七五三。男の子は何歳で行う?女の子は何歳で行う?違う理由は?

まず七五三とは、昔は子供が亡くなる確率が高かったため、三歳、五歳、七歳と成長の筋目に近くの氏神様に参拝して無事成長したことを感謝し、これからの将来の幸福と長寿をお祈りするのが七五三の行事です。最近では氏神様に限定せず、他の大きな神社やお寺・教会で七五三を行うこともあるようです。

11月間近になってくると、神社などで可愛らしい着物姿を見かけるようになります。七五三は11月15日ですが、ご両親の仕事の都合などもあるので前後の休日にお参りに行く人が多いようです。
今回は、そんな七五三に関する疑問をまとめて見ました。

スポンサーリンク

男の子は何歳で?

image1

七五三の行事は、
  • 3歳・・・髪を伸ばし始める 髪置きの儀(かみおきのぎ)<男・女>
  • 5歳・・・初めて袴をつける 袴着(はかまぎ)<男>
  • 7歳・・・付紐でなく、帯を使い着物を着る 帯解(おびとき)<女>
となっています。上にあるように、男の子の場合は3歳と5歳に行うことになっていますが、地域・家庭によっては、5歳だけという場合もあるようです。
年齢についても、数え年で行う人もいれば満年齢で行う場合もあり神社側も特別年齢にこだわってはいないようなので、各家庭でいつ行くのか決めるというのが現状だと思います。

 

女の子は何歳で?

image2

女の子の場合は、3歳と7歳に行うことになっています。女の子の場合は2回行うことが結構知られているので、男の子のように片方だけになることは少ないように思います。
年齢についても男の子同様、数え年・満年齢どちらでもかまわないようです。

スポンサーリンク

男の子と女の子で違う理由は?

image3

5歳が男の子だけなのは、人生で初めて袴(はかま)を着用する儀式だからです。袴は、江戸時代の武士が公の場で身に着ける正装だったので、この儀式は少年にとって男として社会の一員になるという意味を持っています。正式な晴れ着としては袴を着用するほかに、紋付と羽織も着用します。

7歳が女の子だけなのは、それまで着物を結んでいた付け紐(つけひも)から、成人と同じ丸帯(まるおび)をつけ始めるため、女性として社会の一員となるという意味持っています。

それぞれが社会の一員となる服装を身に付けるようになる年齢が、5歳と7歳という違いになったようです。

 

≪番外編≫七五三 地域による違いを紹介!

image4
関西地域の七五三
七五三当日は近くの神社にお賽銭を入れて参拝し、千歳飴を買うだけで祈祷してもらうことはあまりありません。七五三が全国的に広まって関西でも行われるようになったのは昭和に入ってからなので、簡略的なお祝い一般的なのかもしれません。
また内祝いの祝儀袋は、関東では蝶結びの水引に包みますが、関西では鮑結びの水引に包みます。
埼玉や千葉、茨城の一部地域の七五三
ホテルの大きな会場などを借りて、豪華な披露宴を開くことがあるそうです。
北海道や東北の一部地域の七五三
11月15日では着物や袴のみで出歩くには寒いため、七五三は10月15日前後に行うことが多いそうです。
九州の一部地域七五三
昔の成人が身に付ける褌(ふんどし)や湯文字(ゆもじ:女性の和服の下着の一種)を着る儀式を行うところがあります。

 
最期に
子供が成長した姿を見るのは親としてとても嬉しいものです。七五三という行事で健康への感謝の気持ちを伝え、家族揃って楽しくお祝いできるといいですね。

※その他、疑問や不安はありませんか?※

↓七五三の関連記事をまとめてますッ↓
【初めての七五三!アレコレ常識ッ!疑問をズバッと解決!】

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ