赤ちゃんは温泉にいつから、何か月から入れるの?赤ちゃん初旅行!

お子さんを連れて、しかも乳児の赤ちゃんを連れて温泉旅行を計画されている
お母さん、お父さん!

image1

いったい、「赤ちゃんは何か月から温泉にはいっていいの?」と思っている親御さん、
必見です!

image2

温泉の効能・効果は果たして赤ちゃんにいいの?また、温泉デビューに注意したほうがいいこと、マナーは?をご紹介します(*^_^*)

スポンサーリンク

赤ちゃんはいつから温泉OK?

image3

温泉などに行って家族で日頃に疲れをとりたいもの(*^_^*)
ただ乳児のいるご家庭だと、あれもしや泊まるホテル、宿は「大浴場」?「温泉」の湯質は赤ちゃんに大丈夫?と思われるはず。

では、赤ちゃんは温泉にいつから入っていいのでしょう。

「いつからOK?」というより「いつまでの時期がNG」という回答のほうがよいでしょう。

新生児、生後約1か月の期間、また沐浴をしている時期はNGです。

温泉には様々な効能があります。赤ちゃんの肌はデリケートです。そして何といってもまだまだ成長段階にあるので、最低でも沐浴をしている期間はやめましょう。

「首が座るといいのでは?」という意見もあります。ただ、やはりお風呂場は滑りやすいので世話をしているお母さんも大変(―_―)!!

のんびりするため、リラックス目的での旅行、温泉!であれば部屋についているお風呂や貸切風呂を利用することをおすすめします!

また、宿を予約する際注意したほうがいいのは宿泊先で「おむつが取れていないお子さんはご遠慮願います」など宿側で設定しているところがあります。
あらかじめ、その点を注意して予約しましょうね(*^_^*)

 

赤ちゃんとの温泉で注意すること!

前述にも書きましたが、温泉には「効能」があります。大人やある程度の年齢に達したお子さんであれば「疲れがとれる」など、「効き目」があります。

でも逆に乳児には温泉の「泉質」、「温度」が刺激的すぎるともいえます。

image4

では、どのような温泉は避けたほうがいいのでしょう。

気を付けたほうがいい「泉質」は?
  • 酸性泉のような、大人でも肌がビリとするのは避けましょう。
  • 硫黄泉も独特の香り、ニオイがして赤ちゃん向けではありません。
出来るだけ、「刺激の少ない」温泉の泉質を選びましょう。
またもともと、肌が弱いお子さんは事前に小児科の医師と相談してからの入浴をおすすめします(*^_^*)

次に、温度!実はこちらのほうが重要です(*^_^*)

どんな「温度」はNGなの?
  • 「源泉かけ流し」にはご注意!温度が何度か予め入手しづらいため!
    沐浴時など乳児期はお風呂の温度設定を気にするもの。でも温泉の温度設定は、その時の気候や天気、浴室の状態によって日々変わるもの。
    事前に「ベビー利用可能か」どうか宿泊先に確認することをおすすめします(*^_^*)

スポンサーリンク

赤ちゃんと温泉!持ち物リスト!

事前に確認しておいたほうがいいことは、次になります(*^_^*)
  • 浴室の更衣室に「ベビーベット」はある?
  • タオルはどの位常備されている?
です。
入浴後、赤ちゃんの着替えをどうしよう??普段、自宅ならば、大きな綿タオルやガーゼ、タオルを大きく清潔な床の上に敷いて着替えさせている親御さんも多いはず。

でも温泉の更衣室は大丈夫?
宿泊客が大勢(*^_^*)、あれ清潔?なんてことになりそうな場合、2点は確認してから出掛けましょうね。

あると便利なものは、
  • 浴室で使うベビー用イス
  • 中タオル、大タオル(上記とたぶりますが!)
浴室で面倒をみる大人にとって、「ベビー専用のいす」があると安心できますね。
また、タオルは普段より多めに持っていきましょう。何より清潔にしておくことが一番です(*^_^*)

 
最後に
image5

せっかくのお出かけ!しかも赤ちゃんを連れての初旅行(*^_^*)
であれば、いい思い出を作りたいですね。赤ちゃんもいつもとは違う未知の世界と出会う機会です。でもこの時期は色々なことに興味を示したり、きっと楽しいこと間違いなしです。
ワクワク、そわそわ!楽しい旅行!

親も子もみんなハッピーな気持ちになって帰宅できるといいですね(*^_^*)
その為には事前に調べて、温泉旅行へと行きましょう!

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ