風邪薬の服用が生理に悪影響を与える?!生理が来ない?!

hjovsdsa「風邪を引いたら、薬を飲んで早く治しましょう」と、言わんばかりのCMコマーシャルがよくテレビで流れていますね。

風邪を引いたらお医者さんにかかられる方も多いのではないでしょうか?
風邪薬を服用していたら、生理が遅れたそんな経験はありませんか?

気のせいかしら…。今月はちょっと遅れただけよね

待ってください!

ただ遅れただけとは、考えない方が良いのかもしれません。

風邪薬の中には、生理不順にさせたり、生理に異常をきたす「副作用」があるものがあるんです!!

そこで、どのような風邪薬が生理へどのような影響をもたらすのかをご説明させて頂きます^_^

スポンサーリンク

生理を遅らせる原因となる色々

生理が遅れる大きな原因は、排卵がスムーズに行われていないから

えっどういう事?!と、焦る方もみえると思いますが、「生理が遅れる=排卵が遅れている」なので、卵子に問題があるという事ではありません。女性のホルモンバランスの素である卵巣はとてもデリケートなのです。

生理が遅れる、排卵がスムーズに行われていない原因として

・ストレス

・不規則な生活

・ダイエット、肥満

薬の副作用

が、挙げられます。

その一つと噂される風邪薬の副作用は?

主に生理不順・生理異常です。

生理不順
最後の生理から39日以上こない、又は、24日以内にくる症状です。

生理異常
普段より出血が大量・極少量や、頻繁に生理がくる(無排卵周期症候群)といった症状です。

スポンサーリンク

風邪薬服用の生理への影響は?

市販薬の風邪薬

薬の副作用の説明欄に、月経不順・月経異常と記載されているものがあります。

月経とは生理の事で、この事が表記されている薬は、生理が遅れたり、短期間で頻繁に生理がくる・普段とは出血の量が極端に違うといった異常が起こるなどの副作用があるという事です。

医師から処方される風邪薬

どこの病院でも処方される抗アレルギー剤、抗ヒスタミン、オキサトミド薬などには、生理不順・生理異常の副作用があります。詳しくは、厚生労働省のページに載っていますので一度覗いてみてはいかがでしょうか?

↓厚生労働省引用↓
http://www.umin.ac.jp/fukusayou/adr126d.htm
 

最後に

自覚がない方・自覚がある方を含め、風邪薬を飲んで生理が遅るといった症状が出た方は多いと思います。

しかし、だからと言って風邪を引いたら薬を飲まずには居られない事もありますよね。

もし、その後の生理に異常が出たらこの記事の事を思い出して頂けると嬉しいです^_^

又、頻繁に生理が来るといった生理異常は、無排卵周期症候群が疑われますので、そのような症状が出た場合には速やかに婦人科へ受診をしてくださいね。

以上が、風邪薬による生理への影響でした。

ありがとうございました^_^

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ