でべそッ!赤ちゃんがなる原因とその治し方ッ!手術で治る?

産まれたての赤ちゃん、可愛いですよね。
あれ、でもちょっとまった!おへそが!へその緒がとれても、へこまない・・・。howwww

乳児の場合、頭があれ?何だかこのあたりへこんでいない??
などなどお母さんは不安になってしまうことが多いですよね。

お腹のおへそについても、母親学級や出産した病院で、へその緒の取り方指導など病院によってはしてくれるところもあります。
今回は、へこむはず・・・のおへそがなかなかへこまず、ちょっと心配になってきた親御さん必見です。お子さん、身内でおへそがへこまずでべそ?を疑い出した方に、なぜでべそになるの?と、どうしたら治るか、手術で治すの?などについてご紹介します。

 

『でべそ』の原因とは?

jdfffss

・「でべそ」とは?
ひとことで、出べそといっても、実は2つのタイプがあります。皮膚のみが出ている臍突出症(へそとっしゅつしょう)と、腸そのものが飛び出しておへそがでている臍ヘルニアに分かれます。
一般的に子供の「でべそ」に多くみられるのは臍ヘルニアのほうです。

・なぜでべそになるの?
そこで、お母さんやご家族の方はなぜわが子が出べそなの?遺伝??などなど原因に頭を抱えますよね。一般的に生まれてきた赤ちゃんはへその緒をきり、その傷跡、おへそのかさぶたがとれる頃には、自然に腹筋と腹筋の間にあった臍輪(さいりん)と呼ばれる穴が小さくなります。
出べそになる原因はこの臍輪(さいりん)にあります。上手くこの穴が閉じずに、へそが縮んでいく過程でお腹の筋肉がくっつかずに臍輪(さいりん)から腸が飛び出ます。
この状態が「でべそ」と言われる状態です。

もしかしたら、出産後、へその緒の切り方に問題があった??という説も昔はありましたが、現在では、切り方などと出べその関係性は特にないと言われています。

 

そもそも『でべそ』って治す必要あるの?

やはりお子さんが小さい、乳児の頃は親御さんにとっては心配になりますよね。まずは出産した病院もしくは小児科医とともに、経過、お腹の状態について相談をしましょう。まだまだ皮膚、肌が成長していく段階ですので、充分に自然に治るものとも言われています。

ただ、4ヶ月頃までは、泣いたときやいきんだりするとお腹に力が入り膨らみ、何かとぐちゅ、ぐちゅッといった音がします。
何か肌着の一部がぶつかったり、赤ちゃん自身が無意識のうちに掻かないように注意を払う必要があります。

でべそについては、腹筋が発達するにしたがって小さくなると言われており、ハイハイや寝返りをうてるようになる頃、皮膚や肌もしっかりしてきて、1歳までには95%が経過観察だけで治ると言われています。

ただ、個人差がありますので、乳児健診やその他の際に掛かりつけの小児科医とよく経過をみながら相談していったほうが良いことは間違いないです。
1歳を過ぎてまだ完治しない場合、手術をすることをすすめられるかもしれません。

医師によっては、乳児の段階で手術をする場合と、もう少し、小学校にあがるまで経過観察しましょうと判断する医師もいますのでお子さんの状態と医師とよく相談をして手術をするかどうか決めましょう。

 

『でべそ』を治す方法!

・自然経過中に行うことは?
お子さんの成長に伴い、治るまでの間は、まず患部を清潔に保つことです。
かかりつけ医、医師の指示によっては異なるかもしれませんが、以前は、ガーゼを丸めたものを絆創膏で貼っていると治るといわれていましたが、今では、このガーゼや絆創膏が蒸れて、雑菌ができたり細菌の繁殖元にもなると言われています。
お湯にはいった際もキレイにする、患部をあまり不用意にこすらないなど気を付けるようにしましょう。

・手術は?
小児科医、かかりつけ医の判断、相談ののち手術という治療、選択肢もあります。

臍ヘルニアの手術の場合、お住まいの自治体によっては手術費用の負担をしてくれるところもあります。各自治体に確認をしてみましょう。

手術は全身麻酔で行われますので、痛みなどを直接感じることはありません。しかし身体が小さい、お子さん、乳幼児のお子さんがその身体で耐えますので、手術するかどうかはよく医師と相談したうえで行うことをおすすすめします。jphehew

 
最後に
産まれてから親御さんは、お子さんに身体の異変にはとても敏感になりますよね。自然経過で、徐々に成長と共によくなるものか。手術が必要なものか。
どこか身体の部位で気になるところがある場合早めにかかりつけ医に相談をしましょう。
また乳児健診のタイミング、また出産をした病院の母乳外来なども利用して、気になるところはいつでも聞くと良いですね(*^_^*)

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ