顔のシミ取りレーザー治療は皮膚科?美容外科?どっちに行けばいいの?

jgopgsdg体質なのか、年齢なのか、顔のシミは増える一方…。市販薬の飲み薬も、クリームも、薄くはなることはあっても、なかなかちゃんとは消えませんよね。気づいたら、化粧で隠しきれないほど、悲惨なことになっていた!

という方も、少なくありません。

シミ取りレーザー治療を受けようか、検討されている方も多いのではないでしょうか?

そこで、悩める女性方のために、シミ取りレーザー治療についてご説明させていただきます^_^

スポンサーリンク

シミ取りレーザー治療について

シミ取りレーザーとは、その名の通り、シミを取るレーザー機です。シミ取りレーザーで、皮膚の表面にあるシミ部分に照射して、焼き取ることで、シミの治療ができます。

レーザーを当てることにより、痛みはありますが、現代医療は、痛みに弱い方のために、貼る麻酔などを施してくれるため、無痛で施術を受けることができるそうです^_^

料金についてですが、美容目的のシミ取りレーザーは保険適用になりません。なので、全額負担となります。

 

皮膚科と美容外科の違いとは?

皮膚科と美容外科の違いについては、主に3つあげられます

 
・専門の医師による診察
美容外科は、ひとりのドクターが脂肪吸引など幅広く施術を行います。なので、皮膚の専門医というわけではありません。もちろん、そのドクターのキャパにもより、皮膚の分野に詳しい方もいますが、専門医という安全性では、皮膚科のドクターのほうが勝るでしょう。

 
・技術
傷跡を残らないように施術するという分野では、美容外科のほうが優秀です。いかに、美しく綺麗に治すかを心がけるのが、美容外科のポイントですので、傷跡が残らないように施術を行うのが第一。

さすが、美容分野ですね。

 
・レーザー機械の種類
最近では、「美容皮膚科」というところが、増えてきました。一般的な皮膚科と美容外科より、レーザー機の種類が豊富で、症状に適した施術が行えると言えます。

では、皮膚科や美容外科ですが、そのクリニックによります。最新のフォトフェイシャルという機械があれば、古い型のレーザー機しかないところもあります。なので、治療の前に、電話で確かめると良いかもしれませんね。

しかし、シミ治療は美容分野なので、美容外科の方が、機械の種類や、経験が豊富なことが多いです

※料金に関してですが、皮膚科も美容外科も、そんなに変わりありません。

というのは、美容目的でシミを取るということであれば、保険適用にはならないからです。シミが、皮膚癌など治療が必要なものでしたら、保険適用になるのですが、病的でないシミは保険適用にはならないのです。

しかし、病的でないシミを、保険適用で治療してくれるドクターも少なからずいますので、一度皮膚科に相談してみるのも一つの手です。また、美容外科によって、キャンペーンなど行うところもあるので、その時期に施術を受ければ、割安かもしれませんね^_^

スポンサーリンク

シミ取りレーザーの効果はあるの?

シミ取りレーザーによって、皮膚の表面に浮き出たシミを焼き取ったり、中に潜むシミを焼いて薄くしたりするので、効果は大いに期待できます♪ しかし、中に潜むシミは、焼き取るといったことはできませんので、定期的にレーザーを当てて、薄くしていく必要があります。

肝斑(カンパン)が、まさにそうですね。中に潜むシミは、飲み薬とレーザー治療が有効的です。



最後に
シミ取りレーザー治療は、皮膚科か美容外科どちらが良いのか」ですが、皮膚科でも、美容外科でも料金は保険適用にならないということですし、レーザー機の種類が豊富だと思われる美容外科のほうが、良いと思われます♪

美容外科だと、傷跡をいかに目立たないように、綺麗に治す事を優先してくれますので、最善の治療を受けることが出来ます。きっと、跡にならないように、最善の方法で治療をしてくれることでしょう^_^

シミに悩める方に、少しでもこの記事が役立てれば、幸いです。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ