赤ちゃんに麦茶はいつから飲ませてもいいの?ミルク以外はいつから?

夏になると冷蔵庫には麦茶、という家庭も多いのではないでしょうか。
赤ちゃんの水分補給といえば、母乳に、ミルクに、が基本ですが、汗をたくさんかく季節はさらに水分補給が必要だと思います。image1

そんなときにカフェインが含まれていない麦茶は、最適?麦茶が適しているか、また作りかたや飲ませかた、注意する点までお伝えします。

スポンサーリンク

夏本番!赤ちゃんに麦茶はいつから飲ませてもいいの?麦茶はおすすめ?

image2
離乳食をはじめる5〜6か月以降、母乳やミルク以外の飲みものを進めましょう。

3か月ごろから少しずつ始めるご家庭もあるようですが、無理強いはせずまずは舐める程度からが大切です。
離乳開始までは、母乳とミルクで十分な栄養補給ができていますので、なぜ飲まないの!といらいらしてしまわないように。

また、はじめる際はわたしたち大人と同じ濃さでは赤ちゃんにとって濃すぎます。薄める、別で作るなど赤ちゃん専用にする必要があります。

 

赤ちゃん用の麦茶の作り方!

赤ちゃん専用の麦茶、作りかたはいろいろあります。わたしたちが普段飲む、一般的な麦茶を白湯で2~4倍に薄めたり、粉末タイプのベビー用麦茶を溶かしたり、ご家庭の状況に合わせて作ることが可能です。

ベビー用麦茶はペットボトルで購入することもできるので、外出時には便利です。
一般的な麦茶は薄めることで苦味が消え、赤ちゃんでも飲みやすくなります。

手作りの麦茶は、以下のことに気を付けてください。
  • 一般的な麦茶でもカフェインを含むものがあります。購入時にはパッケージをよく確認して、適したものを選んでください。
  • ご自宅で煮だした麦茶は、加熱はしているもののずっと置いておくと菌が繁殖し、赤ちゃんの体調に影響します。麦茶は作ってから24時間以内のものにし、毎日新しい麦茶にしてあげてください。

スポンサーリンク

ミルク以外の飲み物はいつから?

夏の暑い日、母乳で補給するよりもたくさん汗をかいているのでは…と心配になりますが、母乳が十分出ているのなら、離乳開始の5か月ごろまでは問題ないとされています。

むしろ、母乳を与えるお母さんが十分に水分補給と栄養補給をし、母乳が不足しないようことを強くおすすめします。
なので、一般的には母乳やミルク以外の飲みものを与えるのは離乳期からと考えてください。はじめは、無味無臭のお水から
アレルギーの心配がないのではじめやすく、また量も舐める程度なので、ほとんど準備の必要がありません。

 
最後に
image3

麦茶に限らず、母乳やミルク以外のものを与えるときは、すこしずつが基本です。
早く与えすぎるとアレルギー体質の引き金になる可能性があるともいわれます。

また、離乳食の食べかたなど、食に対する興味は大きく個人差がでます。
まわりのお子さんの話を聞いて焦ったりせず、すこしずつできることからはじめてください。

だめなときは母乳に戻し、口から食べるという習慣だけをゆっくり続けてください。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ