子供・幼児の爪を噛む癖を直す方法とは?!

子供の癖には様々なものがあります。

爪を噛む癖もその一つです。

しかしこの爪を噛む癖は子供の柔らかい爪を傷付ける行為ですので、なんとかやめさせたいものです。

ただ怒るのでは直らないでしょうし、ますます行為を悪化させてしまうことになる恐れもあります。

%ef%bc%91

それではどのように子供の爪を噛む癖を直せばいいのか、考えていきましょう。

スポンサーリンク

子供・幼児が爪を噛む理由とは?

⒈愛情不足

子供が何か悪いことをしたときにむやみやたらに怒ってはいませんか。

子供たちにも言い分はありますし、もし何も言わせずに怒ったのであれば、子供はお母さんに話を聞いてもらえなかったと、不満に思うでしょう。

また家事が忙しいからと、子供をあまりにも放っておいてはいないですか。

お母さんはとても多忙ですが、子供にはまだ理解できないですし、ただ構ってもらえなかったと寂しく思うだけです。

お母さんとしては時間をとっているつもりでも子供にとってそう思えないのであれば、自分は愛されているのか不安になるでしょう。

愛情不足を感じ、爪を噛む行為をしてしまうのです。

⒉ストレス

環境の変化によるストレスも爪を噛む理由の一つです。

子供は周りの環境が劇的に変わるとすぐにはその変化に対応できません。

しかしそれに順応しようと切磋琢磨し、それが知らず知らずのうちにストレスになってしまうのです。

例えば初めて幼稚園や保育園に通う場合、楽しい反面、新しいことにチャレンジしているプレッシャーがいつの間にか生まれてしまっていることがあります。

たくさんのことを吸収しようとして無理をしてしまうことがあり、ストレスを感じるのです。

このときに爪を噛み、心を落ち着かせているのかもしれません。

⒊友達の真似や遊びから

子供は人の行為を真似します。

友達がしているのを見ていたら自然にそれが移ってしまった、なんてことがよくあります。

特に仲の良いお友達がしているのであれば自分も、と始めて癖になってしまうことがあるでしょう。

また、爪が伸びていたから噛んでしまったということもあるでしょう。

それが日常的になってしまえば癖となるのです。

 

子供・幼児の爪を噛む癖を直す方法!

爪を噛む癖を直すには原因を取り除かなければなりません

爪を噛んでいるからよくないこと、とすぐに怒ってしまってはさらにストレスを感じ、隠れて爪を噛むようになるかもしれません。

それを防ぐには長期的な構えでゆっくり時間をかけて爪を噛む行為がいけないことだと教えていきましょう

⒈ストレスを減らす

子供の話をよく聞きスキンシップを増やしましょう。

子供の年齢が低い場合にはまだお話がうまくできません

このときもっと話しかけてあげましょう

子供はお母さんに話を聞いてもらえるだけで嬉しいですし、元気になります。

このときは忙しいからと家事をしながらではなく、子供ときちんと向き合うことをお勧めします。

子供は少しだけでもお母さんとの特別な時間が増えたことに喜びますし、時間が増えたこと自体によって、自然に子供の欲求不満が解消されるでしょう。

⒉爪を噛む癖は悪いことだと教える

もし子供が爪を噛んでいたらその行為は爪を傷付ける悪いことだと教えてあげましょう

特に年齢の上の子供には怒ることよりも理由を話す方が効果的です。

自分で納得すればその行為をやめさせやすいので、試してみる価値があります。

もし爪を噛んでいるのをみたらさりげなく教えてあげましょう。

自分からやめることによって癖は直りやすいです。

⒊爪噛み防止用のマニキュアを塗る

どうしても爪を噛む癖がやめられない場合、爪噛み防止用のマニキュアを塗るのも検討しても良いかもしれません。

苦味成分が入ったマニキュアなので、爪を噛む行為を抑えてくれます。

体に害はないものなので、子供が使うのにも安全です。

ただし、その際は使用方法に則り使いましょう。

また、年齢の上がった女の子であれば普通のマニキュアを塗ってあげてもいいかもしれません。

爪が綺麗になると、女の子は嬉しくなりますし、それを大事にするために爪を噛まなくなります。

爪を噛んでいないご褒美で特別に綺麗にしてあげるのもいいですね。

スポンサーリンク

大人になっても爪を噛む癖が直らない人も…。

%ef%bc%92

子供のときの爪を噛む癖が直らなかった場合、大人になってもその癖が続く場合があります。

この場合もやはりストレスや愛情不足が原因とされています。

爪を噛むとストレスが発散されるので、何か嫌なことがあったり、気持ちを落ち着かせるときに爪を噛んでしまうのです。

また、手持ち無沙汰で無意識のうちにやってしまうという人もいます。

こういった癖は大人になればなるほど直りづらいものです。

長年身についてしまっている癖なので、なかなかやめることができません。

子供のうちに矯正できるといいですね。

 

最後に

子供が爪を噛むということは、子供が発するストレスのサインです。

話をよく聞かずに怒るのではなく、子供とのコミュニケーションをもっと増やし、その原因を突き止めましょう。

ストレスが原因であればそれを取り除かない限り爪を噛む癖は直りませんし、それをやめたとしても他の行為に変わるだけです。

それでは根本的な解決になっていません。

子供も爪を噛む行為がよくないことだと理解すればきっと癖もやめるはずです。

一緒に解決していきましょう。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ