髪の毛の静電気の原因は?ダメージの原因にッ!!

冬の乾燥した時期。
“パチッと”静電気が起こる、少々不快な思いになったりしませんか?
jgpegwg
上着やマフラーの質?によるのでしょうか?
髪の毛にも静電気が起こりますね(―_―)!!

そしてご存知でした??
髪の毛に実は、静電気はダメージを与えていたのです。
今回は、髪にどんなダメージを与えているのは?原因についてあれこれご紹介します。
サラサラヘアを保ち、静電気から髪の毛を守りたい方!必見です♪

スポンサーリンク

 髪の毛の静電気の発生原因とは?

・そもそも静電気とは?
電気の「+」と「-」の電気で、地球上の物質は構成されています。勿論他の物質もふくんでいます♪うまく両方のバランスが保たれているときは、静電気は発生しません。
乾燥した環境になってくると、マイナス電気を物質が失い、バランスが崩れてきます。
すると、「マイナス電気」が足りない「プラスの電気」は電気を通しやすい空気を利用して金属部(ドアノブや車の扉部分)に“残っている”マイナス電気を奪おうとします。

その結果、ひとが金属部に触れた瞬間に「放電」と専門用語では静電気が発生します。

・冬になぜ静電気が多いの?原因は?
普段の暮らしから、上記でご紹介した物の「マイナス電気」と「プラス電気」のバランスを取ろうとする動きはあります。
しかし、夏場や梅雨の時期は空気中に多くのイオン(水分)が含まれている状態です。
さらに、人が静電気をあまり夏場や梅雨の時期感じないのは、着ているものの素材が綿や麻なので、比較的静電気がおこりづらい素材を着ている為です。
一方、冬場は空気が乾燥し、電気が空気中から逃げづらい環境になっています。
そこに、衣服が合成繊維(ナイロンやポリエステル、アクリルなど)を使った素材のものを着るケースが多いので、電気を通しづらい(―_―)!!

pgwggggなんと、冬場は、自然放電!せず人の体内に静電気をため込む結果をつくっていたのです(―_―)!!
もちろん、着ている衣類の素材や体質によって静電気をひき起こすか否か、個人差があります。

 

髪の毛の静電気でこんな事に困っています。

nbwhhhh・髪の表面、キューティクルが荒れる
よく、「髪が傷む」「傷つく」という言葉を聞いたことがありませんか?
どういう状態か?というと髪自体がもともとマイナスの電気を帯電しています。しかし。静電気はプラスの性質があるため、必要以上に摩擦が起こります。
それによって、髪表面のキューティクルが荒れたり、損傷します。また髪表面が傷つくことでそこから髪内部のタンパク質が出てしまい髪のダメージが加速するという悪循環が起こっています。

・毛根、頭皮に悪影響を与えている
何だか、静電気!怖いですね。強い静電気は髪の表面だけでなく毛根そのものにダメージを与えています。結果、抜け毛や切れ毛の原因となっています。

・スタイリングしづらい
朝の忙しい時間・・・。冬場、髪の毛が絡んだりまとまりづらい!と思っている方多いのでは。髪の表面が荒れているといつもの季節では上手くできていたスタイリングも思うようにいきません。
まとまりづらい・・と思う方も多いはずです。
また、キューティクルを保護するトリートメントを付けず、無理にまとめようとするとまた、髪の表面を傷つけることになりますのでご注意ください♪

スポンサーリンク

髪の毛の静電気対策!

n;ghwgwgg・加湿と保湿がポイント
静電気対策で大切なのが、加湿と保湿になります。
髪に必要な水分量は10~15%といわれていますので、マイナスイオンドライヤーの使用がおすすめです。
それだけでなく部屋の湿度を十分に保つように加湿器をおくと良いです(*^_^*)

・髪の水分を逃さない!
髪内部の水分は冬場乾燥している時期は、とかく逃げてしまいます。そこで髪表面にオイルをつけて水分を逃がさないようにしましょう。

hnopwggg
・シャンプーを変えてみる
乾燥する時期、タンパク質ケアも必要になります。そこで美容師、美容院ではトレハロース入りのシャンプーがよいとされています。ドラックストアやいつもカットしてもらう美容師さんに聞いてみてください♪
季節によって、シャンプー、リンス、トリートメントを上手く変えていくと髪も傷めずにすみますね。

 
最後に
乾燥する季節、今までサラサラとしていた髪に静電気が・・。それだけでなく髪表面や頭皮にダメージが出てしまうとがっかりですね。キューティクルや表面が傷む前に、対策をうちましょう!冬場、乾燥している季節でも、素敵な髪の毛をしていると心もうきうきするかも!!
是非、室内環境も整え、シャンプーやリンスなどの対策グッズも揃えて、静電気が起こる季節に備えてくださいね♪

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ