赤ちゃんの睡眠時間、足りている?生後1ヵ月・2ヵ月・3ヵ月はどう?

赤ちゃんの睡眠リズムを知ること、つまりそれは育児のタイムスケジュールを知るといえます。

image1

赤ちゃんは欲求のままに、寝て、起きて、を繰り返します。聞いてはいたけど、予想以上!と驚くことのないよう、今のうちに知識を蓄えておきましょう。

スポンサーリンク


 

赤ちゃんの理想的な睡眠時間とは?生後別に違う?

月齢による1日の睡眠時間の合計はどのくらい異なるのでしょうか。月齢12カ月、1歳のお誕生日までの期間をみてみましょう。
0~1ヵ月 16~18時間
1~3ヵ月 14~15時間
3~6ヶ月 13~14時間
6~12ヵ月 11~13時間
月齢が進むと睡眠時間がすこしずつ短くなる傾向にありますが、これはあくまでも目安です。赤ちゃんによって、また日によっても大きく変わります。昼夜関係なく、3時間ごとに目を覚ます赤ちゃんのリズムに合わせて授乳やおむつ替えなど、お母さんも大変ですが、やはり赤ちゃん自身のリズムに合わせてあげることが重要です。すこし睡眠時間が長いかな、短いかなということは気にせず、赤ちゃんの自然な状態を見守るようにしましょう。

 

image2

 

 

赤ちゃんの理想的な生活・睡眠リズムは?

3ヵ月以降、徐々に日中は目を覚ましている時間、夜間は寝ている時間が増えてきます。これも成長ととらえることができ、生活のリズムをつける訓練をしているといえます。

具体的な成長としては、消化管や膀胱の発達により、たくさん母乳を飲むことができ、授乳の回数やおむつ替えの頻度が少なくなることが挙げられます。
また、運動機能が向上し、たくさんからだを動かすようになることで、ぐっすり眠れるようになります。

スポンサーリンク


 

朝までぐっすり眠らせる方法!

赤ちゃんを上手に寝かしつける、というのは多くのお母さんが悩んでいることのように思います。お気に入りの歌を歌ってあげる、大切にしているぬいぐるみやタオルを用意するなど方法はさまざまですが、その前にまずは寝る環境を整えること、基本をおさえておきましょう。
  • 寝室は清潔に
    赤ちゃんは日中も寝ているため、わたしたちと同じように布団を干すことがなかなかできません。しかし、1日の大半を過ごす場所だからこそ、快適で清潔な場所作りを心がけてください。とくに気を付けたいのが、直射日光とエアコンの風。体温調節機能が十分でない赤ちゃんには過ごしやすい環境とはいえません。風通しがよく、お母さんの目が届きやすいことも重要です。
  • 快適な睡眠に必要なもの
    1. ベビー布団
      赤ちゃん専用の布団を用意してください。またこまめに掃除しやすいよう、大きすぎないものがおすすめです。また、硬めのマットレスは、背骨の発達と窒息予防に適しています。首の座っていない時期はとくに重宝します。
    2. シーツ・カバー
      赤ちゃんは汗をたくさんかき、また「おねしょ」で汚してしまうことも多くあります。予備のセットを用意し、常に気持ちのいい布団で眠れるようにしてあげてください。
    3. 温湿度計
      あって便利なものがこれ。大人の過ごしやすいとは異なるので、乾燥しすぎや冷え過ぎ、暑すぎをふせぐことができます。
image3

 
最後に
赤ちゃんは眠っている間にも学習しているというのはよくいわれ、覚醒時、目に見えるもの、耳から聞こえるもの、肌で感じるもの、すべてが新しい情報となり、それを整理するのが睡眠中であると考えられています。

赤ちゃんの成長にあわせて睡眠時間がまとまり、お父さんとお母さんは眠れることのありがたさを実感していることでしょう。
赤ちゃんにとっての睡眠も、とても重要で、なにより大切といってもいいほどです。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ