて、なでるようにマッサージしましょう。

力は入れず、ゆっくりと行ってください。
太ももの裏側、内側、外側と、3か所に分けて行います。
これを左右5回ずつ行いましょう。

(3)ひざの裏側のマッサージ
リンパ節はひざの裏側にもあるので、こちらもしっかりとマッサージしましょう。
ひざの裏側にあるへこみ(ひかがみ)に親指以外の4本の指を当て、上に向けて10回さすります
反対の足も同じようにマッサージし、ひざの上も同様に行いましょう。

(4)ふくらはぎのマッサージ
足首からひざの裏にかけて優しくさすります
手のひら全体で包み込むイメージで行いましょう。
こちらも左右5回ずつ行います。

(5)つま先から足首のマッサージ
まず、足首を軽く回します。
次に、足の甲と足の裏を、つま先から足首に向けてさすりましょう
さする時は、親指で足の裏を押すとさらに効果的です。
こちらも左右5回ずつ行います。

(6)最後は逆の手順でマッサージ
今度は順番を逆にして、(5)~(1)のマッサージを行います。

5
※マッサージを行う時のコツ
リンパの流れをよくするマッサージなので、最も血行がよい入浴後がよいでしょう。
また、飲酒後のマッサージは避けてください。
妊娠中の方や病気をお持ちの方は、主治医の先生に相談し、指示に従いましょう。
足湯でむくみ解消!
むくみは血行不良が原因でもありますから、血行をよくする足湯は効果的です。

リラックス効果で血行促進!
足湯によって副交感神経の働きがよくなり、緊張がほぐれることで血行がよくなります

肝臓機能もUP!
肝臓は一定の体温を保つために熱を発しています。
そのため、足湯で体が温まると、肝臓の負担が減り、機能が高まるわけです。

足湯の方法を伝授!
タイミングとしては、寝る30分前がオススメです。
リラックス効果が高く、寝つきもよくなると言われています。

▼用意するもの
・少し大きめのバケツ(足が楽に入ればOK)
・38~42℃のお湯
・タオル(足をふく用)


バケツにお湯を入れ、足を浸けて10~20分おきます
自分の好きな香りのアロマオイルを入れると、さらに気分爽快!
お好みで試してみてくださいね。

足湯が終わったらよくふいて、足が冷えない内に眠りにつくことが大切です。
手軽にできて体ポカポカ♪ぜひ試してみてくださいね♪

4

むくみ対策グッズも効果的!
樹液シート
使い方はカンタン!
お風呂上りや寝る前に足の裏などに貼って寝るダケ!
粉末タイプもあるようなので、お好みで試してみてはいかがでしょうか?

むくみ防止ストッキング
足やせ用にも売られている着圧ストッキングなども効果的
静脈瘤などの治療に使われている、弾力ストッキングなるものも。
日常生活で使えるものなので、自分に合ったむくみ対策グッズを試してみてくださいね。

 

むくみと上手に向き合いましょう

これまでお伝えしたように、むくみには非常にたくさんの原因があります

それでも、ひとつ言えるのは、早期発見・早期ケアが大切だということです。

むくみは体からのSOS!
たががむくみと放っておかず、1日でも早くケアしてあげましょう。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ