子供は本来いびきをかかない?!そのいびきの原因は?病気かも?

お子さんが、ぐっすりすやすや・・・。いびきなどかいていたら、「あらー疲れたのかしら!」「今日はよく遊んだしねー♪」と思ったりしませんか?   hwdeq ところが!意外です!
子供は本来、いびきをかかないってご存知でした?

今回は、子供のいびきに潜む落とし穴?!潜む病気・・。

「子供のいびき」について説明をします。
ぐっすり寝ているけれど、夜な夜ないびきをかいていたお子さんがいるご家庭♪必見です。

スポンサーリンク

子供がいびきをかくって普通なの?

gegwgw最近、「大人のいびき」に「無呼吸症候群(むこきゅうしょうこうぐん)」や「低呼吸症(ていこきゅうしょう)」の疑いもあるのでご注意を!なんて記事やニュースをみたことはありませんか?

実は、「子供がいびき」をかいていたら、何らかの「サイン」や隠れた病の「兆し」の場合も考えられます!

ご注意ください!
そもそも一般的に、
子供はいびきをかかないそうなのです。 

 

子供のいびきの原因は?病気なの?!

gwgw
  • 子供がいびきをかくって?病気?
子供はそもそも、「すやすや眠る」「寝息をたてる」そうです。
「いびきをかいて」眠っている、また日中眠そうだったり、だるそうにしている様子がみられたら、一度専門医(小児科もしくは耳鼻咽喉科)に診てもらうことをおすすめします

 
  • 何が原因なの?
何かしらの問題で気道が狭くなっていると考えられます。また、無呼吸でいびきをしていると酸素が行渡らなくなるため、発達・成長にも影響するといわれています。

どんないびきをかいているか、きちんと観察し、医師にかかることをおすすめします。

では、いくつか具体的に原因と思われることをあげます。

(1)扁桃腺(へんとうせん)が肥大している

気道が狭くなっている原因として、舌の奥、口の奥にある扁桃腺が通常の状態よりも腫れたり、大きくなっていることが考えられます。

扁桃腺肥大(へんとうせんひだい)は目視でもわかるそうですので、かかり付けの医師に診てもらいましょう。

(2)咽頭扁桃(アデノイド)が肥大している

扁桃腺の肥大に比べて、見えづらいのですが鼻腔の奥に咽頭扁桃(アデノイド)という器官があります。ここの箇所が肥大していることが原因とも考えられます。

特徴的なのは、小児期に大きくなり、10歳ころから小さくなり、次第に思春期になると消えてなくなるという特徴があります。

(3)何かしらの鼻の疾患

副鼻腔炎、鼻炎などの症状により、鼻が詰まり口呼吸をするようになり結果的にいびきになっている場合もあります。ハウスダスト、ダニなどが原因で鼻炎になるケースもあります。

耳鼻科医とよく相談をしてみましょう。

スポンサーリンク

対処方法は?!

なぜ子供のいびきに注意したほうがいいか?

というと、いびきにより、質のよい睡眠がとれない、睡眠不足になると、日中眠くなってしまいます。日常生活に影響を及ぼすからです。

また無呼吸症候群などが考えられると酸素が十分に身体に行渡らず、発達過程に影響を及ぼしかねません。

 
  • 扁桃腺肥大やアデノ肥大は、医師の判断を仰ぎましょう。
どの「いびき」の原因も医師と相談したほうがいいです。特に、扁桃腺肥大やアデノ肥大は手術によってとることができます。

 
  • 鼻の疾患
定期的な受診が必要かもしれませんが、是非お近くの耳鼻科にかかり適切な処置、対応を相談しましょう。

「いびき」の原因が「鼻の疾患」であると分かると、かえってなぜ、いびきをかいていたのかがわかり、お母さん、お父さんも安心するかもしれません。

 
最後に
hme「寝る子は育つ」という言葉があるように、良い睡眠をとることで、子供は成長するといわれています。

「いびきをかいている」イコール「ぐっすり眠っているのね!」なぁんてほうっておかずに、なんでいびきかいているのだろう?とよくお子さんの様子を観察し、是非この機会に医師に相談をしてみましょう!

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ