子供の熱中症の症状は?対策方法は?

近年、夏になると『熱中症で倒れ救急車で運ばれた』なんてニュースがよく流れます。
熱中症対策のグッズも色々と出るようになって、熱中症というものが大分認知されてきたのではないでしょうか。

ただ、熱中症にかかり易いと言われている「子供」「高齢者」に限っては、自分で症状に気付かない場合多いと思います。
周りが気付いて対処するにはどうしたらいいでしょう?

スポンサーリンク

子供が熱中症になり易い理由!

jpfgs1、 暑い場所にいる時、人は汗をかい身体の表面を気化熱で冷まし体温を37℃程度に保とうとします。
子供は体温調節機能が未発達で熱を発散させることが出来ず反対に熱を身体にため込んでしまうのです。
その上大人より身体に含まれる水分量が多いため、外気温の影響を受けやすいのです。

2、 子供は大人より背が低くアスファルトの照り返しの影響を大きく受けます
大人が暑いと感じている時、子供はもっと暑い環境にあるという事です。
大人と子供の顔の位置で、3度ほど温度が違う場合があります。

3、特に乳幼児の場合ですが、自分で水分補給をする、服を脱ぐ、などの暑さ対策ができません
遊びに夢中で熱中症になるということもあります。

4、熱中症はあっと言う間に症状が進むので、軽度の時に気づき対処することが大事なのですが、子供はその症状に気付くことができません
気付いたころには症状がかなり進行してしまっている場合が多いのです。

 

子供の熱中症の症状!『気づいてあげないといけません!』

hjww小さなこどもほど脱水状態や熱中症になりやすいので、周りの大人が熱中症のサインを見逃さないようにするのがポイントとなります。

熱中症の症状としては、
  • とくに運動などしていないのに汗を大量にかいている
  • 反対に急に汗をかかなくなる
  • 顔が赤い
  • おしっこが少ない
  • 元気がない
  • ふらふらしている
このような症状が出たら熱中症・脱水症状を引き起こしている可能性があります。
また、
  • 口や鼻の中が乾いている
  • 舌が白くおおわれている
  • 目がくぼんでいる
  • 皮膚に弾力性がなくカサカサしている
  • 舌が赤黒く凸凹している
  • 手足の末端が冷たくなっている
これは熱射病(熱中症の一種)の症状です。

こちらも頭に入れ、たまにチェックしましょう。
熱射病の場合はすぐに病院に連れて行くことが肝心です。

スポンサーリンク

対策方法は?

hgww
【軽度の時】
衣類を緩め、涼しいところに頭を低くした状態で寝かせましょう。
そして塩分・糖分が含まれたイオン飲料や経口補水液を、こまめに少しずつ飲ませましょう。
【重度の時】
すぐに病院へ連れて行きましょう。上記の対処の他、熱中症は体温を下げることが出来なくなるという状態なので、氷や冷却ジェルなどで首や脇を冷やすようにしましょう。
【予防】
・こまめな水分補給を心がける
・服装に気を付ける(通気性良い素材・帽子必須)
・こまめに日陰で休憩を入れる
・乳幼児の場合、おしっこの量・回数に気を配る
 
最期に
子供の熱中症は大人が対策してあげないといけません。
しっかり知識を身につけて、対策法・グッズをうまく使って、お子さんが元気に夏休みを過ごして素敵な思い出がいっぱいできるといいですね。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ