妊娠線を残さない為の予防方法!いつから予防するべき?

妊娠するとお腹は日に日に大きくなっていきます。
それに伴い、いやないやな現象…妊娠線が出てきてしまう方が多いのです。

妊娠線は、一度できると一生消えることがなく、そのために早めからのケアがとても大事です。

予防にクリームがよいといいますが、いつごろから、どんな方法でケアしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

そもそも妊娠線ってどうして出来るの?

妊娠すると、お腹がとても大きく大きくなり、皮が裂けてしまわないかな?と、ふと不思議になりますよね。

実際にはそんなことはないのですが、その心配は全く的外れでもありません。

表皮の下の組織が急激なお腹の伸びについていけず、ひびのように割れてしまった結果が妊娠線です。

1

最初は青紫っぽい数センチのスジですが、出産後も白っぽくてらてら光って消えずに残ります

人によって出来やすい体質の人できにくい体質の人がいて、もともとポッチャリした方は伸びしろが少ないため出来やすいようです。
小柄な方もできやすくなります。

妊娠中はホルモンの変化がおこり、肌のターンオーバーが普段よりゆっくりになることも原因です。

一生懸命ケアしてもできる方にはできてしまいますが、少しでも少なく、目立たなくする方法はあるので、妊娠中にきちんと手当をしておきましょう。

全く対策をとらないでいると、人によってはメロンのような状態になってしまい、とても後悔することになってしまいますよ。

 

妊娠線予防にはクリームが良いって本当?効果はあるの?

妊娠線予防にはクリームが良いという話はよく聞きます。

本当のところはどうなのでしょう?

妊娠線ができる原因は先ほど述べましたが、対策は2つ。

まずはあまり急激にお腹が大きくならないことが大切です。
だからと言って自己判断で食事制限をしてしまうことは、お腹の赤ちゃんの健康を考えても逆効果です。
産婦人科での指導通りに適正な体重管理ができていればよいと考えてください。

急に増やしすぎないことだけ気をつければ大丈夫です。

2

もう1つの大事な対策はお肌の乾燥を防ぐことです。

常に保湿を心がけることは、妊娠線予防のために効果的なケアとなります。

それには、保湿クリームを絶やさず丁寧に塗ることが一番
妊娠線予防にクリームがよいというのは本当なのです。

スポンサーリンク

いつから予防をするべきなの?

妊娠線予防には、お腹が目立ってくる妊娠5ヶ月ごろから取り組みましょう。

ちょうどつわりも終わり、食欲がぐんとアップしてくる頃です。

3

朝晩の2回、たっぷりの保湿クリームを気になる部分に塗りましょう。

妊娠線はお腹だけではなく、乳房二の腕太股お尻など、妊娠に伴って大きくなる部位のどこにできてもおかしくありません。

また、お腹がせり出してくるに従い、お腹の下側はとても見えにくくなりますので、見えないからと手を抜かず忘れずに塗ってくださいね。

臨月になってもこのマッサージは続けましょう

実はお腹の成長が著しく、妊娠線ができやすい危険な時期です。
いつ産まれるかということに気を取られ、半日手を抜いただけで一気に妊娠線ができてしまった、という話も聞きます。

ときにはパートナーに塗ってもらうことも、スキンシップを高めることに役立つと思います。

 

人気のクリームとその値段は?

妊娠線予防のためには専用の保湿クリームをおすすめします。

この時期に特有の現象ですので、妊婦さんのニーズにあった成分が配合されていますし、デリケートな肌にも対応しているので安心です。

人気なのはベルタマザークリーム(120グラム4980円)
妊娠線予防には非常に効果的で、ベトつかず、非常に使いやすいです。

次いで、コストパフォーマンスを重視するならAFC妊娠線クリーム(120グラム2800円)

また、すでに妊娠線ができてしまった方のケアには、お肌のターンオーバー促進を目指すNOCORクリーム(150グラム6980円)がおすすめです。

4

他にもいろいろな種類があり、口コミ情報も検索できますので、参考になさってくださいね。

 

最後に

できてしまったらイヤな妊娠線

ビキニも着られないし温泉にも行きたくないって、ちょっとしたケアを怠っただけでそんな気持ちになりたくないですよね。

優秀なクリームはオーガニック素材からできていたり、ハーブが配合されていたりと、使うだけで気持ちも落ち着きます。

頑張っている自分へのご褒美と考えて、ちょっと贅沢に取り組んでみる価値はあると思いますよ。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ