七五三の千歳飴の意味・由来は?自分で持参するもの?貰えるもの?

11月15日の七五三には千歳飴。だれもが一度は手にしているのではないでしょうか。

image1
その千歳飴、七五三と関係していることは知っているけれど、どのような意味があるか知らない人も多いのでは…伝統には由来がつきもの、千歳飴の歴史について紐解いてみましょう。

スポンサーリンク

七五三の千歳飴の意味・由来は?

七五三のお祝いに欠かせない、千歳飴。健康と長寿を祈った縁起菓子とされています。三歳、五歳、七歳のそれぞれの成長の節目に、千歳飴のようにまっすぐ育つように、そんな願いがこめられていると言われています。

 

千歳飴に規定があるの?

千歳飴の起源は、江戸時代までさかのぼります。浅草の飴屋七兵衛が神社に参った帰りに、おみやげとして配ったのが始まりです。形状は細く、長く、つくられ、直径は15mm以内、長さは1m以内となっています。さらに、縁起の良い紅白に着色され、鶴亀や松竹梅などの画が描かれた袋に入れられています
千歳飴の製法には、地域ごとに形状や色が異なるとされていますが、伝統や格式を重んじる店では、現在でも水飴と砂糖を原料とする当時の製法でつくられ、神社に納め、お祓いを受けた後に店頭に並ぶ流れが守られています。

スポンサーリンク

千歳飴は持参するもの?貰えるもの?

神社でお宮参りする場合には、ご祈祷の受付をした際もしくは終了した際にいただけることが多いようです。前撮りの撮影時などは、あらかじめ写真館で用意していただけるところもあるようなので、事前打ち合わせ時に、チェックすることをおすすめします。

 

七五三のお返しに千歳飴?

本来、七五三のお祝い返しは不要なものと考えられています。七五三のみならず、初節句や入園祝い、入学祝いなど子どもの成長に関わるお祝い事にはお返しは必要ありません。しかし、そうは言っても…と気になってしまうのが人間の性です。

七五三のお祝いをいただいた場合、お祝いのお返しとして赤飯や千歳飴を用意することが、むかしからの風習となっている地域もあるようです。お返しとする場合には、熨斗をかけて、内祝と表書きし、名前には七五三を迎えた子どもの名前を添えて贈るのが一般的です。

 
最後に
image2

飴を引き延ばして作る、千歳飴。子どもの成長と今後の成長を祈願するとともに、長生きするようにという長寿の意味も込められているため、千年飴とも呼ばれています。

千歳飴は縁起物なので、切ったり、折ったりするのはおすすめしませんが、そのまま食べてもなかなか食べきれる気がしませんね。アレンジメニューとして、千歳飴を完全に溶かし、牛乳とミキサーにかけてみたり、シチューや煮物の砂糖の代わりにつかう方法があるようです。しかし、子ども心としては、そのまま舐めて食べるのが千歳飴の醍醐味のような気もします。

※その他、疑問や不安はありませんか?※

↓七五三の関連記事をまとめてますッ↓
【初めての七五三!アレコレ常識ッ!疑問をズバッと解決!】

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ