皆はどうしてる?鼻毛処理の方法を紹介!頻度は?どこまで処理する?

ふっと商談相手の視線を感じる…あとで鏡で確認すると、

あ、ヤバいっ!
鼻毛がはみ出してる!

でも、みんなどんなふうに処理してるんだろう?
どんな方法で?
どれくらいの頻度で?
どこまでやってる?

疑問は尽きないのにあまり話題にもできない鼻毛
ズバリお答えしましょう!

スポンサーリンク

鼻毛処理の方法を紹介!皆はこうしてます!

口呼吸より鼻呼吸のほうが身体にいいって聞いたことありませんか?

鼻には鼻毛。
でも、喉にはノド毛はありません。扁桃腺があるだけ…

鼻毛は空気清浄フィルターなのです。
外気にはホコリや汚れ、有害な物質やアレルギー源などがたくさん含まれています。

そんな外気がストレートに体内に入ってこないよう、しっかりカバーしてくれるのが鼻毛。
だからどんなに気になっても取りすぎはもっての外。

1

いろんな人に聞いたところ、鼻毛のお手入れについては、切ってる派抜いてる派の2つに分かれるようです。

また、それぞれ手近なものを利用するケースと、専門的なツールを使うケースがあります。詳しく見てみましょう。

 

鼻毛処理グッズを紹介

まず、切る派から行きましょう。
全般的に言えることですが、鼻内部の粘膜はとても繊細なので、傷つけるのは絶対にNG!

もちろん普通のハサミで注意しながら切るのもアリですが、鼻毛切り専用の、先が丸く使いやすいハサミが市販されています。

また、何と言っても便利なのが電動鼻毛カッター
鼻の穴の手前は短めに、奥は長めにと、それぞれ適度な長さに切りそろえてくれます。

2

抜く派については、粘膜保護の意味から、毛抜きで引っこ抜くのは絶対にやめましょう。

専門家によるレーザー脱毛もありますが、鼻の中が焦げ臭くてつらいなどという声も聞きます。
ブラジリアンワックスによる脱毛もありますが、どれも永久的なものではなく、お手入れを継続することが必須なのは切る派と同じ。

でしたら、筆者としてはより負担が少ない切る方をお勧めします。

スポンサーリンク

鼻毛処理の頻度は?

鼻毛処理の頻度については一概に言えません。

あくまでら伸びて鼻からみえてきてしまっては問題だということなので、気になったらということになりますが、月に1〜2度で十分でしょう。

あまり気にして処理しすぎると手入れ過多になり、大事な鼻毛を全部なしてしまいかねませんので、十分ご注意ください。

 

どこまで処理するべきか?

先に述べたように鼻毛には大事な役割がありますので、ある程度残すことが必要です。

出口に近いところは短く、奥の部分は長めに、というのが切り方の基本です。

つまり、いわゆるムダ毛ではなく、れっきとした大事な役割を持った毛なので、見えない程度に抑えることが大切です。

3

というか、逆に、見苦しくなければ敢えて処理する必要はない、と思っていただいた方が良いくらいだと思います。

 

最後に

人知れず私たちの体を上部気道炎などの病気から守ってくれている大事な鼻毛

でも、確かに人から見えてしまったら恥ずかしい。

でも、だからと言って邪魔者にばかりしないでくださいね。

お手入れはほどほどに。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ