七五三は数え年で行う?満年齢で行う?早生まれの子供は?

さて七五三って、3歳でおしゃべりが出来て、5歳ではだんだんと頭がよくなりだしてきて、
7歳ではわりと病気になりやすく、命を落とすことも昔は多かった、だから節目ごとにお祝いしたのが七五三のいわれのようです。

みなさんご存知でしたか?

image1

七五三は数え年?満年齢?

数え年とは、生まれた年を一歳とし、お正月を過ぎるとさらに一歳年をとるというかぞえ方です。戦前、戦後すぐは国内でも一般的でしたが、いまでも離島や一部の農村地域では使われている場合もあります。ぜひ一度、お住まいの地域の年配の方にお尋ねを。

スポンサーリンク

早生まれの子供はどうするべき?

3歳ごろの子供で、早生まれってことは、2歳半くらいの子もいるということですよね?その時は、状況によっては、1年ずらした方がいい場合も出てくると思います。

なので、その状況が許すなら「来年にしようか?」という判断もありだと思います。
しかし、そこの土地のルールの方が強ければ、土地のお決まりに合わせるのがベターではないでしょうか?

七五三は11月15日に行われるのが一般的です。
お子さんが健やかな様子をみんなの思い出としておきたいものですね。
その気持ちがみなさんにあれば、細かな年齢差はあればいいと思えますけど、いかがですか。

スポンサーリンク

今年は何年生まれの子が対象?

2015年から数えるとして、だいたいこんな感じです。
数え年と、満年齢があります。参考にして下さい。
年齢 数え年 満年齢
7歳平成21年(2009年)生まれ平成20年(2008年)生まれ
5歳平成23年(2011年)生まれ平成22年(2010年)生まれ
3歳平成25年(2013年)生まれ平成24年(2012年)生まれ
 
最後に
まあ、ちょっと強引かもしれないですが、あなたのお子さんが年子(としご)だと、七五三を兄弟、姉妹で同時にやってしまうのもありかもしれません。
たとえばですが、まわりに年齢の近い子がいてとーっても仲良しとか、いとこ同士だけど兄弟みたいな親類関係だって、地方に行けばあると思いますしね。
そうやってみんなでワイワイやっているのを想像するだけでも、ちょっと楽しいですね。振り返ってみれば、ハプニングもあるかもしれない、です。

だけど、楽しくてかわいくて、お子さんたちのほんとに「いい子ども時代」って感じですね。
世代を経るにつれ、思い出や感動も、お子さんのかわいさも感慨深いものと思います。
対して若い世代は、上の世代に方々と集まって交流できるいい機会でもあります。
ここでふだん聞けないローカルルールや、お料理の由来なんかもおさらいできたらいいと思いますよ。思い出は美しく紡いでいって下さい。

子どものときって、子供の時だけですからね。
いいなあ、って、思いませんか?

※その他、疑問や不安はありませんか?※

↓七五三の関連記事をまとめてますッ↓
【初めての七五三!アレコレ常識ッ!疑問をズバッと解決!】

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ