危険!?赤ちゃんの熱中症の症状と家庭で出来るケア・対処方法!

kvkkb暑い夏!お出かけしたくなりますよね♪イベント盛りだくさんの季節!公園に海に♪♪

そんな時、赤ちゃんがいるご家庭はご注意を。楽しそうに遊んでいた、寝ていた・・なぁんて思っていたのも、つかの間。あれ?!何だか様子が変だぞ!

お出掛け以外にも、炎天下、猛暑・酷暑の夏が到来する前に、「熱中症」についてご家庭でできる対処法についてまとめます♪♪

スポンサーリンク


 

赤ちゃんの熱中症の症状と気づくポイント!

kbjssニュースでも、ここ最近はよく取り上げられていますが、熱中症は、屋外に出た時だけ!とは限りません。室内や、閉め切った車内でも熱中症にかかることがあるので、真夏は充分な配慮を持った行動をとりましょう。

赤ちゃんの場合、大人と比べて身体が小さく、体温調節機能もまだ、未熟といわれています。あっという間に熱中症になってしまい、重症化する恐れがあります早め早めのケアをしていきましょう。では、どんな状態だと危ない?と思うか。

・身体、顔が普段より赤い、火照っている

・呼吸がはやい、苦しそう

・青ざめてしまっている

・泣いたり、言葉を発しない。ぐったりしている

更に、重症かと思われる状態は以下になります。

・赤ちゃんのお名前を呼んでも反応がない

・呼吸が明らかに弱い、息が浅い

・痙攣(けいれん)をおこしている

直ぐに救急車を呼びましょう!

スポンサーリンク

家庭でのケア・対処方法について

まだ、お母さん、お父さん、ご家族の方が早めに赤ちゃんがおかしい!と気づいた場合、ご家庭ですぐにできる対処法、ケアがあります。実践しましょう♪♪

・まずは、暑いところからの回避

火照ってしまっている身体。ともかく、暑い場所から涼しいところへ移動しましょう。

・できるだけ、着ているものをとり、身体全体の熱が外に出るように!

着ている衣服が身体を覆っているだけでもNG。肌、皮膚呼吸がしづらい状態です。衣服をとる、野外の場合、ボタンをはずしてあげて、なるべく身体全体が涼しくなるようにしましょう。また、寝かせるときは、「頭を低くし、足を高く」すると良いでしょう。

・わきなどの関節をひやすと良い!

高熱が出たときに、医師から薦められてご存知のお母さんもいるのでは?また、今はドラッグストアに乳児用の脇専用の冷やすものもあります♪

脇、足の付け根を冷やすと体温が下がりやすいです。脇などは冷やしづらいのでご自宅に常備しておくといいですね。

・大人と同じ!体内に水分を

大人の熱中症も同じですね。お水だけではなく、汗とともに失われた電解質を含んだ飲料水を飲ませてあげましょう。こちらも、市販のベビー専用のイオン水をご自宅に真夏は特に常備しておくと安心ですね。

 

気をつけること!注意点!

kkbhbまずは、夏の暑い日は無理をしないことですね。このくらい大丈夫!なぁんて頑張ってしまうと、赤ちゃんは、新陳代謝が活発で、そもそもの体温が大人に比べて高い。そして、症状を当たり前ですが、訴えられない・・・。ご家族は、夏の外出では、赤ちゃんの状態をよくみてあげましょうね♪そして、午後の暑い日差しのなかなどは、なるべく外出は避けたほうがいいでしょう。

帽子も忘れずにね。頭部への直射日光を避けるようにしましょう♪歩きたがる赤ちゃんは、首の背後への直射日光を避ける工夫もしてあげると一層いいですね。頭部、首背後への直射日光を避けるようにしましょう。くれぐれも無理をしないように♪♪

 

最後に

↑妊娠・出産・育児サイト「ベビカム」夏のおでかけ 赤ちゃんの熱中症対策↑
ご参考下さい。

真夏は、あなどらず、室内・室外ともにしっかり一層赤ちゃんの様子を細目にみてあげましょう。いざ!というときに、赤ちゃん用のイオン水、冷やすものは常備しておくと、いざ!という時に困りません。大人も、ご家族みんなで真夏は熱中症にはくれぐれも気を付けてこまめに水分を取り、楽しく過ごしましょう♪♪

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ