七五三のお参りの時期はいつからいつまで?時間は?!

子どもの成長をお祝いする七五三着物にするか、お姫様のようなドレス、男の子なら袴衣装など、あれこれ考えるのも楽しいですね。

image1
あっ!と気づいたときに手遅れにならないように、お宮参りの時期や混雑の状況などチェックしておきましょう。晴れ着姿のお子さんはいつもより可愛くみえること間違いなしです!

スポンサーリンク

七五三のお参りの時期はいつ?いつからいつまで?

11月15日に行われる行事とされています。行事の由来は諸説あり、旧暦の霜月15日が秋の収穫を祝う霜月祭にあたり、この日に子どもの成長も祝ったためや二十八宿という暦で、鬼に邪魔されずにお参りできるといわれる鬼宿日が15日であることなどがいわれています。しかし最近では、親御さんや親せきの都合から、10月中旬から11月前半に行われる場合が多くあります。また、11月15日前後の土日祝日は大変混み合うため、その以降の混雑しない吉日を選ばれる家族もいるようです。

image2

時期は地域によって違う?

北海道や東北地方では、11月になると気温がぐっと下がってしまうため、10月前半でお宮参りをすることも多いようです。

スポンサーリンク

七五三 混雑予想!

七五三は11月15日にお参りしたいと考える家族が多い傾向にある近年。今年2015年、11月15日は日曜日となっているので、早めの計画をおすすめします。前日の土曜日も混雑が予想されますが、14日は六曜のうち、赤口にあたり、日柄を気にされる家族は控える場合が考えられます。

さらに検討していくと、1週間前の8日は七五三のお宮参りをする期間で、唯一、大安の休日なので、この日もまた混雑が予想されます。大安の休日は全国の神社が混雑するともいわれていますので、とくに要チェックです。

 

時期をずらしても大丈夫?

上記のように、約1ヵ月の間に多くの家族がお宮参りをするので、混雑を避けて予定を組むこともひとつの方法であると考えられます。ひと混みで子どもが疲れ、機嫌が悪くなるなどのリスクを考え、11月後半にお宮参りする家族も珍しくなくなりました。
写真館によっては、すこし時期をずらすことで、前撮りや後撮りのキャンペーンを行っている企業があり、また、七五三の時期は子どもの風邪がはやる時期でもあるため、混雑していない時期の撮影は万が一のときに延期などの要望を聞いてもらえる可能性があります。

 
最後に
image3

七五三は、三歳の男女、五歳の男の子、七歳の女の子をお祝いするしきたりです。

この年齢は成長の区切りと考えられ、三歳で言葉を理解する、五歳で知恵を身につける、七歳で乳歯が生えかわるなどの身体的変化から、病気になりやすく危険を伴うとされるため、今までの感謝と今後の成長を氏神様にお祈りする大切な1日です。

子どもを思う親の愛情表現という意味合いもあるように感じます。

※その他、疑問や不安はありませんか?※

↓七五三の関連記事をまとめてますッ↓
【初めての七五三!アレコレ常識ッ!疑問をズバッと解決!】

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ