風邪じゃないのに喉が痛い原因とは?そんな時の対処法について!

風邪の季節がやってきます。

風邪につきものと言えば、喉の痛みですよね?

ひょっとすると、風邪をひいて最初に、異変を感じる部分かも知れません。

ところが、風邪でも何でもないのに、喉の痛みを感じる事があるのは知っていましたか?

しかも、ただ単に喉の痛みだけでは済まない病気も隠れています。

%ef%bc%91

そう言う、怖い喉の痛みについて、詳しくお知らせしましょう!

スポンサーリンク

風邪じゃないのに喉が痛い時に考えられる原因と対処法!

可能性のある病気を洗い出してみましょう。

その前に、ウイルスや細菌などによる感染の痛みと、物理的な喉の痛みの場合とを分けて考えます。

【感染の場合】:人から人へ感染します

⑴風邪

症状で判断します。

ほとんどの風邪はウイルス性です。

熱、鼻水、咳と言う、複数の症状が出ます。

同じような症状が、長期間(一週間以上)続きます。

抗生剤は効果ありませんので、体力を落とさないように安静にして、市販の痛み止めや栄養剤、スポーツドリンクを飲用する方が良いです。

しかし、一つの症状が長く続く場合は、細菌性の風邪です。

つまり感染症ですので、一つの臓器が一つの細菌に感染している事なのです。

ですから、単なる風邪としては片付けられません。注意してください。

次に、その感染症を洗い出します。

⑵細菌性肺炎

喉の痛みに続き、咳が長期間止まりません

そんな時は、このタイプを考えましょう。

⑶細菌性扁桃炎

喉の痛みが長期間続くようであれば、この病気を考えてください。

喉の痛みと、鼻水が続く時は副鼻腔炎です。

⑷マイコプラズマ肺炎

喉の痛みと咳や発熱の症状から始まって、それぞれが重症化していきます

咳は、一か月以上も続くと言われています。

軽い症状で終わる事が多いのですが、重症化する事も少なくありません。

重症化すると、髄膜炎や脳炎、心筋炎やギランバレー症候群等の合併症を引き起こす可能性のある、怖い肺炎です。

【対処法】

病院に行って、抗生剤を処方してもらいます

あとは、出来るだけ人にうつさないような格好をしておく事です。

マスクや手洗いは当然。

保菌者が注意しなければいけません

あとは、出来るだけ体力を落とさないように、安静にして水分や栄養の補給に気を付けておく事です。

【物理的原因の場合】:感染しません

⑴声の出し過ぎ、タバコ、飲酒等

休ませれば問題はありません

ハチミツ入りのお湯を飲んでも、効果はあります。

⑵ドライマウス

様々な原因で起きる症状です。

歯科や口腔外科で診察、治療をしてもらいましょう。

⑶逆流性食道炎

胃液が食道を逆流しておきる喉の痛みです。

内科へ行って診察してもらいます。

⑷口腔アレルギー症候群

アレルギーを持っている人が、果物や野菜等、食品の中のある物質に反応して、体内にヒスタミンと言う物質が出来、無害な物質でも間違った反応をしてしまい、痛みやかゆみ、腫れ等の症状を発します

その症状が、鼻や口、喉に出てくるので、こう呼ばれています。

この症状は、長く続きませんし、そう怖い症状ではないのですが、どんなものにアレルギーがあるのか、知るきっかけになりますね。

ただし、食品だけでなく、花粉にも反応して起こる事もあるので、疑う時には、花粉も入れてください。

⑸喉頭がん

いわゆる、喉頭(のど仏辺り)に出来るがんです。

食べ物を飲み込む時に、痛みや違和感、異物感があったら、この病気を疑う事です。

続けて、声のカスレが出て来たら、耳鼻咽喉科に即行きましょう。

なお、診察の結果、喉頭に癌は無かったものの、声のカスレが続く場合、甲状腺や食道の精密検査をお勧めします。

⑹咽頭がん

喉頭がんよりもっと喉の奥。

食道とつながる付近に出来るがんです。

この病気の場合も、まず飲み込む時の違和感や異物感が先です。

そして、声のカスレが出てきます。

さらに、咽頭痛も出ます。

こういう症状が一か月も続くようであれば、やはり耳鼻咽喉科直行です。

【対処法】

⑶以降は、基本的に専門医に診察してもらう事です。

喉と言う食べる事にも、呼吸する事にも関わる大切な部位ですので、少しでも違和感や異物感を持ったら、『これくらい、大丈夫だろう』ではなく、『大丈夫じゃないだろう』と、危機管理能力を生かしてください。

特に、喉のがんは転移する場合、顎関節下のリンパ節がほとんどで、距離的に近いので転移の可能性があります。

スポンサーリンク

喉が痛い時に避けるべきこと!

%ef%bc%92

喉が痛い時には、喉が炎症を起こしている事を理解してあげましょう。

炎症ですから、熱を持っているはずです。

外から冷やしてやると、気持ち良くなります。

ですから、喉が痛い時に避けるべきことは、熱をそれ以上上げないようにする事ですね。

まず、刺激を与えない事酒やタバコ激辛の食べ物アツアツの飲み物等を避けるべきでしょう!

さらに、乾燥させない事

激しい運動もダメです。

また、耳や鼻にもつながっている部位ですから大切に扱ってください。

喉に入った細菌が、耳や鼻にも入り込んで、別な感染症を起こす事も多々あります

そちらの部位の異常も、見落とさないようにしたいですね。

ただ、咽頭炎、扁桃炎、物理的な炎症の場合、外から喉を温めても気持ちよくなることがあります。

これは、酷い病気でなかった時には、自分で合う方法を選んでも良いでしょう。

 
最後に
たかが喉。されど喉ですね。

粘膜で覆われている体の内部。

さらに鼻と同じく、外からの細菌やウイルスの侵入を、最初に防ぐ部分

非常に、大切な役割を持っています。

くれぐれも注意して見守り、健康の守り神として長く大切にしたいものです!

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ