男性・旦那が産後うつッ?!その症状と治療法を徹底解説!

産後うつというと、女性がなるイメージがありますね。

ですが、マタニティーブルーに対してパタニティーブルーなんていう言葉もできているのです。

1

マタニティーブルー・パタニティーブルーと産後うつは別物なのですが、一緒に知っておくと良いでしょう。

産後うつは女性だけの病気ではないのです!

スポンサーリンク

男性・旦那も産後うつになるって本当?

2

確かに産後うつというと、女性の病気というイメージが強いですね。

出産後に女性がなるマタニティーブルーは、出産によってホルモンバランスが崩れることが原因です。

エストロゲンという成分が減少することで、情緒不安定になります。

出産した女性の30~50%がマタニティーブルーになりますが、10日前後で落ち着くと言われています。

しかし男性がパタニティーブルーになる原因は、女性のようにホルモンバランスの崩れなどではありません。

原因のほとんどは感情的な面ですが、症状は女性とほとんど変わりません。

男性も女性も人の親になって不安に思う気持ちは同じだということです。

そして不安感が強くなるとうつ症状が現れるのです。

 

男性・旦那が産後うつになる原因は?

3

男性が産後うつになるのは女性と同じように、子どもを育てていくことへの不安が一番大きな理由でしょう。

夜泣きで睡眠不足になるなど、生活が子供中心になることも原因の一つだと言われています。

仕事をしている男性にとっては、家族が一人増え養っていくというプレッシャーがあります。

金銭的な不安と、仕事での不安が大きくなるようです。

女性も子ども第一の生活になるので、奥さんとの日常会話が減ってしまうといった変化が男性には寂しさを強く与えてしまいます

お母さんになって子ども第一になるのは当たり前なのですが、それを構ってもらえないと感じ見捨てられるのではないかと悲観的に見ているようです。

またそれまでは女性が行っていた家事全般を手伝うようになると、なかなか上手くいかず不満が募ることも。

そして近年増えているイクメン(育児に積極的な男性)のほうが産後うつになりやすいというデータがります。

これは父親の理想が高いことが原因とされています。

理想の父親像に近づけないことで、自分自身を責めてしまい産後うつになることもあるようです。

スポンサーリンク

その症状とは?

4

子育てへの不安や緊張が強くなり、プレッシャーを感じるようになります。

そのような感情から睡眠障害を起こすことも多く、睡眠不足から頭痛肩こりを引き起こします。

このように不安感や自己嫌悪などの感情的な症状から、睡眠不足を起こして身体的症状が現れるようになります。

肩こりは一見関係ないように見えますが、症状の一つだということは覚えておくといいですね。

他にも以下のような症状が現れます。

・なんでもないのに涙が出てくる。
・集中力が低下し、これまで興味のあったものにも関心が薄れてしまう。
・食欲がなくなる。
・理想とのギャップに自信を無くし「自分が父親になんてなれるのだろうか」「自分が父親になっても良いのだろうか」と自己嫌悪に陥る。


このような症状はうつ病と同じです。
病院でお医者さんに相談したほうがいいでしょう。

さらに自分の子供がかわいくない。

うるさいなど、攻撃的な感情を持つようになることもあります

最悪の場合虐待やネグレクトにつながるので、注意が必要です。

 

治療法とは?

5

うつ病は「心の風邪」ともいわれています。

ちょっと疲れてしまったら休憩すればいいのです。

もちろんそれには家族の協力が必要不可欠です!

奥さんだけでどうにかしようとは考えずにご両親や兄弟、友人、会社など信頼できる人に協力してもらいましょう。

一生懸命にサポートしようとするあまりに、奥さんまでうつ状態になってしまっては大変です。

一人で抱え込まずたくさんの人に助けてもらいながら回復を目指しましょう。

出産後のことは女性以上に男性は分からないことが多いものです。

家事を手伝うにも普段奥さんがやってくれていたものを旦那さんはあまり分かっていません。

なにかお願いするなら、具体的に説明してあげるのがいいでしょう。
そのぐらいわかるでしょ?と思うようなことでも意外と男性は知らなかったりします。

旦那さんが産後うつになってしまったら、休むことを第一にそっと寄り添ってあげましょう。
いろいろと口うるさく言うのは責められていると感じるようです。

普段から「ありがとう」という言葉をかけてあげて、あなたが必要なのよと伝えましょう。

 

最後に

6

初めての子育てなら不安なのも緊張するのも当たり前です。

自分の理想には到底届かないでしょう。

しかし子どもが0歳なら、お父さんもお母さんも0歳です。

初めてのことで分からない事だらけですが、子どもと一緒に親も育っていこうという考えで毎日過ごしてみてはいかがでしょう?

分からないことがあれば両親に教えてもらえばいいのです。

すべて自分で抱え込んで「ちゃんとしなくちゃいけない」と考えてしまうととても大変です。

一生懸命やるのはとてもいいことですが、子どものためにも健康で子育てできるように周りの人に頼りましょう。

もし両親に相談できないようであれば、インターネットや電話で相談できる場所もたくさんあります。

知人には相談しにくいこともこちらなら匿名で相談ができますよ。

夫婦で協力して、時に誰かに助けてもらいながら育児に取り組んでください。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ