おすすめ断食ダイエットの方法と効果を本気で紹介しますッ!!

これから、暑くなりだんだん薄着のファッションに!
そんなとき、「この身体」(―_―)!!「なんとかしたーい」(*^_^*)
と思っている方、多いのでは?
ファッション雑誌や店舗でも、そろそろ夏仕様の素敵な洋服がずらりと勢揃いしてきましたね!

hlowgwあと○○kg!!すっきりしたい♪方、必見です(*^_^*)

今回は、断食によるダイエット方法をご紹介します!

スポンサーリンク

断食によるダイエット効果とは?

howqe断食」というと、「つらそう(―_―)!!」、「そのあとのリバウンドが怖い!」といった印象をもつかもしれません。

ただ、過剰に身体に食事や栄養素が常に摂取されている状態や、
余分な脂肪分や水分が体内に溜まっている状態だと実は身体が悲鳴をあげている場合もあります。
断食を行うことで、「新陳代謝を良くする」、「脂肪が燃焼しやすい」など健康的で“痩せやすい身体”にする効果があります。

では、具体的にその効果を箇条書きにします!
◆大腸を綺麗にする◆
断食により、未然に大腸がん過敏性腸症候群リスクを防ぐ効果があります。
大腸内にある所謂「ごみ」を掃除・排泄し、腸を綺麗にする効果が期待できます。
◆毒素を排出する◆
体内には正常な機能を妨げる有害物質!が予想以上に蓄積しています。
例えば、化学物質・重金属・薬物など!(^^)!
その有害物質により実は、神経系や免疫系、内分泌系などが影響を受けています。
アレルギー自律神経失調症免疫不全が引き起こされる原因となり、断食によりそのリスクが軽減できることが期待できます。
◆脳の疲労を取る◆
現代人はとにかく疲れていますからね(*^_^*)
自分では気が付かないと思います。
脳が疲労している、ストレスを感じている人は脳の同じところが活発化、過剰に動いています。
疲労している状態の脳だと、正常な判断、決断が出来なくなりうつ病気力の低下といった精神疾患につながる可能性が大きいです。
断食をすることで余計なことは排除し、考えず、脳を休ませます。
◆ショック療法の効果◆
「ショック療法」!!と聞くと、少々大胆な響きですが(*^_^*)
今まで当たり前の様に3食、身体に摂取していた食事を「摂らない」という大胆な事をします。それを「ショック療法」と呼びます。
しかし、この大胆な変化、環境に適応する。
すると自律神経がもとの状態、普段の安定した状態に戻る効果があります。
更に、本来人間がもっている野性的な脳になり、脳の疲労バランスが改善されて、いきいきと活動しだします。
◆食べ物に対する“感覚”が変わる◆
断食をすることで、例えば「辛い物」が大好き!「味付けが濃いものが好き!」という方は味覚に異変が出てきます。断食後は味覚が正常に戻ることが期待されます。
長いですが、妊娠を機に味覚が変わるお母さんもいます。というのも「妊娠」→「出産」→「母乳」を与えるこの2年以上の期間女性は、「カフェイン」断ち、「辛い物」NGと身体に良い物を食べるようになります。すると味覚が変わり、大好きだった辛い物や偏った味を口にすると、すでに身体が受け付けなくなる状態になります!それに似ていますね(*^_^*)

スポンサーリンク

おすすめ断食ダイエットの方法!

hhweq断食」とひとことでいっても、世間ではたくさんの断食方法がありますね。では、前述の効果も期待でき、かつ普段の生活に比較的取り入れやすい断食ダイエットの具体的方法をご紹介します!
その名も『』手に入れる!48時間だけフルーツで断食
です(*^_^*)

hoperhw

これだけは守りましょう!3箇条!


  • 2日間のみ行うこと。それ以上は続けない。
  • フルーツ以外も摂取しましょうね。栄養不足になります(*^_^*)(詳細はまたこのあとで)
  • 生理中は避けましょう。そして、途中体調が悪くなったら即やめましょう。
 

48時間だけフルーツ断食!期待できる効果は?

・脂肪燃焼・代謝が上がる!
フルーツにはビタミンミネラルが豊富に含まれています。そしてフルーツの良いところは、適度に糖分が含まれているところです。
糖分を摂取しない断食方法が多い中、フルーツでの断食は、糖分を摂取するため、飢餓感が感じられず身体に栄養を補いながら脂肪を燃やしていきます

・カリウムによる排泄、むくみを取り除く
フルーツには、老廃物を排泄してくれる「酵素」が多く含まれています。
また、カリウムも豊富ですので体内にある余分な塩分、ナトリウムを排泄してくれる効果が期待されます。
むくみを解消してくれます。

・疲れ、だるさがとれる!スッキリする!
次々と口に食べ物を摂取していた日に比べて、断食している期間はその食事を消化するためのエネルギーを使わないで済みます。
胃腸、内臓が休まり、リフレッシュ効果が期待されます。

 

具体的にどうやってやるの?

導入食期 『1~2日目』
肉、豆を食べましょう。つまり代謝する力を断食前につくっておきます。
また、前日お酒類のアルコール類は控え、夕食は軽くする。
そして、遅くとも20時くらい迄に、夕食はすませ、それ以降は水分補給、軽くノンカフェインの麦茶、ハーブティくらいにしておく。

断食期 『3~4日目』
果物を何回食べるという規則はありません。好きに食べる
但し、午前中は「一種類」というのが効果的です。
何種類もの果物を摂取すると、フルーツに含まれる複数の酵素が反発してしまうためです。
午前中は体内の排泄と浄化が高まる時間帯です。酵素のパワーを活かすためにも1種類にすると効果的です♪

1日3回、間食のペースにすると、「リズム」が整いやすくなる!

果肉の触感が残る、食べ応えのあるジュースで摂取!
固形で摂取したいところですが、ミキサーにかけてジュースにしたほうが胃に優しく、消化吸収にエネルギーが使われなくなります。
断食の効果がアップしますよ♪

南国産のフルーツは身体を冷やすため、避ける。補給する水分は、水、ノンカフェ類にする!

身体に負担のかかる激しい運動は避けて!普段通りの生活を送りましょう。

回復期 『5日目』
リバウンドを避けるためにもここで、だんだんと普通食に戻すようにしましょう。

夜はおかゆ、ぞうすい、日本そばくらいの炭水化物にする!
いきなり、白米、ご飯を食べたらドカ食いの危険性大。さらに、身体は思っているほど急に重い食事が受け入れにくくなっています。「消化のよいもの」という視点で食事選びを!

吸収されにくい食事、糖質・脂質の多いもの、小麦加工品や乳製品類は避ける!
果物や野菜類におみそ汁など、まずは軽い食事にして胃に急に負担がかかるものは避ける!

徐々に豆腐、卵といったタンパク質も増やしていく!
断食の効果を持続させる、リバウンドを防ぐには、「徐々に回復させる」がポイントになります!

 

注意点!

注意点は2点あります。
①断食を始めると、最初身体に異変が生じます。症状でいうと、頭痛や吐き気、腰痛といった医学用語では「好転反応」といいます。ただこの反応があまりにも強すぎる場合は、途中で断食はやめましょう。

②リバウンドに注意!断食後、身体がエネルギー不足を感じて、「もっとエネルギーが欲しい」とリバウンド現象が起こる場合があります。このリバウンドを避けるためには、断食後、即普段の食事に戻さず、「回復期間」を設けて回復食を摂る期間を必ずもうけましょう。



最後に
hogwgwgメタボ」など、日本のみならず、最近社会全体が「太っていること」=「悪」・自己管理が出来ていない(―_―)!!
なんていう風潮があります。重要なのは、身体が健康であることなので、断食を上手く使って、疲労している脳を休める、高ぶっている神経を休めることも念頭におき、「ちょうどいい」自分を手に入れましょうね!

身体が健康な状態でいると、好きな洋服も着こなせる。心も健康になる。毎日が楽しくなる!健康的な毎日が送れる自分を手に入れましょう(*^_^*)

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ