もう痛い口内炎にはなりたくない!代表的な3つの原因とは!?

美味しいものを頂いているとき・・・。口のなかに「口内炎」が出来ていると、痛い~!!
なんて思いをされたことありませんか? falgag口内炎があると、いちにち憂鬱だった、お醤油がしみたり・・。なぁんてことありますよね!そこで、口内炎はなぜなるの?効果的な治療法は?をまとめてみます♪♪

スポンサーリンク

口内炎になる原因は? 

口内炎には、いくつか種類があります。そもそも「口内炎」とは、口の中、またその周辺の粘膜に起こる炎症の総称をいいます。最も多いのが、「アフタ性口内炎」といい、体調が悪い時にできやすいといわれています。

なぜ口のなかや周辺に出来るのでしょう?
口の中や周りは「食事をする」、「呼吸をする」、「唾液などがつく」等々、常に最近やウィルス、ほこりが付着したり、侵入しやすい箇所です。

さらに、口は、のど、鼻、更には内臓ともつながっているため、知らないうちに様々な細菌が侵入してくるため、炎症が非常に起こりやすい部位なんです!!

では、口内炎の代表的な原因を3つまとめます。

「アフタ性口内炎」:疲労や免疫力の低下が原因

もっとも多くみられる口内炎の一種です。潰瘍性口内炎(かいようせいこうないえんともいいます)原因は、今のところはっきりわかってはいません。一般的に言われているのが、「過度のストレス疲労により身体の免疫力低下寝不足ビタミンB2が足りない」があげられています。
心当たりありませんか??

症状としては、2mmから1cmほどの円形・丸型の白いおできのようなもの(潰瘍(かいようと呼ばれています))が口のなかにできます。大体、10日から2週間ほどで自然に消えることが多いのが特徴です。

「ウィルス性口内炎」:ウィルスや細菌の増殖により引き起こされます。

ヘルペスという言葉を聞いたことがありませんか?

くちびるや口周辺にできるもので、ヘルペスウィルスの感染が原因とされています。特徴的なのは、小水疱ができることです。発熱及び痛みも伴うことが多いといわれています。

「カタル性口内炎」:物理的刺激により起こることが原因

よくほおの内側をかんで、口内炎になることがありませんか?ついうっかり噛んでしまい細菌が繁殖したり、他には何か薬品など刺激に反応して口内炎になることが原因です。「アフタ性口内炎」とどう異なるの?と思われるかたも多いでしょう。

アフタ性のように、「疲労やストレス」が原因ではない点、また症状として、口の粘膜が腫れる、水疱ができるところが異なります。

スポンサーリンク

口内炎の予防方法は?

さまざまな口内炎がありますが、どうしたら口内炎にならないの?

食生活を見直してみましょう!

kjnまずは、「バランスのとれた食生活」を送るように心がけましょう。偏った食生活や、刺激の多い食事をとり続けるのは禁物です。

「アルコール」、「たばこ」、「甘いもの」は、ほどほどに!

gerkls過剰に摂取すると口内炎を引き起こす原因になりますね♪♪
刺激の強い物や辛いものも、食べ過ぎは注意です!!ryjeje

口内炎に塩?

ghehjrkr食生活のほかに、口内炎を予防するには?そして、口内炎が出来たら?対処法をご紹介します。

まずは、口内炎にならないように、日頃から、口のなかを何と言っても清潔な状態にしておくことが予防になります。食事後には歯を磨く、うがいをし、清潔にしておきましょう。市販のうがい薬を携帯し、気が付いたときには、口をゆすぐ習慣にしておくと予防になるでしょう。

塩水でうがいをする」という予防法もあります。口のなかを常に清潔にしておくという意味では、1日数回、塩水でうがいをするという、簡単にできる方法もあります♪♪

 
最後に(簡単なまとめ)
gerjrje食生活の偏り、アルコール類、甘い物、辛い物の過剰摂取は日常生活では、避けて、口内を常に清潔にしておくことが、口内炎にならない!ための鉄則のようですね♪♪とはいえ、現代人は忙しい、食事時間もままならない!!というかたも多いはず。ビタミンB群やビタミンCをうまくタブレットで補いつつ、バランスをとりましょう!

そして、「口のなかが乾いている」状態だと、粘膜の免疫力が低下するといわれています。キシリトール配合のガムを1日のうちで適量噛むなどして、唾液を分泌させるといいですね!美味しい食事が頂けるようにも、口内環境を正しい状態にしましょう♪♪

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ