奇跡?!女性のシミを馬油(バーユ)で消す?効果と使い方!

最近、普段使う化粧品が、“実は、むかしから愛用していた○○が・・・肌に効く!”、“薬局で小さい頃からずっとみてきた○○、潤い成分が肌に優しかった♪”というお話聞いたことがありませんか?

美肌を気にするモデルさんや女優さんも、高価な化粧品と、手に入りやすい化粧品類を、うまく使い分け、お肌をきれいに保っている!なぁんていうコスメ記事をみかけますよね。

pspspog長く愛されている「馬油(バーユ)」万能効果!女性のスキンケアの強い味方ってご存知でしたか?

スポンサーリンク

馬油とは?

ofkhjh]馬油は、中国では古くからの漢方薬のひとつで、日本でも、むかしから、馬油は、安心・安全性の面から民間治療薬としても特に火傷やすり傷などの特効薬として親しまれてきました。

成分は、馬の脂肪からできていますが、人間の皮脂成分と似ているため、肌の角質層奥まで、よく浸透するというすぐれものです!馬油というと、油っぽい??というイメージを持たれやすいですが、実は非常に浸透力がよく、塗った瞬間にはべたつきがありますが、少したつと肌のなかへと浸透していくので肌表面はさらっとします 

 

馬油の使い方について 

では、毎日のケアで馬油をどう使ったらよいの?今回は、最近肌にできたシミが気になる!という方おすすめ♪シミに効く馬油の効果的な使い方をご紹介します♪

kkcf]
【朝のお手入れ】

ステップ1
お使いの洗顔剤、洗顔フォームを、軽く泡立て、やさしく“泡”で洗いましょう。ステップ2
コットンを使い、コットンで丁寧に肌内に化粧水が浸透するようにコットンパックをしましょう。水分が肌表面にあってもOK!ステップ3
馬油を手の平に5円玉くらいとります。ひたい、左右のほほ、鼻、あごに分けて、綿棒くらいの大きさでのせます。軽く、マッサージ♪♪サラサラになったら完了です。

スポンサーリンク


【夜のお手入れ】

ステップ1
クレンジングでお肌についた汚れをくるくる、指のはらを回してマッサージするように落としましょう。ごしごしせずにね。

ステップ2
朝と同じく泡洗顔をしましょう。軽く泡でまだ残っている汚れを落としましょう。

ステップ3
化粧水です。夜はスプレー式化粧水で、よく肌に水分を補ってもよいですね。次に、化粧水を使って、肌の中に浸透させるように水分をしみこませましょう。

ステップ4
最後に、馬油の登場です!シミが気になるところに、少し多めに夜は多めにつけ、ゆっくり2~3分肌内に馬油の成分が浸み込むように、やさしくマッサージしましょう。3週間ほどで気になったシミが薄くなっている!という声もあるくらいです。

馬油の効果について

馬油の持つ効能は、肌表面のバリア機能と、肌への浸透力が高いため、肌の奥にある組織にまで馬油の栄養分が到達し、肌に働きかけてくれるので結果的に血行が促進されるといわれています。

肌は数週間かけて新しい肌に生まれ変わっています。肌の代謝がよくなると新たなできる肌が“きれいな”状態にどんどんなっていくというわけです。

「良い肌」へと馬油が導いてくれ、その結果新しい肌細胞が表面にでてくると、肌色がワントーン明るくなり、気になっていた「シミ」が薄くなる!のです。

fogbkff


最後に(まとめ)
馬油の付け方のコツは、“ご自分にあった肌質の”適量を毎日のお手入れからみつけることです!つけすぎかな~、と感じた方は夜だけ、気になるシミの箇所だけ使う!などするとよいでしょう。ご近所の薬局、ドラックストアにかならずといっていい程おいてある、馬油♪♪便利で重宝しますよ!

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ